スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞っていた理由

2週間前からジョギングをはじめた。晩御飯を食べて、少し休んだ後に40分ほど走っている。目的はダイエット。岡村靖幸ほどではないが、ここ1~2年でかなり太った。もうね、腹がヤバい、マジで。以前は57キロ程度だったのだが少しずつ着実に太りはじめ、今年の2月頃には70キロオーバー。「裸でモテなきゃはしゃげない♪」って誰かがそんな歌を昔歌っていたが、本当にその通り。やっぱり裸がカッコよくないとね!…ということで最近は毎日夜の9時頃からジョギングをしている。

はじめは10分ほど走っただけで息切れし、次の日は太ももと腰と左肩に強烈な筋肉痛で満身創痍。「やっぱりジョギングなんてやめてしまおう」と思ったのだが、体重計に乗ってビックリ。1回走っただけでそこそこ痩せてるのだ。効果てきめんである。なので毎日走っている。ダイエット目的で走りはじめたジョギングだが、最近は「走る」という行為もなかなか味わい深くて楽しいものだと感じるようになってきた。自分のペースで規則的に息継ぎし、蒸し暑い夜風に当たりながら忠実に足を前に運ぶ。そんな自分が健気で愛しい。単調な作業だがやってみると案外楽しいし、ストレス発散にもなるし、汗をぐっしょりかくと達成感が感じられて気持がいい。長続きしそうなので道具にも気遣い、アシックスのランニングシューズとアディダスの白いランニングウェアとキャップを買い、いかにもジョガーといった格好で走っている。痩せるし気持良いし、一石二鳥である。

ジョギングした後は、7月11日に発売されたドラクエ9をプレイしている。腐ってもドラクエとでも言おうか…まあ悪くはない。製作はレベル5が担当しているためゲームの大まかなシステムは「ドラクエ8」を踏襲している。故にグラフィック的には「劣化版ドラクエ8」といったところだろうか。まあ、それでもこれまでに培ってきたドラクエ的な伝統は9に受け継がれているので、ドラクエファンなら普通に楽しめるだろう。

ジョギングした後にドラクエをやると一日の疲れがどっと押し寄せ30分程度で睡魔が…。ここ数日は11時には就寝している。普段ブログの記事は晩御飯から寝るまでの間、つまり、8時から12時くらいまでの間に書いているのだが、最近はその時間帯にジョギングとドラクエをやっているのでなかなか更新できない。以上がブログの更新が滞っていた理由でした。

●今日の写真
ra-mennoukoku

スポンサーサイト

岡村靖幸の知名度について考える

先日、僕と同じ1983年生まれの岡村靖幸ファンの方からコメントを頂いた。その方曰く「同じ年で岡村靖幸を知ってる人自体まわりにいない。誰それ?って言われる確率が今のところ100%(笑)」とのこと。このコメントに非常に共感してしまった。前々から思っていたのだが、僕くらいの―――つまり1980年代前半生まれのジェネレーションにおける岡村靖幸の知名度は限りなくゼロに近い。まるで岡村靖幸なんてミュージシャンははじめから存在していないかのような知名度の低さだ。

僕の友人で岡村靖幸を知っている人は殆ど居ない(「殆ど居ない」ってことは厳密には数人は居るわけだが、その貴重な数人はいわゆるマニアックな人種なので実質的には居ないようなものだ)。同年代の人と話をしている時、好きなミュージシャンの話になることは割合頻繁にあるわけだが、その際「岡村靖幸ってミュージシャンが好きなんだよねぇ~」と言っても「えっ、オカムラヤスユキ?知らないけど…」的な反応が返ってくる。本っ当に知名度が皆無。

1980年代前半生まれのジェネレーションが好きなミュージシャンは、―――僕の狭いサークル内での勝手な統計を基に言わせてもらえば―――やはり1990年代後半に活躍したミュージシャンに集約しているように思う。グレイとラルク。スピッツとミスチル。ビーイング系にヴィジュアル系。オザケンにマイラバにイエモンにTMレボにジュディマリにシャ乱Q。あっ、あと小室ファミリー。ここら辺のミュージシャンたちは、1980年代前半生まれが十代の頃に活躍したミュージシャン達であり、真っ当な青春を送った1980年代前半生まれの人達は上記のミュージシャンのどれかに多かれ少なかれハマった経験があるだろう(ちなみに僕はシャ乱Qが大好きだった)。残念ながらそのなかに岡村靖幸は含まれていない。なぜなら(言うまでもないけど)90年代後半、岡村靖幸はまさに引きこもりの真っ只中だったからだ。冒頭で記したような、1980年代前半生まれにおける岡村靖幸の知名度の低さの一因には「90年代後半に長い間引きこもっていたから」という事実が挙げられるだろう。

岡村靖幸の全盛期と言えば、「だいすき」がスマシュヒットし、名盤「家庭教師」をリリースした辺り。つまり1988年~1991年辺りが岡村靖幸の全盛期。あのインパクト大なキャラクターでテレビにバンバン出て、秀逸すぎる名曲を次から次へとリリースし、第一線で音楽活動を首尾よく行っていたのが1988年~1991年辺り(ちなみにこの頃に青春時代を送っていたのが現在のアラフォー。アラフォーにおける岡村靖幸の知名度はやっぱり高い)。この時期、1980年代前半生まれは、まだ、園児~小学校低学年の子供。どんなに早熟な園児でも岡村靖幸は聴かない。

岡村靖幸が全盛期だった頃、1980年代前半生まれはまだ子供。そして、1980年代前半生まれの人たちの物心がつきはじめた中学・高校時代に岡村靖幸は引きこもる。まるで仕組まれたかのように1980年代前半生まれは岡村靖幸と巡りあえない。1980年代前半生まれと岡村靖幸のファーストインパクトは全然最近の話だ。2003年頃からだろうか。ひたちなかで復活して、尾崎豊のトリビュートに参加して、「フレッシュボーイツアー」やって「ミラクルジャンプ」が「HEY×3」のエンディング曲に起用されて、「ニュース23」や「R30」などのテレビ番組に出ていたあの頃。あの頃が1980年代前半生まれの僕らにとっては、はじめて見る岡村靖幸だった。…と、まぁ、そう考えてみると知名度が低いのも頷ける。

●今日の動画

「だいすき」を一緒に踊っている子供達は1980年生まれくらいだろうか。それにしても微笑ましいなぁ、この動画。

■岡村靖幸の記事

「白い春」の感想

「銭ゲバ」を見て以来、自分の中で密かに続いている「連ドラブーム」。毎週決まった曜日の決まった時間に1時間ドラマを見るというのが、なんだか妙に新鮮なんすよ。以前、今回の春のドラマは「クイズショー」と「夫婦道」と「白い春」の3つを見る予定と書いたが、結局1話から最終話まで欠かさず見たのは「白い春」のみだった。というわけで、今日はフジテレビで放送されていた連ドラ「白い春」の感想を遅まきながら書こうと思う。

こんなに切ないドラマってなかなか無いのではないだろうか。最終話に近づくにつれどんどん加速度をつけながら切なくなっていったなぁ。見ていない人のために「白い春」の内容を簡単に説明すると、――― 子供は「育ての親」と「生みの親」どちらと暮らすのが幸せなのか?「育ての親」も「生みの親」もどちらも同じくらい子供への愛情を持っている。子供も「育ての親」と「生みの親」両方に対して同じくらい愛情を向けている。そんな場合どうすればいいのだろう?どうするべきなのだろう?…みたいな内容。ドラマでは、生みの親(阿部ちゃん)が育ての親に対して「お前がさち(大橋のぞみ)の父親だ」と言い、自分は身を引くのだが、それが切ないんだよなぁ。泣きはしなかったけど結構ぐっと来たよ。

最終回は、今思えば「死亡フラグ」だらけだった。今まで無愛想(元ヤクザ役なので)でツンツンしていた阿部ちゃんが周りの人達に急にお礼を言い、妙に笑顔で妙に幸せそうだった。犬猿の仲だった育ての親とも仲睦まじくなり、何もかもが良い方向に向かっていた。…そんなの死亡フラグに決まってるじゃんねぇ。ベタな死亡フラグなのだが、最近は「死亡フラグ」という概念を忘れかけていたためか、全く気付かなかった。でもその分、ラストの衝撃的な展開には驚いた。まさか殺されるとは…。なんか「振り返れば奴がいる」みたいだったな。あのドラマも確かツンツンしていた織田裕二がラストになってようやく笑顔になったのだけど、最後の最後でズブっと刺されたんだよな。

死ぬ直前の阿部ちゃんに大橋のぞみが語りかける病室でのシーンはシナリオ的には「白い春」全編を通して一番の感動シーンだったのだろうが、…もうちょい大橋のぞみに演技力が欲しかったなぁ。結局、最後までセリフが棒読みだった、大橋のぞみ…。もったいない感じがした。あそこはもっと名シーンになり得る可能性を秘めていたのに。本人は将来、女優より保育士になりたいようなので、もしかしたらこれが最後の女優業になるかもしれないですね。

さて、7月からはじまる夏のドラマは何を見ようか。あんまり良さげなのが無いなぁ。ちゃんとしたドラマは「官僚たちの夏」くらいだろうか。秋からは「不毛地帯」で決まりなのだけど…。

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析