スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラフ」映画化

「ラフ」が映画化らしいです!
来年の秋ごろらしいです。嬉しいですね。
あだち充さんってなんだかんだで実写化
に抵抗のない人なんですね。

いやっ、これは、素晴らしい事だと思います(拍手)

でもって主演(二宮亜美役)はタッチに続き長澤まさみです。
長澤まさみをまた起用するのはあだちさんのからの
要請なのではと睨んでいます。

というのも「タッチ」の時に南役の長澤さんには

「ぜひレオタードを着用して欲しい」

と直訴したそうなんです。

南と言えば野球部のマネージャーの前に新体操部員ですからね。
当然と言えば当然。

しかし、事務所側から却下。
ソフトにスケベな(?)あだちさんは憤慨した事でしょう。
そして失意の中であだちさんはピカッと閃いたのでしょう。

「ラフ」(水泳漫画)があるじゃないか、、、と!

こう考えると、あだちさんのニンマリ顔が想像できるではありませんか!


「ラフ」とは確かにあだち作品の中で完成度の面から見ればトップでしょう。
しかし「ラフ」の知名度って一般的には低いです(よね?)。
ってことは、まぁ、そういうことなんじゃないかと思うわけです。

決してあだち充を
冒とくしているわけではないです。


もう脚本は出来ているのかな。まだなら、
映画関係者の皆さん以下を参考にしてください。

まず、伝統行事「一日デート」は必須です。
あのじゃんけんで雛です。 わかりますね。
(みなまでいいませんよ)

あと桜並木の下、

大和「病院いくには遠まわりだろが」
二宮「ま、いいではないか」

も絶対なきゃダメ!

それとコミック5巻の「お似合いね」の巻も必要です。
この回の話は地味だけど
物語り全体から見ればある意味分岐点ですからね。

そして最後はあの例の終わり方(ウォークマンオチと命名します)
じゃないとダメですよ。
少し危惧する点はあのウォークマン
オチだけを断片的に使ってはいけないと言う事。
ウォークマンオチにはなが~いフリ
があってこそのアレですから!(アレって何だよ)
オリジナルを無視した終わり方はだめです。
あくまでも原作を大事にしてくださいね。

あ~でもウォークマンオチではラフファン(全国1000万人の)には
当たり前すぎるきらいもありますが・・・。

爺 「なんじゃ本命は負けそうなほうなのか」
二宮「ううん・・・勝ちそうなほうよ」
爺 「おやおや」

で終わるのも一興ですね。

と、まぁ。

そこら辺をちゃんと理解しているのか、とっても心配です。
なんだったら、僕がいろいろ手伝いますけど。
大和圭介もまだ決まってないんだったら僕が演じますから。

メガネの大和になりますけど

ソフトマッチョなんでいいですよね。

だめですか。

そうですか。



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析