スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎豊で「LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」

2013年3月20日に発売された尾崎豊の東京ドームでのライブ映像、その名も「LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」。注目すべきはタイトルに“完全版”というワードが入っている点だ。尾崎豊のライブ映像作品はとにかくカット、ぶつ切りの嵐なのだ。過去には「約束の日 LAST APPEARANCE 完全版」という映像作品があるのだがこの作品は“完全版”と銘打っているにも関わらずカットしまくりという詐欺を平然とやらかしているのだ。なので東京ドームの完全版がリリースされるというニュースを知った時も僕は疑念を拭えなかった。

しかし、AMAZONのレビューを読んでみると(AMAZONのレビューが一番信頼できるわぁ)どうやら本当に完全版らしい。しかもチカチカ編集がないらしい。チカチカ編集とは、1秒間の間に何度もスイッチングし不具合としか思えないような乱れた映像のことである。視聴者に多大なストレスを与えてやろうという悪意でもって制作されたとしか考えられないような編集方法のことで尾崎ファンの間では“チカチカ編集”と称されている。

ライブの始まりから終わりまでをノーカットのフルバージョンで、しかも普通のカット構成で制作されたというのだ。尾崎豊作品では初めての出来事である。これは素直にうれしい。他のミュージシャンであれば割と普通のことであると思うのだが岡村靖幸と尾崎豊に関しては違う。

フルバージョンの良いところはやはり、まるで自分がライブに参加しているかのような気分になれるところだ。ライブ前のざわついた会場の様子。そして、客電が落ち、歓声が沸く様子。尾崎豊がステージに姿を現した瞬間の歓声とどよめき。曲と曲の間の何気ない尾崎豊の仕草や表情。今となっては実現不可能な尾崎豊のライブのリアルな空気感がヒシヒシと伝わってくる。最高!

東京ドームでのライブは時期的に4枚目のアルバム「街路樹」のリリースが近かったこともあり、「街路樹」からの曲が多い。「街路樹」に収録されている曲はどれも地味で暗い。世間的には全く知名度の皆無な曲が多いし、尾崎豊ファンの間ですら忘れさられているのではないかというくらいのマイナーな曲ばかりだ。さらに肝心の尾崎豊自身も本調子ではない。喉の調子が悪いのか声が枯れている。尾崎の最大の魅力である透き通った声は残念ながら聴くことができない。体の調子も時期的に悪かったためステージ上で汗まみれになりながら苦しそうにずっと寝転がっている。有明コロシアムでの尾崎もそうだったがこの時期の尾崎は立って歌うことすら非常に困難だったようだ。

セットリストと尾崎のコンディションの悪さから尾崎豊をあまり知らない人には積極的にはお勧めできない内容だが、僕はこのライブ、相当お気に入りだ。割と最近になってから「街路樹」の良さがわかってきたというか妙に惹かれる部分がある。意外と良曲が多い。それに僕はコンディションの悪い尾崎が好きなのだ。尾崎豊の寝転ろがりながら歌う姿は個人的に大好物である。だって、寝ながら歌うんだよ!そんなミュージシャンいないでしょ。パフォーマンスとしてわざと寝ながら歌う人ならいるかもしれないが、尾崎の場合は汗まみれで死にそうな顔をしながら結構な長い時間寝ながら歌ってる。しかも東京ドームで、だ。5万6千人の前で寝ながら、しかも客に尻を向けて、まるで羊水の中に居る赤ん坊のように体を包ませて…。

前衛的あるいはアングラ的なパフォーマンスとしての“寝ながら歌う”ではなく、本気で体が苦しいから寝て歌うという尾崎豊に凄みを感じる。意識的に奇抜なことをやってやろうというのではなく、素であるが故の凄みがステージ上の尾崎にはある。昔の岡村靖幸で例えるなら本人はクールにキメキメでダンスしているのに周りからキモがられているのと似ている(最近の岡村ちゃんは純粋にカッコいいですけども)。


久しぶりに尾崎豊のライブ映像をYOUTUBE以外でじっくりと視聴したわけだがやっぱり良い。僕が尾崎豊を聴きはじめたのは確か中学2年生ごろだった。十代の多感な時期はそれはそれはもう尾崎漬けの日々だった。十代のころに尾崎豊に出会えたことで本当に救われた。20代になってからは尾崎に対する熱は平熱になったが(尾崎豊の友達Oさんの影響により)それでも時々映像を見てはやはり自分にとって尾崎は大切な存在であった。

そして、今年30代に突入し中年となってしまった自分だが相も変わらず尾崎を聴いている。尾崎の歌を聴けば十代の頃の繊細に病んでいた自分がリアルに想起される。そんな記憶はいらないと思っていたが三十路になりおっさん化した自分にとっては抱きしめたいほどに大切な記憶だ。きっと40になっても60になっても80になっても、僕は尾崎豊を聴くのだろう。そして、十代の記憶をリアルに思い起こすのだろう。懐かしい痛みと共に。



付記
定期的に記事を更新すること。今の唯一の目標。
スポンサーサイト

握手

昨日、岡村靖幸が握手会を開催したのだという。

近年、握手会と言えば一番に連想されるのはAKBである。つまりアイドル。握手会=アイドルというイメージが強い。アイドル以外では作家だろうか。書籍の出版を記念してサイン&握手会なんてのはよくある。しかしミュージシャンがCDとライブ映像のリリースを記念して握手会するという話はあまり聞かない。もちろんCDのリリースを記念して握手会する人もいるだろうが、そういう人たちは割とポップな人たちではなかろうか?

あの岡村靖幸が、だ。ライブDVD「Date Love & Sex 88」に収録されている「OUT OF BLUE」を歌う前に「いいですかぁ?デビュー2周年ですっ」という例のMCを最後にかれこれ25年以上もの間一言もライブでMCをしていない岡村ちゃんが、だ。握手会をしたのだという。その名も「代官山で岡村ちゃんと握手!」。これは事件だ。

握手会ってことは、つまり対面するわけだ。1メートルほど先に岡村靖幸がいるわけだ。手を差し伸べれば岡村靖幸本人が手を握ってくれるわけだ、握手するってことはお互いの目線もビビビッと合っちゃうわけだ。至近距離で握手して目が合ったのだったらそりゃ当然会話の一つでもするわけだ。……会話!あの岡村靖幸と会話!これはテンションあがるわぁ。そりゃまぁ短い時間だろうけど岡村靖幸と会話できるのは面白そう。

というわけで、今回の記事ではもう終わっちゃったけど「代官山で岡村ちゃんと握手!」にもし僕が参加できていたとしたなら何を話そうかを考えてみようと思う(非常にくだらない企画だが)。

まず握手会と銘打つくらいだから参加者は100人程度はいるのだろう、なるべくなら記憶に残りたいものだ。で、あれば、ありきたりなコメントはするべきではないだろう。「昔から応援してます。これからもがんばってください!」とか「今度のライブに行きます。楽しみにしてます!」なんてありきたりなコメントでは記憶に残らない。せいぜい仏頂面の岡村ちゃんに「あっ、ありがとうございます」とか「はい頑張ります」くらいの言葉しか引き出せないだろう。

岡村ちゃんからのありきたりな返答を回避するにはこちら側から能動的に質問するべきだろう。せっかくの一対一の貴重な会話なのだから思い切って質問してしまうのが良いだろう。個人的に岡村ちゃんに聞きたいことで尚且つ今まで岡村ちゃんがインタビューで答えたことのない質問事項。

例えば鉄道マニアのベイベなら「好きな線路は何ですか?」と質問し岡村ちゃんが「う~ん、江ノ電は昔から好きですよ」なんて答えてくれたらもう歓喜でしょ。鉄道マニア兼ベイベとして岡村靖幸の好きな線路を知れた上に岡村靖幸の記憶にもきっと残る。最高ではないか。

となると、僕が質問すべきは必然的に尾崎豊関連の質問になってしまう。尾崎豊と岡村靖幸の思い出話を岡村ちゃんの口から直で聞きたい。些細なエピソードで構わない。これまでにインタビューで一度も話したことのないエピソードを一つでいいから聞きたいなぁ…。でもそれは考えようによっては失礼なことかもしれないなぁ…う~ん。

と、まぁ既に昨日終わってしまった握手会についてグダグダ考察したところで全く不毛であることに気付いたので今回の記事はこれにて終了。

同じベイベー

「エンタの神様」は反吐が出るほど大嫌いだった。なんっていうか数分視聴しただけでもうムカムカしてきちゃってチャンネルを変えちゃってた。芸人の言うセリフのほぼ全てに律儀にも表示される大袈裟なテロップ。小中学生をターゲットにした幼稚すぎる姑息なネタの数々。天晴なほどに100点満点の糞番組だった。「エンタの神様」の演出を手掛けていたの確か五味という名前の人だった。当時、伊集院光はラジオで「ゴミみたいな番組を作っているから五味さんっていうのかなぁ~?」とディスっていったけ。そんな記憶が今でもある。

桜塚やっくんが死んだ。エンタの神様でブレイクした芸人。彼の芸風はまぁ、はっきり言ってエンタの悪しき色に染まった芸風だった。“桜塚やっくん”という芸名は先述した五味さんが命名したのだという。桜塚やっくんはまさにエンタ芸人であった。僕が大っ嫌いなエンタ芸人の一人だった。

2000年代初頭から始まった“お笑いブーム”は2007年ころには下火になり始め2010年にはいわゆるネタ番組が地上波からすべて姿を消した。もともと実力のあった芸人はその後も売れ残ったが、ほとんどの芸人(特にエンタ芸人)は消えていった。桜塚やっくんも世間的には消えていった。

しかし、岡村靖幸ファンの間ではそれなりの記憶に今でも(そしてきっとこの先ずっと)残っている。2007年、岡村靖幸の名盤「家庭教師」の1曲目に収録されている「どぉなっちゃってんだよ」をカバーし、さらには作詞・作曲・編曲、岡村靖幸プロデュースにより「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」という名曲をリリースしている。

殆どの岡村靖幸ファンは桜塚やっくんに好意的だ。僕のようなエンタの神様が大嫌いで、もちろんやっくんにすら冷淡な視線を送っていた自分ですら岡村靖幸のカバーをリリースして以降は好感を抱いているくらいなのだから。

何故岡村靖幸ファンは皆、彼に好意的なのか?そんなもん簡単である。「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」のやっくんの歌唱を聴けば一発でわかる。



アコギ一本で冒頭のフレーズを歌った後の前奏で「んっ」「ヘイヘイ」「シュゲナキュノンノー」「ホォホォ~ン」と唸り声を出すやっくんを聴けば分かる。十分すぎるほどにわってしまう。この人は本当に岡村靖幸が好きなんだ、と。彼は我々の親愛なる仲間なのだ、と。同じベイベーなのだ、と。

★☆★☆★☆★☆★

彼の訃報はネットニュースで知った。

夜、仕事から帰ってきて、シャワーを浴びて。二日前に作ったカレーの鍋に火をつけ、ソファーに座り、PCのディスプレイを見て知った。その瞬間は呆気にとられただけだったが、その後「あー、この人岡村靖幸好きだったんだよなぁ…」とかいろいろ思い出して、ちょっと強いお酒を飲んでみたら予想以上に涙が溢れてきた。故人に対して安らかにお眠りくださいとかよく言うけど、安らかとかそんなのじゃなくて悔しいね。若くして死ぬって悔しいもんだ。

岡村靖幸で「むこうみずでいじらしくて」 全曲実況

1. ぶーしゃかLOOP
2011年8月にYOUTUBEにアップされた「ぶーしゃかLOOP」は割と平坦で簡素なアレンジでありながら癖になる味わい深さがあった。一瞬呆気にとられてしまうほどの簡素さがあって、それ故の面白みが魅力とでも言えば良いのだろうか。岡村靖幸の執拗な職人気質により極限まで荒い粒子でもってブラッシュアップされたが故の簡素化。このライブではそんな「ぶーしゃかLOOP」にドレスアップした豊潤なリズムトラックを与えることでノリノリな曲に変貌させちゃっている。冒頭の幕が開く2秒前から始まるベースラインで完全にやられた。何だあのワクワクさせるベースは。凄い。もう本当に安易だから言いたくないんけど…やっぱり彼は天才だ。

2. どぉなっちゃってんだよ
まず、冒頭の手拍子をしながらマイクスタンドに歩み寄る姿がカッコいい。バックに二人の男性ダンサーと一緒に踊っている。バックサンダーの二人は帽子をかぶっているしステージが暗いのではっきりとした御尊顔はうかがえないがおそらく雰囲気的にはイケメン。もちろんダンスもプロレベル。そんな二人をバックダンサーに迎えた今の岡村靖幸はやはり自分に揺るぎない自信を確信しているのだろう。

2曲目にどぉなっちゃってんだよということで正直「またこれか…」というややネガティブな懸念が頭をよぎったが新しいアレンジだ。とにかくテンポが速い。せっかくのスッバラシイ歌詞がどんどんまるで流しそうめんのようにひゅるひゅると流されてしまっている。誰の箸にもキャッチされずに地面に落ちた珠玉の歌詞たちが泣いているよ。ライブでは盛り上がるだろうが個人的には原曲と同じテンポでねっとりと歌ってほしかった。しかしまぁ、「ライブ家庭教師91」の時点で既にロック調のアレンジで歌ってたし。原曲で歌う気は初めからないのかも。

3. 5!!モンキー
ZEPP札幌で見たとき一番記憶に残ったのが「5!!モンキー」だった。完全に別な曲になっちゃってる。心地よいリズムを終始絶えることなくオーディエンスに提供し続けている。曲の終盤の転調部分に至っては「どう?このリズム?気持ちいいでしょ?オゲッ?」と仏頂面の岡村ちゃんに問われているかのようだ。

4. 愛の才能
なぜ?もったいないよ!どうかしてるよ、岡村ちゃん!!この曲を歌うならば猛烈ジャカジャカギターが何よりも必須でしょ?岡村ちゃんの周りの人たちは誰も言わなかったのだろうか。というか気づかなかったのだろうか。「『愛の才能』やるなら岡村さんギターですね」って。ギターに関しては非常に不満であるが歌はとても上手い。特に「満員のプラットフォーム ハレ~ンチなクラ~クション♪」の「クラ~」の部分。腹からしっかりと発声されている。私たちの前でまるで過去に何事もなかったかのように圧倒的なパフォーマンスをしている岡村靖幸だがそれ相応の努力で形成した礎の上に立っているのだなと実感。

5. 家庭教師
「愛の才能」を歌い終わってからギターをジャカジャカ弾き始める岡村ちゃんに「遅いよ」と突っ込みを入れつつ視聴していると「家庭教師」を歌い始める直前にギターを降ろす岡村ちゃん。「…早いよ」。確かにアコースティックギターの音が不必要なサウンドではあるが、岡村靖幸のギタープレイの需要もあるだろうに(もしかして無いのかしら?)。

エロ曲というよりは怪曲。こうやって改めて聴いてみると凄い。真昼にヘッドフォンを装着して押し入れの闇の中でエンドレスでリピートすれば押し入れから脱出したとき世界が少しだけ別物になっていそう・・・スッバラシイ曲だ。

ふと気づく。1曲目の「ぶーしゃかLOOP」からここまで見てきて岡村靖幸の歌唱に一つも不満を持っていない自分に。特に「家庭教師」の歌唱に関してはむしろ昔より上手いような気がする。

例の寸劇部分は終始ダンスしているだけで「ライブ家庭教師」のようなエリコちゃんへの個人授業はなし。エリコちゃんとエリコママがもう一度みたいな。あっ、でもエリコママはきっと還暦超えているか。

6. 生徒会長
軽快でポップなアレンジ。割とシンプルな演奏にも拘らずその絶妙なアンサンブルからはバンドの底知れないスキルの高さが伝わってくる。上手いなぁ。岡村ちゃんのデェンスもかわいらしい。

7. ビスケットLove
原曲に忠実なアレンジ。退廃的でけだるいイントロと児童の「オーイェイ」という声。う~ん斬新。原曲とほぼ同じアレンジの演奏。岡村ちゃんの声も原曲とそれほど変わらない。すごーいすごーい。

8. ア・チ・チ・チ
冒頭、舞台裏からステージまでをハンディカメラで画面を上下左右に激しく揺らしながら撮影した映像が流れる。個人的にはこれくらいの演出は全然許容範囲なのだか(尾崎豊の映像作品はもっとひどいからね)はっきりいって不要である。制作側としては自分の‘色’を出したい気持ちはわかるが、不必要なものは不必要である。

もはや岡村靖幸のライブでは不動の定番曲となった「ア・チ・チ・チ」。アレンジは割と無難に収まっている。ア・チ・チ・チ→聖書の流れかと思いきや次はVegetable。

9. Vegetable
セクシィな赤いドレスを着た女性ダンスーが二人登場。黒のアダマスをジャカジャカ弾きながらVegetableを歌うのだがフルでは歌わず早々に切り上げ聖書へ。やっぱりア・チ・チ・チのあとは聖書を歌わないとムズムズしてしまう岡村ちゃんなのであった。

10. 聖書(バイブル)
「みんな“ナーナカ”言ってください、ハイ」の「ハイ」がツボ。

11. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
文句のつけようがない名曲「あのロン」。やっぱりこれだけの名曲だとさすがの岡村ちゃんもライブ用に斬新なアレンジを施してみようとは思わないのだろう。ラストの「セイシュンッテワンツスリジャンプ」のコール&レスポンスは刹那的な哀愁に満ちていてとてもスッバラシイのだが、岡村ちゃんの「セイシュン」って言い方に違和感。ちょっと力が入りすぎのような気がする。

12. だいすき
「あのロン」からのメドレーで「だいすき」。怒涛である。岡村ちゃんは畳み掛けに入っているのである。本気でスリーカウントを狙っているのである。「あのロン」からの「だいすき」は堪らない。オーディエンスも皆幸せそうだ。そりゃもう劣等感ふっとんじゃうよねぇ。
ところで、みなさん。この「だいすき」を歌う岡村ちゃんの一番のチャームポイントはお分りになりましたか?正解は「東京ベイベー 俺は君をホントに だいすきです」といった後にくるっと回転するところなんですよ。

13. SMELL
エッジの効いたベースにタイトなドラミング。少々コミカルなダンスで歌い上げる「SMELL」。歌詞カードをちゃんと読んだわけではないけど、きっとエロい歌詞なのでしょうね。というかこの演奏に乗せて岡村ちゃんが歌ったらどんな歌詞でも怪しげに淫靡に響きそう。

14. うちあわせ
割と原曲に忠実なアレンジかなと見せかけて実はかなり違う。80年代のシンセ・ピコピコ的なサウンドの香りをあえて残したアレンジ。しかしダサさは皆無。単なるライブの中の1曲に過ぎないのに完成度の極めて高いパッケージという印象。

15. Super Girl
ラストはセカンドアルバム「DATE」から「Super Girl」。世間的にはシティハンターのED曲に採用されたこともあり「あのロン」や「だいすき」よりもポピュラーな曲として認知されているようだ。確かに良曲ではあるが、ファンとしては「ステップアップ↑」や「真夜中のサイクリング」も押したいところだ。

雰囲気美人風のギャラクシー二人をバックに従え、相変わらずキレキレのデェンスと安定した歌唱を披露している。結局最初から最後まで安定していた。天晴である。

ギャラクシーとのダンス合戦もいい感じ。「シンポジウム」のDVDではB系のパーカーを着た岡村ちゃんが頭の悪そうなガキ二人(実は頭が良いかもしれませんが)とダンス合戦していたが、それと比較するとなんとまぁスマートになったことか。人ってここまで変わることができるんだ!「ダンス チャンス ロマンスは自分次第」と主張する岡村靖幸。今の岡村靖幸には説得力がある。


★☆★☆★★☆★☆★
あんなにかっこいいパフォーマンスを見せた後なのに最後の最後は、ジョギング走りでステージを去っていく岡村ちゃん(笑)。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析