スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャ乱Q→尾崎豊→岡村靖幸

初めて買ったCDはとんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」だった。1992年にリリースされたこの曲は子供を中心に大ヒットしミリオンセールスを記録した。僕らの世代(1980年代前半生まれ)が4~5人集まり「初めて買ったCDは?」的な話題になると大抵その中のひとりは「ガラガラヘビがやってくる」を挙げ「あったねぇ!わかる!わかる!」となる。いわゆる“あるあるネタ”の一つとなっている。

「ガラガラヘビがやってくる」という曲は僕にとって、とても懐かしくノスタルジックな気持ちにさせてくれる大切な曲なのだが、初めて買ったCDが「ガラガラヘビがやってくる」という事実は…なんか嫌なのだ。

日本の音楽シーンにおいて「ガラガラヘビがやってくる」をカテゴライズするならば「およげたいやきくん」「だんご三兄弟」「おしりかじりむし」と同じ棚に収納されている曲だ。悪い大人たちが夜な夜な会議で悪知恵を捻り子供をターゲットにして作った商業ソングだ。しかも「ガラガラヘビ」の作詞は秋元康。いくら流行っていたとはいえ、記念すべき初CDが秋元作品なのは嫌なのだ。当時小学3年生だった僕のお小遣いが印税という形で秋元康の通帳に振り込まれていただなんて…。別に秋元康が嫌いなわけではないけどどうも釈然としないというか、辟易してしまう自分がいる。

小学三年生の頃初めて買ったCDが「ガラガラヘビ」。そして時は流れ、それから4年後。中学一年生の頃に買った2枚目のCDはシャ乱Qの「ズルい女」だった。それ以降、僕の買ったCDの2枚目から15枚目くらいまではずっとシャ乱Qで埋め尽くされることになった。そう、僕は中学生時代、シャ乱Qの熱狂的なファンだったのだ。

ド派手な衣装に、細い眉毛。ねちっこい歌い方。耳に残る歌謡曲チックなメロディ。テレビ番組で見せる大阪の兄ちゃん的な軽快なトーク。全てが強烈だった。本当にどっぷりとハマった。CDはもちろんすべて買い、シャ乱Qが出演する番組は全てビデオに録画した。当時シャ乱Qは毎日のようにテレビ番組に出ていたので録画するのは大変だった。

僕の中のシャ乱Q熱は3年ほど続いた。1998年辺り(シングルで言えば「ためいき」がリリースされた辺り)でシャ乱Qの人気は徐々に下火になりはじめ、当時中学3年生だった僕は神経質で気難しい性格になりはじめた。シャ乱Qを聴くような精神状況ではなくなっていた。

シャ乱Qを卒業した後、僕が次に深くハマったのは尾崎豊である。それはそれは熱狂的な尾崎豊ファンになった。尾崎豊を聴けば聴くほどシャ乱Qが好きだった自分がなんだか恥ずかしくなった。愛やら自由やらを命を削りながら真摯に表現している尾崎豊。一方、シャ乱Qは「ラーメンだいすき小池さん」だもの。まぁ、シャ乱Qの次に尾崎豊にハマる僕が悪いのだけど。

中学3年から高校時代はずっと尾崎豊を聴き続け、大学時代に岡村靖幸の熱狂的なファンになり、今に至る。他にも井上陽水やXJAPANやhideやたまやdoorsやももいろクローバーZ等々様々なミュージシャンのファンになったけど僕の音楽遍歴を振り返った時「シャ乱Q→尾崎豊→岡村靖幸」という流れは確固たるものとして揺るぎなく存在しているのであった。

☆★☆★☆★☆★

・・・えーと、なんでこんな文章を書きはじめたのか自分でも忘れかけてしまったが、そう、今日ニュースで知った方も多いと思うがつんくが喉頭がんと診断されたそうだ。現在治療中とのこと。近年のつんくは確かに声が全然出ていなかった。全盛期の頃のつんくは声量があって安定した歌唱力を誇っていた(元シャ乱Qオタクの僕が言うのだから間違いない)。故になぜ近年のつんくはこんなに声が出ていないのか不思議でたまらなかった。

シャ乱Qのリーダーであるはたけはつんくの病状の報告を受け「あのつんくの声が戻ってくるのを信じています」とエールを送ったそうだ。僕は「あのつんくの声」という表現に思わずグッと来た。シャ乱Qのことを詳しく知らない人には伝わりにくいだろうが、シャ乱Qファンであれば「あのつんくの声」が「どのつんくの声」なのか、一瞬でわかるだろう。もし、あのつんくの声が本当に戻ってきたらこれほど素晴らしいことはない。喉頭がんであることはショックだが、早期発見とのことなので絶対に完治させて、さらには“あのつんくの声”も取り戻して、パワーアップした無敵なつんくになって復帰することを心から願っています。ファイト。


スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
02 04
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析