スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイライク鳥山明

こないだブックオフで鳥山明の漫画の中では
マイナーな本が100円で売られていたので買った。

これです。
鳥山明

ま、そんなにマイナーでもないか。

この中では「COWA!」が一番面白かったです。
ラストの船の件は感動した。
物語の冒頭が牧歌的にゆったりと描かれているのもいい感じでした。

「鳥山明○作劇場」の方はイマイチだったです。
もちろん絵はうまいんだけどちょっと読みづらかった。
ま、漫画の短編なんてものは往々にしてつまらないものですが。

でも空きページにに書かれている鳥山明自身の
エッセイ風マンガは面白い。
なにより鳥山明の人柄に好感が持てる。
富○とは雲泥の差だ。

さて、
鳥山明についてですが、僕はもちろん大好きだ。
このブログのプロフィール欄の
あだち充と高橋留美子の間に入れたいぐらい好き。
ただ好きといってもドラゴンボールしか読んだことがない。

しかもリアルタイムのジャンプ&アニメを
見ていただけだから今となっては細かなストーリーは
だいぶ忘れているわけだ。(5千円以内でドラゴンボール全42巻ゲットを企んでいるのだけど無理かなぁ。)

なので鳥山明ファンを公言する程の知識がないため
プロフィール欄に書くのは控えている。

それでも僕にとって鳥山明およびドラゴンボールの
存在はめちゃくちゃ大きい。

やっぱり子供の頃に読んで心躍らせたマンガだから
より面白く読めたのかもしれない。
今ジャンプでやっているワンピースとナルトも
ドラゴンボールテイストだから十分楽しめるはずなのでけれどなんか違う。
ドラゴンボールと比べるとどうしても劣ってしまう。

やっぱり鳥山明じゃないとダメなんだ。
ドラゴンボールが終わってもう丸10年・・・
そろそろ新しい長編マンガが読みたいのだがどうなんだろう。

鳥山明自身はもう二度と週間連載はしないと言っているけど
鳥山明ならまたやってくれると固く信じています。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【鳥山明○作劇場】
鳥山明○作劇場『鳥山明○作劇場』(とりやまあきらマルさくげきじょう)は、鳥山明のデビュー作品や読み切りなどを収録した漫画短編集。集英社のジャンプコミックスとして、現在3巻まで出ている。タイトルの「○作」は、「傑作」「駄作」など、読者が適当と思われる文字を
Posted at 2007.02.12 (23:41) by このマンガが読みたい!

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析