FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビューレポNO7

岡村靖幸の謝罪文がマイスペに公開された。名古屋ベイベーの方には無料で出張ライブしてくれるそうです。その上、いやじゃなければ、友達にもなれるそうです…。さて、今日の記事は、未完(というか途中で面倒くさくなって投げ出した)だった「ロッキングオンインタビュー文字起こし」のNO7(最終回)を実に1年9ヶ月ぶりにアップ。


ロッキングオン2001年5月号
インタビュー=鹿野淳

●ただ凄く思うんですけど、岡村さんは今、曲のストックはあるわけですよね。で、多分岡村さんの中で抱えているストックってのは、僕は素晴らしいものに違いない気がするんですよ。
岡「ええ、ええ」
●それはやっぱり僕なりの、ジャーナリストとしての岡村さんへの信頼感ですよね。なんですけど、それがどんどん練られすぎちゃう、練りすぎちゃうことによってその曲の初期衝動というものが-
岡「失われる?」
●失われていくっていう恐怖はほんとにないのか。で、初期衝動ってものに対してものすごく敏感でイノセントな岡村さんだからこそそういうことってのはほんとに考えられないかっていうのは僕結構不思議なんですけど。どうなのでしょうか。
岡「どうなんでしょう。もうちょっと客観性を持って考える必要がある問題だと思いますね。もちろんだからそれを全否定もしませんし全肯定もしません。全否定も全肯定もしないってことは考える価値があるっていうことですね。だから自分でもちょっと振り返ってみたいなとは思いますけども。だからスタッフとかの問題でコンフューズ(※1)したっていうのは本当に自分に…まあ人にはちょっとニュアンスが分かりづらいとは思うんですが、かなりその辺りでコンフューズしてた年数ってのは長いですし。だってコンフューズする以前に1年間で武道館を5日やってるわけですよ」
●そうなんですよね。
岡「なんでそんなに1年間で武道館を5日間もやってたのに急に…まあ引きこもりじゃないですけども、そういう風な状況になったかっていうのはやっぱりそれが一番大きかったですね。だからそこの修復を今一番一生懸命、春に向かって。思ってますけども」
●もう春ですねぇ。
岡「………ええ」
●これだけ休まれていても愛されたいという切実な欲求というものはもの凄く抱き続けているという。
岡「そうですねぇ。それは本当にそうかもしれないですね」
●なんか女性よりも岡村さんのほうがよっぽど切ないですよね、そういう話をお聞きすると。
岡「そうですね。今までこういった経験あります?逆ナンパされたこと」
●あります。
岡「何回ぐらいあります?」
●僕結構されます。
岡「いいじゃないですか!」
●いや、男性からも含めてあるということですから。
岡「いいですねぇ」
●微妙です、そこは。岡村さんはどうですか。
岡「僕は今まで生まれて、全く僕のことを知らないだろうっていう人からっていう可能性で考えると2人ですね。それ未だに思い出しますけどね。一つ目は『飲みに行かない?』って下北沢で言われたのが一個と、あともうひとつは富山で。富山のマハラジャ。その二つが唯一の逆ナンパですね」
●なるほど。
岡「未だに忘れられませんね」
●……で、岡村さんが今それを口にされてるのは何故なんですか。
岡「それしかなかったから、そういった状況が。もっと自分が知らないっていう、そういう状況が増えるといいなと。いいですね。たくさんあるんですか」
●いや、だから…これもね、思うんですけど、それは岡村さんより僕のほうがルックスがいいであるとかっていうことではなくて、僕のほうが愛して愛してフェロモンを分泌しっちゃってる気がするんですよ。ていうのは、僕の方が自分の本音とかフェロモンというものを外側に無防備に垂れ流しているんだと思うんですよ。で、多分それに引きつけられる人がいるだけで。で、岡村さんていうのはやっぱりそれを極端に今…ある種岡村靖幸というミュージシャンとしてのキャラクターをしない限り明らかにそれを否定されてる人なんじゃないのかという気がするんですよ。
岡「まあそれは鋭いかもしれませんね」
●で、僕は岡村さんの素晴らしい音楽を聴くためには岡村さんがそこの部分をリカバーしていったらいいのかなと、余計なお世話をするんですけど。
岡「そうかもしれませんね。オフィシャルじゃない状況の時の僕っていうのは、とても僕だとわからないような格好をしてるはずなんですよ。まあ時々バレますけども。でもなんかそういうのも変にリンクしてるのかもしれません、さっき言ったような精神状況と。靴下破れてますからね、いつも」
●なるほど……なるほど。それは正体を現さないために乞食になるようなものですよね?
岡「そうですね。あと、まあ、あんまりカッコいいルックスじゃない方向に向かうっていうか」
●もっと開放してみませんか。
岡「考えときます」
●じゃあエピック・ソニーとのリリースはこれが最後ですか。
岡「最後ですね。ええ」
●そこで引退云々てことは考えられてないと思っていいですか。
岡「そうですね。ええ。どっかいいと思うとこありますか」
●それはいろいろありますよ。
岡「今度教えてください。頑張ります」
●出来れば協力させてください。
岡「ぜひぜひ。ええ」
●またこうやって日々音楽を作り続ける毎日が続いていくんですか。
岡「そうですね、とりあえず移籍して。上手いこと移籍して、秋ぐらい…夏ケツか秋くらいにLP出るタイミングでロッキングオンJAPANとさっきの取材をやるってことですね、目標としては」
●はははは。さっきの取材はいいんですけど、音楽の話もしましょうよ。
岡「いや、音楽の話はしたくないです(笑)。だから、こうしませんか。僕はとりあえずそん時までに全部いろんなことをOKにしときますんで、写真撮ったりインタビューとかね。その代わりこうしませんか。音楽のことを語るんではなくて、女の子のインタビューを僕がしますんで、いろんなとこで。まるで村上春樹のオウムのあれのように(笑)、しますんで、そこから何かを見出しませんか、音楽的なこと。それだったら僕はインタビュー毎月答えられると思うんです」
●分かりました。後もうひとつお聞きしたいのですが、久しぶりにこの〝マシュマロハネムーン〟って曲が出たことも嬉しいんですけど、僕はこの曲がね、岡村さんの決定打とはどうしても思えないんです。
岡「ええ」
●それは何故かと言うと、やっぱりこうやってベスト盤を聴いてて、岡村さんが瞬間瞬間の中で完全に自分の表現ていうものを切ってきた曲と比べると、僕はこの曲の中でちょっと曖昧さを感じるんですよ。それはどうですか。岡村さんの中では。
岡「どうなんでしょうね。だからやっぱりやめる寸前の曲ですから、そういう感じはあるのかもしれませんね。自分では客観的になれませんけども」
●もの凄く簡単に言っちゃうと、ヌケが悪いと思うんですね。
岡「はい」
●それっていうのは、岡村さんのこの曲が優秀か優秀ではないかとかそういう問題ではないんですよ。岡村さんの曲がどこまでストレートにいろんなところの心を貫いてくかってことを考えた時に、僕はこの曲よりももっと威力のある曲っていうのを岡村さんは出せるんじゃないかって希望を凄く持つわけですよ。
岡「はい」
●で、そこには凄く向かっていけそうな予感ていうのはあるんでしょうか。
岡「頑張りたいですね。ぜひ」
●で、そのために、例えばライブであるとか、人前に出ていくことっていうのは今のところはまだ考えられない感じですか。
岡「そうですね。だからその移籍がどれだけ上手くいくかってことに全部繋がると思いますけども。さっきおっしゃったライブとか、あと人前に出る、レコードを発売する、ロッキング・オンと一緒に女の子をインタビューする………全部リンクしてますよ、やっぱり」
●分かりました。でもひとりで全部背負い込んじゃ駄目ですよ。
岡「頑張ります」
●ほんとにそう思いますので。ですので、その辺りが上手く重なっていってもう一度新しい音と共にお会いできることを楽しみにしております。
岡「ええ。肝に銘じておきます」
●最後に。今も踊ったりはされてるんですか。
岡「いや、あんま踊らないですね。たまに誘われて行ったりはしますけども」
●往年の黄金のステップっていうのはまだ?
岡「自分ちでやってますよ。それは全然大丈夫です」
●自分ちで踊られてるんですか!
岡「ええ。全然大丈夫です!」
                                          終わり

※1、コンフューズ:「混乱する」という意味


NO1
NO2
NO3
NO4
NO5
NO6
スポンサーサイト
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
03 05
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析