スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひき語り全記録

月刊カドカワ 1996年5月号 VOL.14 NO.5

表紙 なんで僕なの? 〜完全復活宣言〜
総力特集 岡村靖幸 完全保存版全47ページ

● INDEX
P18〜P19
総力特集 完全復活宣言
P20〜P28
スピリチュアル・メッセージ もう寂しい思いはさせないよ
P29
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その1 佐伯明
P30〜P33
全アルバム試聴解説
P34〜P42
突撃ルポ<瀧くんと行くフーゾク最前線>
P43
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その2 能地祐子
P44〜P47
岡村靖幸スーパーエステへ行く しりあがり寿(しりあがり氏による漫画のため掲載無し)
P48
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その3 小貫信昭
P49〜P56
ライオンと戦える男(カラーグラビアのため掲載無し)
P57〜P62
ライヴ・ドキュメント ひき語り全記録

P63
評論「岡村ってやつは・・・・・・」その4 カトリーヌあやこ(カトリーヌ氏による漫画のため掲載無し)






P57〜P62
ライヴ・ドキュメント  
ひき語り全記録

総力特集 岡村靖幸/なんで僕なの?〜完全復活宣言〜


久々のツアー“真・禁じられた生きがい”の
アンコールでは彼のライヴでしか観られない
“ひき語り”が今回も登場!!
普通のMCでは苦手だが、“ひき語り”なら
OK!! ベェベ♡のヤスユキ。各地方の特色も
含めてちょっぴり紹介します。


 以前の本誌のライヴ・レポートでも漫画家江口寿史さんが「これはもう一つの芸といっていいほど。これは1時間やってほしい」と絶賛していた岡村ちゃんのライヴでしか観られないアドリブ“ひき語り”。
 この“ひき語り”、今回のコンサートツアー‘96“真・禁じられた生きがい”の中ではアンコールの一発目にキーボードとギターで行われた。舞台に再登場した時に、何を歌うか考える、まさにその場かぎりの瞬間芸“ひき語り”はライヴで味わってこその産物。ライヴでしか観られない貴重な宝。だから、すべてをありのまま掲載ことができません。なのでここでは少しずつ、ちょっと“のぞき見”するようにこっそりと紹介してゆきますね。
 まずは1月13日の福岡サンパレス。この日はギターのみの“ひき語り”なので通常より少し短め。
“愛してるぜ。お前が好きな靖幸ちゃんだぜ”の第一声に会場はわれんばかりの歓声。久しぶりの靖幸にこんなこと言われたら、会場だってわれそうになってしまうのは仕方がない。この日のテーマは“大好きなお前と靖幸ちゃんがもし結婚できたら、どんな生活を送りたいのか?”。靖幸は、“白い家に白い犬を飼うのか? それとも、40階建てのマンションの39階で都会的なアーバンライフを送りながらネコと住むのか? どっちなの?”
と、会場に投げかける。しかし、会場から飛んできたのは“かわいい”の黄色い歓声だけだった。
 1月19日の仙台サンプラザ。この日はキーボードとギター、両方での“ひき語り”。
“俺は靖幸だぁっちゃ”
“お前のことを好きだべぇ”
“お前のスカートの中にある萩の月”
“俺の暴れん坊将軍を仙台名物の長茄子みたいっていうのめちゃくちゃ失礼だな”

と、仙台の地方色が豊かに実ったのがこの日の特色であった。
 1月22日の北海道厚生年金会館は、まず、キーボードの前に座るなり、岡村ちゃんはしっとりと「君が代」を歌い、“ひき語り”につなげた。そのあとは、
“昔、俺は北海道によく通ってたぜ。1カ月に2回も通ってたぜ”と、なつかしい話から入り込み、
“真夜中の俺を誘惑するのは愛しい海産物”と、郷土料理に舌つづみし、
“ホタテ貝やミル貝を見ると君のあそこを見るがい”
と、お得意のエッチ系ネタでおとした。
 1月25日の青森市民会館では、アンコールで岡村ちゃんが登場するなり、“ヤスユキー!!”の声援がかかり、その声に応えるように、
“君に会える日はめちゃくちゃ、あすましい気持ちになれるぜ”
“君は俺に会うたんびにしょっぴりうずけるけども”
“おどうとおがにはないしょだぜ”
“お前をお嫁さんにできるように俺はけっぱるから”
“大人の世界はかちゃましいけど”

と、青森弁を自由自在にあやつった“ひき語り”であった。
 そして、それに続く、1月27日の新潟テルサでも、さすが青年の頃に住んでいた強味である。
“万代橋で待ってるぜ”
“あのバス停のとこからはどのバスに乗って帰るんだい? もしかして小針かい? もしかして笹口かい? もしかして沼垂、四ツ屋町かい? もしかして北越、星通かい?”

と、小さな地名がバンバン飛び出し、新潟県民の心を巧みにくすぐり、会場からの拍手が鳴りやまなかったのは言うまでもないだろう。
 ツアーも後半にさしかかった、1月29日大阪ドラマシティ。この日からはギターを持ちかえるとすぐ、「木綿のハンカチーフ」を口ずさむ、岡村ちゃんであった。
“俺は夙川に住んでて、苦楽園の中学行ったで”
と、ひき語りでも歌ってるとおり、ここ大阪も青年の頃に住んでいた土地。
“せつない気持ちにさせるで”
“ちゃう、ちゃう”
“ここに来たんやで”
“俺のことをすいとるなら”
“せぇやさかい”
“ほんまの話が”

と、昔、とった杵柄。大阪弁のオンパレードだった。
 そして、大阪と言えば“お好み焼き”。食に関してはちょっとうるさい岡村ちゃんは、“夙川の駅を降りるとダイエーがあって、その地下にはお好み焼き屋があってめちゃくちゃうまいで。お兄ちゃん、頼むからマヨネーズは絶対、ちょうだい。でも、俺がいちばん気にいったとこはかなり紅しょうがが少ないことだぜ”
と、自分好みの“お好み焼き”スタイルを力強く語っていたのであった。
 そして、大阪ドラマシティの2日目は、お得意の“どっぷり青春もの”をひき語った。
“なんで、お前は高校を卒業してミナミのホステスになったの。部活のときはあんなに一生懸命、球拾いした仲なのに、今はドルチェ&ガッパーナの服なんか着て、めちゃくちゃ濃い香水をつけて、僕とすれちがったら、他人のふりをしてたじゃないか。頼むから考え直しておくれ。もう一度、あの学生服を着てた頃を思い出しておくれ”
 会場からは、果たしてこれがフィクションなのか、ノンフィクションなのか、半信半疑の歓声がとんでいた。
 そして、ツアー9本目の2月1日の名古屋市民会館。この日は、
“この前きたけど、ディスコはみんなすぐ終わってしまってたぜ”
“いくら街のあかりが早く消えても、二人の愛のともしびは消えないぜ”

と、名古屋の夜が早く終わってしまうことがメイン・テーマだった。
“俺は踊るのがめちゃくちゃ好きなんだ。だから名古屋にディスコをたくさん増やして、名古屋のみんなが、踊りがうまくなってくれないと困っちゃうじゃないか”
と、まずは自分ありきの、岡村ちゃんらしい、愛のこもった理論展開を披露してくれた日であった。
 追加公演の2月4日の大阪ドラマシティでは、これまた大阪と言えばこれ!! というお題“お笑い”をテーマに、岡村ちゃんはひき語ったのである。
“深夜ラジオのお笑いは、なぜかいつも、面白くても面白くなくても、しょうもなぁを連呼するのさ。でも、おかしいじゃないか。なんで面白くてもしょうもなぁって言うんだ。俺にはわからないぜ”と。
 でも、そこは天才!! 岡村ちゃん。そのあとで、
“それは、きっと、俺が転校生のせいだろう”と、すっばらしく、明快な答えを持ってきたのである。
 やっぱり、本当に誰にもマネできない、完成度の高い瞬間芸であることをここで痛感させられた。
 そして、いよいよ、最終地、東京。2月10日の日本武道館。ひさびさの東京でのライヴでは、
“武道ばかりやるお前の姿をブラスバンド部のホルン担当の俺は、ひそかにのぞいていたぜ”と、武道館と武道をひっかけた青春もの。
そして、それは、
“剣道着は着替えられないから、洗濯できなくて、セクシーな匂いが俺を魅了するのさ”
“ホルンの吹き口から流れる、お前を愛する唾液で溶けたいぜ”
と、エッチ系の汁がじゅるじゅるしている青春ものだった。その後も、
“俺が休んでる間にベッドの中で誰を考えてたの?”
“俺に武道を教えておくれ。ただし、ただし寝わざオンリーだぜ”

と、この日はセクシー・エッチ路線でまとめあげた“ひき語り”であった。
 この日と追加公演の14日には「君が代」と「木綿のハンカチーフ」と「年下の男の子」のフレーズが“ひき語り”の中で歌われ、この3曲はまるで“武道館スペシャル曲”のようだった。
 そして、最終日。2月14日、バレンタインデーの日本武道館。この日は“ひさびさに出かけた渋谷”がテーマ。
“あの頃二人で通ったタワーレコードはもうあの場所にはないのさ。タワーレコードは東急ハンズのななめ前にあったけど、今はわけのわかんない子たちがいつもいつもタコ焼きを食べてる”
“街を歩けばみんな派手な色の口紅を塗って、ソックスはブカブカなのにソックタッチ使って、飯島愛みたいな髪型をするのはなぜだろう?”
と、渋谷の街をこと細かに観察していた岡村ちゃんがここで披露された。そして、
“ちょっと頑張れば自分でも作れるタコ焼きをなんでそんなに並んでまで食べる必要があるの。なにやってんだよ”
“まだお前はティーンエイジガール。どうにでもなれる可能性を秘めてるじゃないか。だから、俺は言いたい。まだティーンエイジなのにAVギャルみたいな恰好するなと”

と、全“ひき語り”の中でいちばん力強く、自分の主張と困惑をこの日、武道館にこだまさせていたように感じた。
“MC”は苦手でできないが、“ひき語り”だったら、メロディ(原文のまま)がのればどこまでも続く岡村ちゃん印の“MC”(?)はいかがでしたか? 未体験のそこのあなたも、ぜひ次は、体験してみてくださいね。



Concert Tour‘96
“真・禁じられた生きがい”
M1 Boys
M2 青年14歳
M3 19(nineteen)
M4 (E)na
M5 ハッピーウェディング
M6 聖書/Bible
M7 生徒会長
M8 いじわる
M9 イケナイコトカイ
M10 Vegetable
M11 カルアミルク
M12 どぉなっちゃてんだよ
M13 チャーム ポイント
M14 メドレー
1) Peach Time
2) ステップUP
3) ターザン ボーイ
4) だいすき
5) あばれ太鼓

<アンコール>
M15 ひき語り
M16 なごり雪
M17 Out of Blue

文字起こし人:紅林



岡村靖幸のライブにはMCがない。唯一のMCといえば「Date Love & Sex 88」に収録されている「OUT OF BLUE」を歌う前の「なんとですね、12月をもって、僕は、いいですか?デビュー2周年ですっ!」くらいだ。MCをやらない硬派なミュージシャンは割りと多いが、MCの代わりに引き語りでメッセージするミュージシャンは洋の東西を問わず岡村靖幸しかいないだろう。足の怪我により中止になった告白ツアーの名古屋公演でも「名古屋 ベイビーごめんなさい でもこの埋め合わせはするよ♪」と弾き語りで歌った岡村ちゃん。…いやいや、そこは普通に謝ったほうがいいのでは?と常識人の僕としてはどうしても思ってしまうのだが、どんな時でも弾き語りでメロディに乗せて歌うのが我らが岡村ちゃんなのだ。…でも、MCというか普通の素の喋りもそろそろ披露してもいいんじゃない?次に復活した際のライブでは是非普通のMCをしてほしいものだ。

上記の記事は「真・禁じられた生きがい」のアンコール明けに披露された弾き語りをピックアップしたものだが、意外と下ネタが多いね(笑)。そういや、ライブDVD「シンポジウム」でも「今夜君のパンツを見せてくれるかい?見せてくれたら年に4枚LP出すぜ」と、とても渋い顔でキーボードを押さえながら言ってたっけ。やっぱり岡村靖幸ってスケベなのだな。改めて再確認したよ。

スポンサーサイト

遊ぼうってば 僕らは すぐ会える あの頃の二人にもすぐなれる

最近、岡村靖幸のマイスペが騒がしい。今年の3月下旬に約2年ぶりのログインが確認されてから、しばらく間があったが5月7日に「PARACHUTE GIRL demo」の音源をアップ。それ以降は、怒涛のオンライン攻撃。マイスペのコメントを見る限り、1日4~5回ほどオンラインの表示が出ているようだ。僕も何度もオンラインを目撃している…ってかこの記事を書いている今アクセスしてみたらオンライン中だったよ。

岡村靖幸は有名人であるから、「オンライン=岡村靖幸本人がリアルタイムでPCの前にいる」とはならないと、初めは考えていたが、音源をアップするわけでもなければ、ブログを更新するわけでもないのに、朝昼晩とむやみに代理人が岡村靖幸のマイスペにログインするとは常識的に考えられない。ということは、オンラインしているのは正真正銘・岡村靖幸本人と考えてほぼ間違いないように思う。

そして、これだけしょっちゅうオンラインになっているということは、そこには“岡村靖幸なりの含み”があるように感じる。本当なら岡村靖幸をずっと待ち続けてくれているファンに向けて、謝罪と感謝とこれからの意気込みなんぞを綴った文章を書いてブログにアップすればいいのだろうけど、そういうちゃんとしたことが出来ないのが岡村靖幸だ(まあ、下手に文章書かせたらまた例の謝罪文みたいに“or近所の商店街”とか書いちゃうかもしれないしね)。連日の執拗なまでのしつこいオンラインは、今を生きる岡村靖幸なりの不器用なメッセージなのだと個人的には捉えている。

でも、岡村ちゃん、そんなにオンラインする時間があるならたまには音源アップしてくれよ。

100514_2228_01.jpg

●今日の動画


追記
「PARACHUTE GIRL demo」の感想は後日書こっと。
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析