スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸で「家庭教師」

岡村靖幸(愛称:岡村ちゃん)の最高傑作といえば90年に発売された「家庭教師」です。

当時僕は小学二年生ですから岡村靖幸の存在なんて全く知らなかった。このアルバムを聞いたのは去年の10月頃、ちょうど一年前である。そう考えてみるとこの一年間で最も聴いたミュージシャンはダントツで岡村靖幸と言う事になる。

僕らの年頃(1980年から1985年生まれくらい)で岡村靖幸を知っている人は少ないと思う。だって一番のヒット曲「だいすき」も全く聴き覚えがなかったし。岡村といえばナイナイのほうだし。

なぜ知名度が低いかというとこの人あまり活動していないんです。
しかも引き篭もってたんです。七年くらい。(今の小沢健二みたいな感じですね)

2003年頃からフェスで復活して尾崎豊のトリビュートに参加してオリジナルアルバムリリースしてライブやってちょこちょこメディアに露出し始めた頃。

ふと岡村靖幸を聴いてみようかなぁと思ったのです。

そして私は人生の中で最良の発見をした。(アメリカ人風に言ってみた)

なんとなくTUTAYAでレンタルした「家庭教師」。(一番ジャケットが無難だった)その日からパワープレーになりましたね。
全曲捨て曲なし。曲順もいい。(シナジー効果あり)文句のつけようがない。もう絶賛ですよ。
僕はアーティストに対して天才とか世界に通用するとか言ってしまう痛いファンを揶揄する傾向にあります。
しかし岡村靖幸が家庭教師をリリースした時期に関してのみ異例の例外としています。

間違いなく天才です。

「どぉなっちゃってんだよ」から「ペンション」までスッバラシイ。100点満点です。お勧めです。
今年はコンサートに行ってブーシャカブーシャカとレスポンスしたり(E)naの振りをしたいと思ってたんだけどなぁ。
岡村ちゃんは何かと大変らしく、しばらくコンサートは無いと思われます。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析