スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルコ

●youtubeに岡村靖幸の動画(下段の方)がアップされていた。久々に有益な動画だった。「いじわる」「19」のPVとニュース23でのアチチチと聖書のライブ動画の3つ。PVの方は多分「岡村ちゃん大百科」に収録されているものだと思う。僕は大百科を持っていないので今回はじめて見た。この頃の岡村靖幸はルックスがまだ洗練されていない。特に「いじわる」のPVの最初の方は気持ち悪い。気持ち悪いってのは褒め言葉ですけどね。僕は靖幸ファンだからこの気持ち悪さの中にも可愛さを見出せる。つまりは今流行のキモカワイイを80年代にやっていたわけだ。すごーいすごーい。ニュース23に関しては二年ほど前の映像だから、ファンになりかけの頃だ。録画しながら見た記憶がある。当時は漠然と岡村靖幸はテレビに出てはいけないタイプの人だと思っていた。だからディルのMステ初出演みたいな感じになるのかなぁ~なんて想像していた記憶がある。そんなわけ無いのに。その頃はアルバム「家庭教師」からのイメージしか無かったから無理もないが。ニュース23のライブは声があまり出ていない。だけどこの時の踊りは凄い好きだ。聖書の前の「いくぜレッゴー」の言い方は素敵だし。アチチチの曲中に「TBS!」と執拗に連呼するのも良い。意外と胆力のある人なんだと思う、岡村靖幸って。なかなか生放送のニュース23に出演してTBS!なんて叫べないよ。

●先日しょこたんカバーと一緒にWilco(ウィルコ)の「Yankee Hotel Foxtrot」を買った。このアルバムは前から興味がありネットでいろいろ調べていた。僕の好みと合いそうな内容ばかりだった。相当期待値が高い状態で聴いたのだが予想を覆すことなく名盤だった。ウィルコとはカントリーバンドなのだがこのアルバムでは今流行の(?)音響系の少しシュールな音作りだ。レディオヘッドがロックというジャンルにおいてキッドAやOKコンピュータを製作したのならばウィルコのYankee Hotel Foxtrotはカントリーのジャンルからそれを実践したようなものだと個人的には思う。曲自体は断片的な音を繋ぎ合わせたような抽象的なものではなくてちゃんとしたメロディーがある。暗い曲が多いが救いのようなものもきちんと用意されていてなんか優しいアルバムだ。曲間にノイズが入るのだがこれは短波ラジオの音だという。ラジオをチューニングしているような雰囲気がある。ラジオ好きの人間としてはこういった試みはナイスアイデアだと思う。オススメの一枚。
DSCF0415.jpg

追記
前回記事にした「ヴィジュアルショック」。今、「hide memorial day2007」の特集が北海道では放送されている。なんて素晴らしい番組なのだろう。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析