スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上陽水で「センチメンタルⅡ」

72年12月に発表されたセカンドアルバム「センチメンタルⅡ」。

このアルバムには
「東へ西へ」や「夏祭り」や「夜のバス」などなど
名曲が盛りだくさんにもかかわらず、
シングルとして発表された曲がないという
珍しいアルバムです。

ちなみに「夏祭り」は尾崎豊が「虹」というアルバムでカバーしている。
正確にはデビュー前の尾崎が録音した音源を(須藤さんが?)
勝手に発売しただけですが。
尾崎の本意はわからないです。


「センチメンタルⅡ」のなかで「能古島の片想い」という曲がある。
これが素晴らしくいいんです。


海辺にたたずみ
尽きせぬ波を感じ
遠く見える船に幸せの行方を想い
君がぼくの心にいる限り
僕は眠れない
ほんとなんだ


と言うような歌詞なんですが。
めちゃくちゃ痺れる曲です。

個人的には陽水ベスト3に入るほど。

しかし、この歌はたくさんあるベストアルバムにもあまり収録されていない。
でもって、コンサートでも歌わない。
故に陽水ファン以外には殆ど知られていない。

なぜなのでしょうか。

片思いの歌が万人受けしない訳がないのに!
宝の持ち腐れとはこのことです。

僕は思う。

セカンドアルバム「センチメンタルⅡ」とともに
「能古島の片想い」をシングルカットしていれば
現在、井上陽水の代表曲になっていんじゃないかと。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析