スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の世界へようこそ/食感覚

★2月19日に川本真琴のニューアルバム「音楽の世界へようこそ」が発売。アルバムのリリースはなんと9年ぶり。9年ぶりの3rdアルバムだそうだ。川本真琴といえば、岡村靖幸プロデュースの「愛の才能」でデビューし、一躍メジャーになったミュージシャン。「るろうに剣心」のOP曲として大ヒットした「1/2」は今でも人気が高く、最近では中川翔子がカバーしたことでも有名。90年代後半に順風満帆に活躍した川本真琴だが、シングル「1/2」以降、なぜか音楽活動が停滞気味になり、メディアの露出も減り、いつのまにかレコード会社もやめ、人々の記憶からも少しずつ薄れていき…今にいたる。

オザケンにしても川本真琴にしても、なぜ、こうも長い間引きこもるのだろうか?小沢健二は特設サイトのなかのインタビューで「人それぞれに問題があって、その問題を解決するために要する時間は長い人もいれば短い人もいる」みたいなことを言っていたけど(いや、言ってなかったかもしれないけど…どっちだよ)やっぱり、カワマコも何か問題を抱えていたのだろうか?その問題を解決するのに時間がかかったってことなのだろうか?でも、あれだねぇ…、自分の中にある問題とかなんとかのために10年も休めるなんてさぁ…いいよねぇ。羨ましいわ。

引きこもりといえば、何はさておき岡村靖幸なわけだが、まあ彼の場合は大きな大きな問題を抱えていたから、今になって思えば、「そりゃ引きこもるわなぁ」と思わずにはいられない。しかも問題を解決できないまま復活までしたのだから、凄い勇気だよね。だって、完全なヤクチューの状態で表舞台に出てきたんだもん。心臓に毛がボーボーだよな、岡村ちゃんって。国分とイノッチがMCの番組「R30」に岡村ちゃんが出演した時なんて覚せい剤を断ち切るための合宿について喋ってたり(岡村ちゃん曰く「「全然楽しくない修学旅行みたいだった」)、いま振り返れば、よくもまあ、喋れたよなぁ。

2010年に突入し、オザケンが13年ぶりのツアー開催を発表して川本真琴が9年ぶりのフルアルバムをリリース。となると流れ的にこの勢いに乗っかって岡村靖幸も復活しそうな予感がする。まあ、オザケンの復活は全然関係ないけどさ、川本真琴の復活に少し岡村靖幸復活の気配を感じるんだよなぁ。


★年末の岡村靖幸チャットで知り合った、ミポさんから「食感覚バトン」がまわってきたのでちゃちゃっと答えようと思います。
●コンビニで買うおにぎりの種類は?
かつお。

●コンビニでよく買う飲み物は?
ウーロン茶・お茶。

●目玉焼きにはソース派? 醤油派?
醤油。ソースなんてかけたことすらない。

●寿司で好きなネタは?
赤身

●好きなアイスクリームの種類は?
スーパーカップ。ガリガリくんみたいなのは歯がしみるので苦手。

●いつもつい買ってしまうお菓子は?
じゃがりこ・ピザポテト。

●マックで好きなハンバーガーは?
テリヤキバーガー。あのしなった甘ったるいレタスがいいよね。

●ミスドで好きなドーナツは?
ミスドは行かない。

●味噌汁で好きな具は?
ジャガイモとワカメ。

●好きなおでんの具は?
卵・ちくわ。

●好きな中華まんの具は?
肉まん。ちなみにあんまんは大嫌い。

●ごはんが少し余った、さて何をかけて食べる?
醤油?温かいご飯にかけると醤油の風味がいい感じで意外とイケル!

●マヨネーズ好きはマヨラー。ではあなたは何ラー?
マユラー。

●最近はまっている食品は?
ポトフ。作るの簡単だし温かいし、今の時期にピッタリ。

●アンパンマンに出てくるキャラ、誰を食べてみたい?
ケーキちゃん。

そっけない回答ですいません。次にまわす人ですが、どうしよう…。最近ほかの人のブログ、ほとんど読んでないんだよなぁ。なので、ここは思いきってshallowさん願いします(スルーしてもオーケーです)。
スポンサーサイト

喜びをほかの誰かと分かりあう それだけがこの世の中を熱くする

あの小沢健二が復活。13年ぶりに全国ツアーをするとのこと。いやぁー、凄いですねぇ。まさか復活するとは。正直、この人はもう表舞台には一生姿を現さないと思ってた。ナイーブそうな人だから、どーでもいいことを思いつめて、こじらせた結果、病んでいるのかなぁ~と。でも、復活。奇跡の復活!まだライブ情報しか発表されていないけど、おそらくニューアルバムもリリースされるのだろうな(ってかしてくれ)。ファンを失望させた肩透かしなインストなんかじゃなくて、オザケン節全開なポップで甘酸っぱくてキラキラした名曲目白押しの名盤、そう『LIFE』のような名盤をリリースしてほしいな。

オザケンの復活を知ってから、久しぶりにオザケンの曲でもじっくり聴こうかと思ったのだが、オザケンのアルバムおよびフリッパーズギターのアルバムは全てレンタルしたのをWMPにぶちこんでいたわけで…。去年の10月頃にPCが壊れ、WMPに詰め込んだ曲がすべて消滅してしまったわけで…。こんなウキウキな気分なのにオザケンの曲を聴けないなんてなんということだ!近いうちにまたレンタルしてこなくっちゃな。

というわけで、こんな時、行き着く先はYouTube。最近はようつべでオザケンの動画ばかりをみている。う~ん、やっぱりいいですねぇ。はじけてるね、彼は。キラキラ王子だねぇ。一番好きな動画はこれ。


「愛し愛されて生きるのさ」「痛快ウキウキ通り」「流星ビバップ」のメドレーである。これ最強じゃない?冒頭に語りを持ってくるところが憎い。しかも「なるのか なるのか なるのかぁぁ~」とか。なんかさぁ…いいよね。「痛快ウキウキ通り」の歌いだしの「プラダの靴」を「綺麗な靴」に変えた後に唐突にオザケンとバックバンド全員が「オゥゥゥー」って叫んでたり、それで客がなぜか盛り上がってたり…面白いなぁ。テンポアップした「流星ビバップ」もかなり熱い! それにしても、ポップジャムって森口博子が司会のときが一番いい時期だったな。

13年ぶりのツアーといってもこの人ってちょくちょく活動はしてるんだよね。表舞台から遠ざかる前は音楽番組はもちろん、子供番組・ポンキッキやらチョコレートのCMやら、露出しまくりだったから、メディアにある日を境に一切出なくなったことが、余計「あの人は今」的な印象を世間に与えることになったんだろうな。インストをリリースしたり小説を執筆したり、表舞台から遠ざかったオザケンって、なんだかサリンジャーみたいな(そういや、亡くなりましたなぁ…。噂ではサリンジャーって、長い間の引きこもり期間にめちゃめちゃ小説書いていたらしいから、この先、発行されるかもね)、謎めいた印象があったけど、4年に一度(サッカーワールドカップイアー毎?)細々且つ超スローペースではあるけど活動はしているんだよね。そういう意味では岡村靖幸とカブるな。

岡村靖幸も、2003年頃から徐々に活動が活発。「フレッシュボーイツアー」やら尾崎豊のトリビュートやらで表舞台に出てきて、2004年頃に「Me-imi」をリリースした際は、「あの岡村靖幸がついに復活」みたいな宣伝文句がさまざまな媒体で常套句になっていたけど、岡村靖幸もオザケンと同様にちょくちょくは活動していたんだよね…。まあ結局は本人が表舞台に出ているか出ていないかってのが大きいのだろうな。

さて、オザケン、僕の住む札幌にも来ます。札幌市民文化ホール。これは行きたい。でもチケット取るの難しそうだ。たぶん気合入れれば取れると思うけど、そんな気合が今の自分にあるのかちょっと不安だ。

以下、そんな気合不足な僕の「小沢健二の曲ベスト10」

1「さよならなんて云えないよ」
2「流星ビバップ」
3「それはちょっと」
4「天使たちのシーン」
5「しらけちまうぜ」
6「戦場のボーイズライフ」
7「いちょう並木のセレナーデ」
8「今夜はブギーバック」
9「強い気持ち・強い愛」
10「暗闇から手を伸ばせ」
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
01 03
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析