スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筒井康隆で「時をかける少女」

時をかける少女は過去に何度も映像化されています。
中でも有名なのは原田知世さんが主演を務めた映画版の「時をかける少女」でしょう。この映画は1983年に公開されて大ヒットし、ユーミンが作詞作曲した主題歌も売れました。なので時をかける少女といえば80年代の作品のイメージがありますが原作は筒井康隆が1965年に発表した作品でとっても古いのです。

1965年と1983年では大違いです。
だって、1965年は尾崎豊、岡村靖幸、吉川晃司が生まれた年で
一方、1983年生まれの有名人は宇多田ヒカル、松本潤、小倉優子
とかですからね。
ちなみに僕も1983年生まれ。

つまり、「時をかける少女」は時代を超えた名作なのです。

あらすじはとてもシンプル。
放課後、理科実験室にて妙な液体の入った試験管を床に落とした際に異様な匂いを嗅いでしまった主人公の芳山和子。それが原因で過去にテレポートできる特殊能力を身に着けてしまう。特殊能力を持ったことで周りから奇異に見られるのを嫌った和子は妙な液体を嗅いでしまったその日まで時を遡りまた同じ放課後理の理科実験室に赴く。
そこで和子に衝撃的な出来事がぁ!

大変面白いです。

僕は思うのだけど、
筒井康隆の小説の中で(というよりも僕が今まで読んだ小説の中で)これほどバランスの整った小説はそうはない。起・承・転・結それぞれに要する文量4、5ページごとに区切って題名をつけているとこなどとにかくまとまっている。

そんな、「時をかける少女」ですが、今年の夏にアニメ映画として公開されるようです。
こちらも楽しみです。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文学をよく見てみると
ドラマ化リスト 1972年 『タイムトラベラー (正・続)』 (NHK少年ドラマシリーズ) 主演:浅野真弓|島田淳子 1983年 『時をかける少女』 (角川春樹事務所) 主演:原田知世、監督:大林宣彦 1985年 『時をかける少女』 (フジテレビ単発ドラマ) 主演:南野陽子 「サン
Posted at 2007.04.18 (12:28) by 文学をよく見てみると

Leave a comment

Private :

Comments

アニメ化ですかぁ。
私の「時をかける少女」は内田有紀ですかね~。
あーーー、年齢を感じる・・
Posted at 2006.05.14 (22:40) by ぢもと (URL) | [編集]
やべえ…ネタわかんねorz
だけどストーリーがかなり面白そうですね。

余談ですが昔に戻る系の内容の洋画で結構あったなぁ。
タイトル忘れたけど最低4つは見た記憶が…。
Posted at 2006.05.15 (08:49) by Ogre (URL) | [編集]
こんばんわ・・、って挨拶したいよ
ぢもとさんへ
僕の「時をかける少女」も内田有紀です。
年齢・・、
ま、昭和生まれですからねぇ~。


Ogreさんへ
知りませんでしたか。
タイトルは結構有名なんですけどね。

そういえば、
なぜか、
ラストサムライは「昔に戻る系」の映画だと勝手に思ってましたw
Posted at 2006.05.16 (00:20) by yuji (URL) | [編集]
筒井康隆の『ポルノ惑星のサルモネラ人間』もおもしろいですよ。
Posted at 2012.03.26 (05:38) by しおむすび (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析