FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KANについて

久しぶりに、もうかれこれ5~6年ぶりだろうか、KANのラジオを聴いた。土曜日の夜12時からの30分間、STVラジオで『KANのロックボンソワ』という番組が放送されている。KANですよ。知ってる?「愛は勝つ」のKANといえば誰もが解るだろう。STVラジオとは北海道のローカルラジオのなかでは他を寄せ付けない圧倒的な人気と聴取率を誇るラジオ局だ。今の2007年の現在においてKANが北海道のローカルラジオのパーソナリティをやっているという事実はそれほど不思議ではないだろう。しかしKANが北海道でラジオをはじめたのは「愛は勝つ」の大ヒットの余韻がまだまだ漂う頃だ。つまりは全盛期の頃から北海道なんていうTHE地方のローカルラジオをやっているのだ。これってちょっと凄い。たしかアタックヤングの金曜日担当だったと記憶している。僕がKANのラジオを聴き始めたのはシングル曲「今年もこうして二人でクリスマスを祝う」がリリースされたころだから8年ほど前の1999年頃だ。はじめはKAN目当てではなくアタックヤング(通称、アタヤン)が好きだったからその流れでなんとなく聴いていたんだけどとにかくトークが面白い。KANは芸人ではないから笑いを特に狙った喋りではないのだけどノホホンとした可笑しさがあった。またスティービーワンダーやビートルズあたりの音楽の話も割りと真剣に語っていた。何を隠そう、僕が洋楽に興味を持つきっかけはKANのラジオだ。それまでは洋楽なんてビリージョエルとブルーススプリングスティーンくらいしか聴いていなかった。この2組はもちろん尾崎豊の影響だ。僕にとってKANは実は重要なアーティストの一人だったりする。アルバムは1枚(しかも中古で250円)しか持ってないけど…。
当時はカセットテープに録音して何回も聴いていた。聴いているうちに薄々愛は勝つのKANであることに気づいた。基本的にアタヤンにはSTVのアナウンサーがメインであとは超マイナーなミュージシャン(絶食ブラザーズとか)だったのでまさか愛は勝つのKANだとは思わなかったのだ。でも、2~3年くらいの間毎週欠かさずKANのアタヤンを聴いていたのだけど一度もKANの口から「愛は勝つ」という5文字が発せられることはなかった。なんで言わないんだろう、KANといえば「愛は勝つ」なのに…。そこでなんとなく思った。KANは「愛は勝つ」が嫌いなのでは、と。曲自体は嫌いではないと思うがあの異様な売れ方に嫌気がさしていたのかなぁと漠然と思った。だから北海道なんていう縁もゆかりもない遠い土地(ちなみにKANは福岡出身)でささやかにパーソナリティをしているのかなぁ。もともと実力のある人だから一発屋っていう、受け止め方によれば汚名を背負って活動はしたくなかったのか。などと一人で勝手に想像した。で、ますますKANに好感を持つようになった。

このブログでも何度も深夜ラジオが好きだと書いているが今までネタハガキを投稿したことは殆どない。殆どないってことは皆無なわけではない。今まで2枚だけ出した。1枚はナイナイのオールナイトニッポンだ。点取り占いと悪い人の夢というコーナーに出した。もちろん採用されず。ネタは結構自信があったのだけど。で、もう1枚はKANのラジオだ。コーナー名は忘れたけどジョンレノンのイマジンをBGMにイマジネーションが膨らむ言葉を、味わい深くて笑える言葉をKANが読み上げるというもの。解りやすくいえば伊集院光の「いつまでも絶えることなく友達でいようコーナー」と同じような趣向のコーナーだ(ますます解らないか)。ナイナイのラジオと比べたら採用率はグンと高いはずだが採用されなかった。こちらも自信作だったのだが…。それ以降はハガキを出していない。今はメールやラジオのサイト内にある投稿フォームから出せるみたいなので久しぶりに出してみようかな。


スポンサーサイト
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析