スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言 2009年7月・8月

第177回:7月10日
今やってる釣りバカ日誌が面白すぎる。

第178回:7月11日
さっそくドラクエ9をプレイ中。想像以上にグラフィックがショボい。

第180回:8月4日
変死体とのりピー失踪。薬物による二次災害とでも言おうか。イケナイコトです。

第181回:8月7日
北海道では夕方に「一つ屋根の下」が再放送されているのだが、今日で打ち切りだそうです。。和也と小雪が…。

第182回:8月21日
夏ももう終わりか。冷夏だったなぁ。

第183回:8月23日
TBSで放送された山本高広の240時間マラソン。この企画の動機が全くわからない。そもそもあの体型で240時間(10日間で600キロ)は絶対走れないし、本当に走っているとしたらもっと絞れているはず。

第184回:8月31日
松本人志の映画「シンボル」。見に行くべきだろうか。なんか、スルーしてもいいような気もする。


●今日の動画


スポンサーサイト

罪を憎んで音を憎まず


SIN 97/3/12 06:26:37

罪を憎んで音を憎まず。良い音楽を創る人=品行ほうせいとである、必要はないが、罪は罪として、償い、反省してきて、下さい。(中略)社会的責任をまっとうした後は、くだらん、外野に左右されず、再び、濁りなく、音を創り、聴かせて欲しい。


この文章はXJAPAのhideがブログ(97年当時にブログって言葉は無かったけど)で綴った言葉。誰に対して向けた言葉なのか文中では示していないが、時期的にラルクに対しての激励メッセージとのこと。ラルクのメンバーの一人が覚せい剤所持法違反で捕まり活動休止に追い込まれ、何かと大変な時期にhideは自分のブログに上記のような(読点が異様に多い)文章をアップした。短い文章だが…いいですよねぇ。愛情たっぷりですよねぇ。再犯率の高い覚せい剤だがsakuraはその後、同じ過ちを犯すことなく、濁り、なく、音を、創って、いるようだ。

のりピーが覚せい剤所持で逮捕された時、のりピーの所属事務所であるサンミュージックの社長は涙ながらに沈痛な面持ちで「罪を憎んで人を憎まずなんて言葉もありますが~」と言っていた。それを聞いてhideのこの言葉を思い出したんで引用してみたんだけどさ。その記者会見で社長は「なんで一言相談してくれなかったんだ。そんな仲じゃないだろ」みたいなことも言っていたっけ。社長の言葉からは「深刻な悩みを誰にも相談出来ずに一人で抱えていて、次第に気が病んできて覚せい剤に手を出してしまった」的なニュアンスが感じられるけど、DJブースで頭をガンガン振っているのりピーを見るにつけ…ありゃ、楽しんでるよね。…社長かわいそう。

これほどの騒動になってしまってはもう以前のような路線での復帰は絶望的だが、クラブのDJとしてなら活躍できそうだ。清純派アイドルは品行ほうせいである必要があるけど、音楽を創る人には必要ないのだから。ケミカル・ブラザーズみたいなアルバム出してくれないかなぁ。出したら絶対買うんだけどな。

のりピー事件の報道の際、「芸能界に蔓延する覚せい剤」みたいな特集がよく組まれているが、過去に覚せい剤で捕まった芸能人として岡村靖幸は一度も名前が出ていないようで。名前が出ないことは、まあ、岡村ファンとしては“良きこと”なんだけどさ、なんで出ないのだろう?かなり不思議だ。だって3回も捕まってるんだよ。確かに知名度は低いが、結構メジャーなテレビ番組にも出てるし、ヒット曲だって多少はあるし、武道館やNKホールでワンマンライブすることができるクラスのミュージシャンなのに…。なぜ岡村靖幸の名前が出ないのだろう…いや、出なくていいんだけどさっ。三田佳子の息子が今沖縄の施設に入っているという情報が紹介されていたけど、さすがに三田佳子の息子よりは岡村靖幸の方が知名度高くないか?以前「岡村靖幸の知名度について考える」という記事を書いたが、この人の知名度って「知らない人は完膚なきまでに徹底的に知らない」っていう不思議な現象がありますねぇ。


●今日の写真
natunoowari



星空の守り人

「ドラクエ9」、全クリした。3週間かかった。ゲームプレイ時間は28時間程。攻略サイトは全く見ていないが(発売から僅か二日目で本格的な攻略サイトが存在していたらしい…凄まじいね)、きっと、平均的なプレイ時間だと思われる。

ハードが据え置型ゲーム機ではなく携帯機のDSで発売となった「ドラクエ9」。最初は「DSの小さい画面でドラクエとかありえねーよ…」と嘆いていたのだが、結果的にはDSで良かったのかもしれない。「PS3」や「Wi」で発売されていたとしたら、そのためにわざわざハードを手に入れようとは思わなかっただろうし。ゲームに目をキラキラ輝かせて熱くなれるほどもう子供じゃないし。そういう意味では手軽に出来るDSがハードというのは個人的にはアリだった。でも「ドラクエ10」は据え置機で出してほしいなぁ(ドラクエ10が発売される頃は三十路か…)。

初回プレイで全クリまで28時間、ってことは今までのシリーズと比べると短い。ドラクエ7は100時間以上は余裕でかかるし(7は例外だけど)、前作の8だって40時間はかかった記憶がある。随分コンパクトにまとまったなぁ、9。難易度も下がったように感じた。そういえば、仕掛けのあるダンジョンが一つも無かったな。その上、DSの上の画面には地図が出てるし。親切設計すぎる。あと、戦闘に迫力が無かった。ラスボスと戦う直前のパーティのステータスがへなちょこだったもの。HPが200程しかないのにラスボスって。しかもそれで勝てるって…なんか臨場感がないよ。回復役の僧侶はベホマラーもザオリクも覚えていないし、主人公(パラディン)はベホイミしか使えないし…そんな状態で全クリできちゃうのは、肩透かしだった。

本編がコンパクトに縮小された分を補うかのように今回初登場した新システムが「クエスト」。世界中のいろんな人達から頼まれごとをされ、それをクリアしたら何かしらの褒美がもらえるというもの。「クエスト」は確かにやり込み要素がある。コンプしようとすれば莫大な時間がかかるだろう。あと全クリしたあとの「宝の地図」云々やらオリジナルクエストの配信やらを含めれば、9はドラクエ史上もっとも長く遊べる作品なのかもしれない。でも、はっきり言ってしまえば「クエスト」なんか「メンドクセー」以外の何者でもないよ(結局「クエスト」は3つしかクリアしなかった)。やり込み要素のあるゲームを極めるのは一部のマニアだけなんだから、そんなとこに力を入れるなら本編をもっと充実させて欲しかった。

最大の不満はセーブデーターが一つしか作れないということ。ふざけてますよねぇ。DS版のドラクエ5では通常通り3つほどセーブできたのに。「容量の関係で一つだけしか無理」と言い訳しているようで…。いやいや、まずセーブデータを複数確保する分の容量を割いてから作ればいいだけの話だと思うのだが。正直に「一人一本買わせるため」と言えばいいのにねぇ。

なんか批判ばかりしているな(悪いクセだ)。良かった点も書こう。キャラクターを自由にカスタマイズ出来るのは良かった。ちなみに僕の主人公は性別が男で名前はゆうじ。髪型はちょい長めでツンツン立ったのにし、髪の色は赤に設定したのでHIDEみたいになり、なかなか気に入っている(終盤は竜の兜のせいで自慢の赤髪が隠れてしまったが)。3人の仲間は全員女にした。名前はそれぞれ『さば』『うめぼし』『たまご』(もちろん名前は超適当)。この3人もお気に入りで次第に愛着も沸いたのだが、主人公以外の3人の仲間はストーリには全く絡まないで実質的には存在していないかのようなぞんざいな扱いだったのが残念だった。それにしても、やっぱり鳥山明の絵は素晴らしい。もしキャラクターデザインが鳥山明ではなく他の人だったらカスタマイズのシステムはそれほど楽しめなかっただろうな。

「ドラクエ9」が巷でどんな評判を受けているのかは知らないが(酷評されてそう)、鳥山明のデザインは相変らず素晴らしいし、すぎやまこういちの音楽は相変らず癒される。そして、堀井雄二のシナリオは相変らずイマイチだ(今の時代にコギャルって)。故にドラクエのナンバリング作品としての平均的なクオリティは保たれているし、無難に仕上がっている。往年のドラクエファンはもちろんのこと、DSで発売された手軽さから今回初めてドラクエ9を手にした初心者でも十分楽しめる作品になっているだろう。



●今日の動画
最近「ヒカシュー」というバンドを発見したのだが、頭から離れなくて困る。

これヤバイでしょ(笑)
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析