スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪を憎んで音を憎まず


SIN 97/3/12 06:26:37

罪を憎んで音を憎まず。良い音楽を創る人=品行ほうせいとである、必要はないが、罪は罪として、償い、反省してきて、下さい。(中略)社会的責任をまっとうした後は、くだらん、外野に左右されず、再び、濁りなく、音を創り、聴かせて欲しい。


この文章はXJAPAのhideがブログ(97年当時にブログって言葉は無かったけど)で綴った言葉。誰に対して向けた言葉なのか文中では示していないが、時期的にラルクに対しての激励メッセージとのこと。ラルクのメンバーの一人が覚せい剤所持法違反で捕まり活動休止に追い込まれ、何かと大変な時期にhideは自分のブログに上記のような(読点が異様に多い)文章をアップした。短い文章だが…いいですよねぇ。愛情たっぷりですよねぇ。再犯率の高い覚せい剤だがsakuraはその後、同じ過ちを犯すことなく、濁り、なく、音を、創って、いるようだ。

のりピーが覚せい剤所持で逮捕された時、のりピーの所属事務所であるサンミュージックの社長は涙ながらに沈痛な面持ちで「罪を憎んで人を憎まずなんて言葉もありますが~」と言っていた。それを聞いてhideのこの言葉を思い出したんで引用してみたんだけどさ。その記者会見で社長は「なんで一言相談してくれなかったんだ。そんな仲じゃないだろ」みたいなことも言っていたっけ。社長の言葉からは「深刻な悩みを誰にも相談出来ずに一人で抱えていて、次第に気が病んできて覚せい剤に手を出してしまった」的なニュアンスが感じられるけど、DJブースで頭をガンガン振っているのりピーを見るにつけ…ありゃ、楽しんでるよね。…社長かわいそう。

これほどの騒動になってしまってはもう以前のような路線での復帰は絶望的だが、クラブのDJとしてなら活躍できそうだ。清純派アイドルは品行ほうせいである必要があるけど、音楽を創る人には必要ないのだから。ケミカル・ブラザーズみたいなアルバム出してくれないかなぁ。出したら絶対買うんだけどな。

のりピー事件の報道の際、「芸能界に蔓延する覚せい剤」みたいな特集がよく組まれているが、過去に覚せい剤で捕まった芸能人として岡村靖幸は一度も名前が出ていないようで。名前が出ないことは、まあ、岡村ファンとしては“良きこと”なんだけどさ、なんで出ないのだろう?かなり不思議だ。だって3回も捕まってるんだよ。確かに知名度は低いが、結構メジャーなテレビ番組にも出てるし、ヒット曲だって多少はあるし、武道館やNKホールでワンマンライブすることができるクラスのミュージシャンなのに…。なぜ岡村靖幸の名前が出ないのだろう…いや、出なくていいんだけどさっ。三田佳子の息子が今沖縄の施設に入っているという情報が紹介されていたけど、さすがに三田佳子の息子よりは岡村靖幸の方が知名度高くないか?以前「岡村靖幸の知名度について考える」という記事を書いたが、この人の知名度って「知らない人は完膚なきまでに徹底的に知らない」っていう不思議な現象がありますねぇ。


●今日の写真
natunoowari



スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析