スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタクアイドル お笑い第三世代 

●12月7日に中川翔子の完全攻略マニュアル「しょこ☆まにゅ」が発売されました。これは中川翔子ファンなら買って損は無い。ムック本のような形式で楳図かずおとのデートや書き下ろし漫画や幼少から現在までのプライベート写真(勝彦ファンも必見)などなどボリューム満点です。
あと100パーセント確信犯だと思うけど裏表紙にサプライズ?があります。こちらも必見。
しょこ☆まにゅ

●最近文章の所々に「やい」と書いていることにお気づきでしょうか。誰からも訊かれないので自分から言います。「やい」とはスピードワゴン井戸田潤の新ギャグです。井戸田潤といえば「私認めないよ」「あまーい」を2連発で流行らした人なので今回の「やい」も絶対きっと数ヵ月後には流行ると思われます。
ちなみにやいとは突っ込みです。意味は「おい」とか「なんでやねん」と同義です。
皆さんも先取りして今から使いましょう。

●最近とんねるずについて考えることが多い。
とんねるずのコアなファンは80年代後半に青春時代を送った三十代半ばに多いと思う。
ナイナイファンにとっては有名な話だが岡村さんと矢部の初めての会話はサッカーコートで「岡村さん夕焼けにゃんにゃんって知ってます?ぼくあれ見てるとドキドキするんですよ」という矢部の気持ち悪い発言だ。岡村さんもとんねるずが好きだったのでこれを機に意気投合したらしい。
当時のジェネレーションにとってとんねるずの存在は相当なものだったのだろう。ただ80年代前半生まれの世代にとってとんねるずはイマイチのめり込めない存在だ。それは食わず嫌いでの落ち着いたイメージがあるからだと思う。
ただYOUTUBEで若かりし頃のとんねるずを見ているとやっぱり彼らは魅力的だ。ジェネレーションを扇動する兄貴的な勢いが感じられる。きっとその当時だったら僕もとんねるずのファンになってたんだろうな。
とはいえ僕が初めて買ったCDはとんねるずの「ガラガラへび」なわけでそれなりに昔から好きなんだけどね。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ギリとんねるず世代?の ぶる山です。
最近はサッパリですけど、 “ みなおか ” がまだ “ おかげです ” だった頃は好きでしたねー。
仮面のりだー、学園コント、矢島工務店、サンバーダードなどなど。…っつっても知らないかなー。
(ノ><)ノ ませガキだったので小学生のクセに “ ねるとん ” も見てたし。

どっちもボケてツッコめるフリースタイルだけど、貴明の下劣な暴走についていくのが嫌になって
いつしか見なくなりました。

…現在は、貴明=セクハラまがいの事も平気でやっちゃう下劣なおバカ、ノリさん=歌も上手いし
情報番組もできる秀才って感じですね。
Posted at 2006.12.10 (12:03) by ぶる山 (URL) | [編集]
仮面ノリダーは知ってます。それ以外は知らないですね。
深夜ラジオファンとしてはとんねるずのオールナイトニッポンを凄い聴きたかったなぁ~と思います。きっと面白かったんだろうなぁ。
食わず嫌い以外にもレギュラー番組やって欲しいのですが難しいんでしょうかね。ギャラ的に。
Posted at 2006.12.11 (02:14) by yuji (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析