スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れた名曲シリーズ 尾崎豊編

コアなファンになればなるほど
何故こんな素晴らしい曲をシングルにしないんだ!
と思うことはありませんか?
歌詞、メロディ、アレンジ、歌唱、全てにおいて
とんでもなく素晴らしい歌なのに・・・。
アルバムにひっそりと収録されているため
世間的には知名度があまりない。
特に一発屋歌手のファンなんかはそういう気持ちが強いと思います。
KANとか岡村孝子ファンなんかは(僕はどちらも好きですけどね)

それを人は隠れた名曲と呼びます。。。

ということで「隠れた名曲シリーズ」では毎回僕の好きなアーテイスト
の隠れた名曲についてつらつら書いていこうと思います。

第一回目は尾崎豊。

尾崎さんの有名曲といえば「ILOVEYOU」ですね。
あとは、「卒業」「15の夜」「OH・MY・LITTL・GIRL」
    「シェリー」「僕が僕であるために」。

たくさんあります。
しかし!これらの曲は尾崎さんの
ファーストとセカンドのアルバムに
収録されているんです。
尾崎さんは26歳までにオリジナルアルバムを6枚リリースしています。
つまり残りの4枚はあんまり知られていないんですね。
その中には隠れた名曲がたくさんあります。
では、厳選して二つ紹介。

まずは、

風の迷路(Birth収録)

この曲は、題名からも解るように迷路から抜け出せない心境が歌われています。
肯定するものは何もなく半疑問的に自問自答している歌詞が目立ちます。
「誰のせいでもない」とか「憂鬱な気持ちに包まりながら」とか「まだ先のことなんか何も見えやしない」とか「悲しみの行方に流されてしまいそう」とかネガティブな歌詞のオンパレード。
しかしメロディはさわやかで尾崎さんの歌い方も安らいでいる。
「忘れてしまいたいよ~」
と高音で力づよく歌う尾崎が痛々しい。名曲です。

優しい陽射し(放熱の証収録)

この歌は昔27時間テレビ内のドラマ(はしだすがこ脚本・菅野美穂主演)の
エンディング曲として使用されていた記憶があります。遺作となったアルバムに
収録されています。こんなにいい曲が作れるなら織田哲郎みたいなポジションで
プロデューサーとしても十分やっていけたんだろうなと妄想してしまいます。
本当のところはわかりませんが
亡くなる直前の尾崎さんはプロデュース関係の仕事も視野に入れていたとか
(いないとか)
この曲を聴いていると尾崎さんは死を予感していたのではと思う。
なんかこの歌は天国のイメージがあるんですよね。
あくまでも個人的なイメージですよ(笑)
あと、疲れた時に聴くと癒されます。

以上。おわり。




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析