スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「コクリコ坂から」の感想

ジブリの新作「コクリコ坂から」を観た。本作の監督は前回「ゲド戦記」で大コケした宮崎吾朗。先週、「コクリコ坂から」の公開直前スペシャルみたいな感じで「ゲド戦記」がテレビ放送されていたけどあれってマイナスプロモーションじゃないか?あんなつまんない映画の監督の新作ですって言われたら見る失せると思うのだが…。そもそも、なんでまたゴロウが監督をやるんだろうか?アリエッティの新人監督・米林宏昌がやったほうが良かったのにな。まぁ、そこは息子の強みとでも言おうか、優遇されてるんだろうなぁ。

さて、初っ端から宮崎吾朗の不満を書いてしまったが、「コクリコ坂から」、非常に面白かった。僕の個人的な趣味趣向としていわゆる「爽やかな青春群像的なもの」が大好物なので、この手のジャンルのものは大抵楽しめるのだけど、個人的な趣向を差し引いてもそこそこ佳作だろう。

少なくとも「ゲド戦記」よりは何倍も良い。だたし、アリエッティの米林が監督だったらもっと名作になっていただろう、と強く思う。と、いうのも、「ゲド戦記」も「コクリコ坂から」もそうだけど吾朗は女の顔の描きかたが下手すぎる。女の子が全然魅力的じゃない。イラストがつまらない。生き生きしていない。なんか、教育用ビデオのアニメみたいなんだよなぁ。その点、米林は主人公のアリエッティを見れば一目瞭然だが、とても魅力的な女の子を描く。米林バージョンの「コクリコ坂から」のほうがクオリティはきっと高かっただろう。とりあえず宮崎吾郎は女の子の顔を描く練習が必須だ。もっと可愛く描ける様になってほしい。中川翔子を見習った方がいいよ。

「コクリコ坂から」の良かったところは「上を向いて歩こう」がバックで流れていたシーン。夕焼けと夜の闇が混ざって空が紫っぽくなる(マジックタイム)景色がとても美しかった。オールウェイズ3丁目風のレトロな商店街を松崎と風間が自転車に二人乗りで走っているところがもう…青春すぎてさ。うん、あのシーンは良かったな。「コクリコ坂から」は東日本大震災からの影響があるようだが、このシーンは関係しているのかもしれない。そう思えるような暖かい場面だった。

悪かったところは、物語の要所要所の大事なポイントでのインパクトが弱かった点。社長室に通されて「なぜ反対なんだね」「大好きだからです」のそれだけの会話で理事長の見学が決定したのは拍子抜けだった。それだけかよ?っていう。それと、お互い血の繋がりがないことがわかったのに松崎と風間はなぜノーリアクションなの?なぜ喜ばないんだ?これほど大事なことはないじゃないか。もう感情を爆発させて歓喜する場面じゃないの?もっと喜んで抱き合ってキスくらいして青春して欲しかった。

この作品は時代背景の説明が特に無い。ただ、作中には「長島茂雄」「坂本九」「東京オリンピック」といったワードが記号的に出てくるので、一般的な知識のある大人が見れば1960年代前半であることが把握できるわけだが、ジブリ作品は子供もたくさん観に来るわけだから、そういう子供たちにとっては時代背景がかなり謎だったと思われる。男子学生たちの講堂での右翼的・全共闘的な言動はどう移ったのだろうか?

というわけで、いろいろ書いたけど、近年のジブリ作品のなかでは一番でした。ポニョよりおもしろかったよ。やっぱり、ジブリ作品はオリジナルの脚本より原作を借りてきたものの方が僕は好きなようだ。そして、宮崎駿が何から何までがっつり指揮をとって作りこんだ作品(イミフな作品ばっか作るからな)よりは、企画とか脚本でさらっとかかわっている程度のほうが良い。

ジブリ作品の個人的なランキングは1位「耳をすませば」2位「魔女の宅急便」3位「トトロ」。やはり宮崎駿濃度が低い方が好きなようだ。一歩引いたポジションに居てこそいい仕事をするのが宮崎駿なのだ。そういう観点から言えば「カリオストロ」や「未来少年コナン」や「ハイジ」も超名作だしね。



■拍手ページからのコメントはありがたく読んでいますが返信はしていませんのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

映画「ノルウェイの森」の感想

村上春樹原作の映画「ノルウェイの森」を観てきた。「ノルウェイの森」の映画化の情報を知ったのは今から1年以上前。その時から公開されたら観にいこうと密かに胸に誓っていたので重い腰を上げ(最近出不精気味なのだ)札幌駅にあるシネマフロンティアまで行って来た。

平日の昼間だから空いているだろうと予想していたのだけど、やはり年末のためか混んでた。しかも年齢層が高い。平均年齢50は超えてたよ、きっと。男女比も7:3くらいで男のほうが多かった。オッサン率が高し。おっさんが「ノルウェイの森」なんて見るなよなと内心舌打ちしたのは内緒。

映画の感想としては、うーん……まぁ簡潔に言えば「文学を映画にしました」的な映画だった。芸術性が高いとでも言おうか。原作を読んでない人が見たら「難しい映画」という印象を持つかもしれない。壮大で厳粛な原風景が頻繁に挿入されてたり、登場人物の台詞が古めかしかったり(60年代の物語だし原作が村上春樹だから「台詞口調」になるのは当然だけど)断片的な描写がスピーディーに流れていったり、映画全体を包む雰囲気がノスタルジックかつアンニュイだったり。いわゆる「退屈な映画」としての要素が豊富だ。

なんかね、深夜にたまたまテレビをつけたら全然知らない映画がやっていて、途中からだからストーリーもまったく把握できていないんだけど、その映画は不思議なオーラを発していて、なぜか気になってしまって、眠い目をこすりつつも最後までずるずる見てしまった、なんていう経験は誰しも一度はあるだろう(あるか?)けど、「ノルウェイの森」ってまさにそんな映画だ。あんまり気合入れて観たらダメだよ。アンニュイな心持で観なきゃ。

原作ファンとして思うことは、いろいろあるけど個人的には「直子」に違和感が。ある意味主人公よりも重要な人物である直子が僕の脳内の直子像とかけ離れていた。そもそも菊地凛子自体が直子のイメージと合っていない。直子の20歳の誕生日のシーンなんて無理ありまくり。30歳の誕生日の間違いだろ。やっぱり直子役には十代の女優にしてほしかった。そこはこだわってほしかった。

脚本も最初から最後まで直子は病みっぱなしだったし。原作ではワタナベの話す突撃隊のネタで笑うような可愛らしい描写もあった。直子は痛みを抱えながらもなんとか必死に生きている健気な女の子だ。しかし徐々に逃れられない渦に飲み込まれていくように壊れていく“経過”があったけど、映画では「直子=精神患者」っていうイメージの主張が強過ぎる。

「ノルウェイの森」といえばやっぱりエロシーンについても触れなければ。もう、エロシーン多過ぎ。突撃隊とワタナベの同居生活やレイコさんの過去はばっさり省いているくせにエロシーンは全く省かないもんだっからさすがにくどい。こうエロがあんまり多いとなんていうかありがたみが無いよね。僕は菊地凛子が個人的にタイプではないから特にありがたみが皆無だったな。その分映画には集中できたけども!

と、まぁ映画版「ノルウェイの森」。原作ファン、文学チックな映画が好きな人なら観にいって損はないだろうけど、それ以外の人々にはあまりおすすめできない映画だ。

追記
そういえば、直子が自殺したシーンの辺りで、僕の斜め前の50代くらいのおばちゃんが急に鼻をすすっていてた。「ちょっとうるさいなぁ」くらいに頭の隅で感じていたら、だんだん息づかいも荒くなってきて…そこでようやく気づいたのだけど泣いているんですよね。僕はこれっぽっちも涙腺が緩まなかった。これ観て泣く人もいるんだねぇと意外だった。
で、映画館を出てから、もしかしたらあのおばちゃんの娘は直子みたいに精神を病んで自殺してしまったのではないか?だから直子の自殺と亡き娘の姿が重なって・・・だからあんなに泣いてたのでは?と勝手な妄想をして、その妄想で軽く涙目になってしまった。

「アバター」の感想

遅まきながら「アバター」の感想を。先日のアカデミー賞で「ハートロッカー」に完敗し、3冠のみの受賞に終わった「アバター」。しかも撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門だそうで。ジェームズ・キャメロンさん、がっかりしただろうなぁ。「ハートロッカー」観てないけど絶対「アバター」のほうが面白いと思うんだけどなぁ。

アバター、僕は2回観にいった。1月に2Dで見て、先週3Dの方を観にいった。こんな風に書くと「2度も観にいくほどアバターにハマったのか」と思われるのだろうけど、そういうわけでは別になくて、最初、観にいったとき上映開始から50分ほど経った辺りで寝てしまったわけで…。途中、何度か目が覚めたけど、時既に遅しでストーリーは全然把握できるわけなく「人間と青い怪物がドッカンドッカン戦争している映画」という大雑把なイメージしか残らなかった。その後、糸井重里がほぼ日で「アバター」を絶賛していたり、伊集院光がラジオで「アバター」について話していた(伊集院はつまんなかったって言ってたけど)のを聞いては「ああ、寝ないでちゃんと観とけばよかったなぁ」と少し後悔していたところ、先週、友人から「アバター」の誘いを受けたので「よし行くか」と思い立ち、2度劇場まで足を運ぶことになったのでした。というわけで、以下感想。

すっごく面白かった。でも途中でまた何度か軽く寝てしまった…。その日の睡眠時間が3時間しかなかったってのが主な原因なんだけど、やっぱ長いんだよなぁ。「タイタニック」もそうだけど、もっと短くできないもんかね。まあでも映画館で映画を観る場合は上映時間が長い方が、なんだか“お得”な気がするので嫌いではないけど。

「ストーリーが単純すぎるため、結末(オチ)が勘のいい人なら早めの段階でわかってしまう」というような指摘があるようだけど、僕はこれくらいのわかりやすい内容の方が好きだなぁ。確かに、王道なパターンでメッセージ性もベタだけど、それでも良かった。ハラハラしたし、感動したし、悪役のマッチョな奴にはムカついたし、映像は凄いし、秀逸なエンターテインメント作品だった。子供でも十分楽しめるだろうな。青い生物(ナヴィという)を観ているだけでもワクワクするもの。ナヴィの大きさが絶妙で、人間の3~4倍くらいの大きさなんだけど、そんな巨体が躍動するさまはかなり迫力がある。あれを観ているだけでも楽しい。ナヴィと人間がリンク(シンクロ)とか4号機とか、ちょっと「エヴァンゲリオン」を髣髴とさせる設定も良かったな。

最後に3Dメガネについて。どうせ観るならやっぱり3Dの方が楽しめるだろうけど、3Dメガネをかけると色彩が暗くなるのはどうにかならないもんかねぇ。薄い色の入ったサングラスをかけているようでとても不快だった。ものすっごいダークトーンになっていた…。あざやかでカラフルであろう壮大な自然の映像もモノクロみたいだったもの。僕のかけているメガネだけが不良品なのかとも思ったのだが、どうやらそういう仕様らしい。これなら2Dの方がまだ良いような気もする。3Dといってもたいして3Dじゃなかったし。最初は立体感に多少は驚いたけど時間が経つにつれ、さらに“馴れ”も手伝い3Dの感覚が麻痺してしまい、「う~ん」って感じだった。ってか一番3Dになっていたのは字幕の文字だったな。あと上映前の3Dメガネの説明VTRで飛び出してきた蜂ね。字幕と蜂が最も3D化されてた。あと、僕はメガネをかけているのでその上からさらに3Dメガネをかけるのがちょっと恥ずかしかった。メガネ着用の人は「アバター」のチケットを購入した際にメガネの上から3Dメガネがちゃんとかけられるか確認させられるのだけどさ…後ろにたくさん人が並んでいる前でメガネon3Dメガネをさせられるっていうのもねぇ。

「しんぼる」の感想

松本人志の映画「しんぼる」観てきた。結論から言うと、面白かった。でも最後のあの展開はつまらなかった、って感じかなぁ。以下、ネタバレあり。

「しんぼる」は二つの物語が交互に展開されている。一つは中南米(メキシコかブラジル辺り)を舞台にした物語で、さえない覆面プロレスラーが主人公。いかにも弱そうでメタボ体質なプロレスラー(確かエスカルゴマンとかいう名前だったっけ)の試合当日を描いたもの。もう一つは、「しんぼる」の予告CMで流れている、例の白い空間でパジャマ姿の松本人志が絶叫している物語。カフカ的な不条理さにより、目覚めると白い空間に閉じ込められていた松本人志がその部屋から脱出するべく奮闘するコメディ。

白い部屋の松ちゃんと中南米のプロレスラー。全く共通点のない物語が同時に展開していく(きっと村上春樹の読者なら「1Q84」や「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を想起しただろう)。白い空間で松本人志が脱出するために試行錯誤する様は非常に面白かった。これは笑った。劇場からも笑い声がたくさん聞こえた。結構ベタな笑いだったが、まあ、あれなら外国人でも十分理解できるだろうし、万国共通な笑いを目指したのだろうか。一方、プロレスラーの方の物語には一切の笑いなし。ただこのプロレスラーの物語は壮大な「フリ」であり、いづれ白い空間での物語とリンクすることが薄々分かってくる。この二つの物語がリンクした瞬間こそ、この映画の一番の爆笑ポイントとなるのだろう、と。

予想通り、この二つの物語は終盤にリンクする。村上春樹のように二つの物語が少しづつだが着実に巧妙に繋がりはじめ些細な共通点が段々太くなっていくようなリンクの仕方ではないけど、突拍子もないリンクの仕方をする。そしてその馬鹿馬鹿しいリンクの仕方により爆笑が生まれる。ここまでで映画開始から80分位だろうか(携帯の電源はオフにしていたので正確な時間はわからないが)。ここで「しんぼる」は終了しておけば良かったのだ。それなら「あ~面白い映画だったなぁ。『大日本人』より全然面白かったなぁ」と多くの人がそんな好意的な感想を抱いたに違いない。残りの20分ほどは突然、前衛的で宗教的で社会派的でシュールで感覚的な映像になる。そんな映像を一切の笑いを挿し込まず延々と垂れ流している。これが『フリ』で最後にオチがあるのならば良いのだが、意味不明な映像が流れたまま静かに終わりエンドロール。

これは、なんだ、解釈とかいうものをしないと駄目なんですかねぇ。少しだけ考察してみるに、…あの白い空間は世界の全てを司る部屋であり、松本人志演じるパジャマ姿の彼は神様的な存在であった。神は部屋から脱出することしか考えておらず利己的な存在であった。ってか神は人間なんて存在自体知らんよ。ただ自分のためにちんちんいじってるだけ、みたいな?神を崇める人達への皮肉とか、そういうこと?よくわからないがひとつ思ったのは解釈を提起するにしてもそれを前衛的なシュール映像で表現するのではなくあくまでも『笑い』で表現して欲しかったな。そっちのほうがカッコイイよ。

白い空間でのコメディだけで終わっていれば良かったのにと感じたものの、自称、笑いのカリスマ・松本人志からすれば「あんなもんいくらでもつくれるわ」と思っているのかもしれない。実際「ガキの使い」で何十年もの間、クオリティの高い企画を出し続けているわけだから。せっかく映画でやるんだからテレビでは出来ないトリッキーな変り種をやってみようというのもわからないでもないけどねぇ。


●今日の動画

映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の感想

随分ブログの更新をサボってしまった。…一度サボるとダメだなぁ。サボり癖がついてしまって、1週間くらいブログを放置しても全然平気になってしまう。前は3~4日放置しただけで「まずい!早く更新しないと!せっかくアクセスしてくれる読者に申し訳ないじゃないか」と良心の呵責を感じ、焦っていたものだが、最近は「むしろ、もっと放置してしまえ。このブログの読者は岡村ファンが大半だろうから待つことには十分慣れているはずさ。ヘヘヘ」と悪~い顔をしながら考えてしまっていた。……というのは半分冗談ですけど、まあ、今週で身の回りが多少落ち着いたので、これからは週に2回くらいのペースで更新出来ると思います、たぶん。

さて、何を書こう。「DRAGONBALL EVOLUTION」の感想でも書いておこうか。以下ネタバレあり。
ドラゴンボールの映画の感想ですが、……ひどかった。いや、そもそも最初から期待などこれっぽっちもしていなかったんだ。「ドラゴンボール」がハリウッドで映画化されるという話が浮上した時点から期待なんてしていなかった。だって、ドラゴンボールを実写化するなんて不可能だもの。ドラゴンボールを読んだことがある人なら誰でもわかることだ。実写化できる漫画じゃない、ってことくらい。

「ドラゴンボール」の人気の高さを考えれば「ハリウッドでドラゴンボールが映画化」という事実はビッグニュースであり、本来ならもっと盛り上がっても良さそうなものだ。しかし、実際問題として全く盛り上がっていない。それは「実写化なんて無理だろ、ネタ映画になるだけじゃんw」という嘲笑まじりの諦めが根底にあったからだろう。

でも、ドラゴンボールはドラゴンボールである。名前貸しとはいえ「製作総指揮・鳥山明」である。もしかしたら、ものすごい面白い傑作映画に仕上がっている可能性だって無いわけではない、と思い見に行ったのだが、…予想通り駄作だった。想像以上の駄作。ヒドい。何がヒドいって、全てヒドいのだが…なんていうのだろうか、原作がドラゴンボールってのを抜きにして純粋にひとつの映画として観た時に、強烈な「B級映画臭」が悲しいほどに漂っている。確か総製作費100億円だったと思うけど、どこに金をかけたのか全くわからない。CGはショボショボだったし。キャストだってそんな有名な役者使ってないはずなのに。一体何に金を使ったんだ?

シナリオもヒドかった。特にラストは笑ってしまった。悟空がピッコロを倒し、ハッピーエンドで終わったかと思ったら、唐突にとある民家の映像が映し出される。台所でお粥らしきものを作っている女性が30秒くらいずっと映っている。出来上がったお粥を器によそい、それを寝室らしき部屋に持っていく。寝室のベッドには布団を頭まで被った誰かが寝ている。その女性が声をかけると、ベッドの中の誰かはゆっくりこちらを向く。それに伴いカメラもベッドのなかの誰かにズームインする。で、そのベッドの中に居た「誰か」の正体はピッコロで…。ピッコロのドアップになった瞬間に浜崎あゆみのED曲が大音量で流れエンドロールに突入。このもったいぶった演出のオチがピッコロだというがっかり感、そしてそのがっかり感を増幅させるかのように流れてくる浜崎あゆみの曲。このコンボは凄まじかった。「だめだこりゃ」って感じだった。

映画が終わったあと、一緒に観た友人といろいろ酷評しまくったのだが、終着した結論としては「ピッコロのポジションがピラフだったらまだマシだった」「ラストのベッドに寝ている誰かはどう考えても「ピッコロJr」が正解」であった。

●今日の写真
romanntexikkuageruyo
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析