スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ放出part2

「子供が確信犯的に笑いを狙ってスベる」
「人がスベッてるの見るの大好きやねん 子供でもオモロイもん、スベッってたら」とは元祖不細工芸人、ホンコンの言葉だ。昔、「ぐるぐるナインティナイン」のなかの“こだわりの居酒屋水かけ”というコーナにホンコンが出演したときエゲツナイ顔をしながら話していた。この間、テレビを見ていたらホンコンのこの言葉を思い出す出来事があった。先日アメリカで開かれる世界ジュニアゴルフ選手権の出場に際して、ハニカミ王子側が記者会見を開いていた。そこで隣に座っていたハニカミ王子の後輩である弱冠15歳の古田幸希くんが自己紹介でこう言った。「どうも僕はぽっちゃり王子なんで…」と。記者たちは、し~んである。古田くん焦り顔である。
僕が見たテレビでは古田君のスベッているところしか見れなかったけど、ネットニュースなんかでは「ハニカミ王子・ぽっちゃり王子の爆笑会見」というような見出しがあった。なので、つかみはスベッたがその後は爆笑だったのだろう。ホンコンの言う通り「子供が確信犯的に笑いを狙ってスベる」という光景は傑作だ。最初、ぽっちゃり王子と聞いた時、「これはいじめじゃないのか、マスコミよ」と思ったが自分から言ったのなら好感が持てる。古田くんは結構好きだぞ。中学のクラスに必ず一人はいるタイプだ。同じクラスだったら友達になるタイプだろうな。絶対古田さんエロいもん。

「地域的マイノリティ」
中学時代、日本史の授業中に教科書を見てみると日本地図に「北海道」は載っていない。日本地図の最北部は青森で終わっている。北海道(蝦夷)が出てくるのは日本史の教科書の最後のほうだ。坂本竜馬あたりの名前が出てくるまで北海道は登場しない。日本史のメインは室町時代~江戸時代だから、そこに時間をかける。明治時代以降(特に戦後)なんて駆け足だ。故に日本史における北海道の影は限りなく薄い。というか思ったんだけど日本史に限らずどの教科でもどこかしら教科書を省略してる。1年もあるのだから計画的にやれば全部フォロー出来るだろうに。学生時代、日本史を勉強するたびに北海道に住むものはどこかしら地域的マイノリティを感じ寂しくなる。少なくとも僕はそうだった。
ここ数日の台風も(あと本日の地震も)そうだ。この3連休北海道は普通に平和に晴れていた。23度前後で程よく心地よい暑さだった。しかし、テレビをつければ台風の深刻な被害を延々と伝えている。“台風”でブログ検索すれば1分単位で5つ6つのブログが即座にヒットする。同じ日本とは思えない。台風が日本列島に来るたびにそう思う。台風は大抵北海道には上陸しないが稀に来ることがある。しかしその際全国ニュースで台風情報は殆ど報道されない。結局九州や四国の台風情報が放送される理由は、それが大都会、東京に来る可能性があるからだ。昔、筑紫哲也がニュース23で東京を過ぎ去った台風が東北、北海道を辿る場合はちゃんと報道しないと駄目だなんて言っていた。北海道に住むものが言うのも変だがそれは無理な気がする。日本の中心は悲しいくらい東京だから。

「素材の美味しさのために私たちが出来ること」
大人とは何だろうか。この問いには人それぞれが一家言持っていると思う。「自分の発言、行動に責任をもてる人」「他人の痛みを思いやれる心を持つ人」「愛されるよりも愛したいマジでと思える心」などなど。最近思うのだが、ちょっとしか「たれ」をつけない人は大人だ。この時期でいえば、ざるそばやひやむぎ、なんかがそうだ。そばを箸ですくい麺つゆにつける際ジャブジャブと浸すのは子供のすること。箸ですくった麺の下の方(3分の1程度)だけを麺つゆに浸して口に含むのが大人である。これは到底子供に出来る芸当ではないだろう。だって、箸ですくった麺を下のほうにしかつけていないということは、はじめに口に含んだ麺はパサパサなわけだ。口の中が渇いていたら尚パサパサになることが予測される。最初はパサパサ、でもすべて口に含めば、めんつゆに浸した下方の3分の1も口に入る。故にそば本来の味と「めんつゆとマッチしたそば」を一口で同時に楽しめるのだ。大人だ。
他にもある。冷奴(ひややっこ)にドバッと醤油をかけたら子供だ。数滴垂らす程度がちょうどよい。お寿司はシャリに醤油をつけたら子供だ。醤油はネタにつけないと駄目だ。その際はもちろん醤油は少しだけ。先のほうをちょんとつけるだけに留める。焼き魚の横に添えられた大根おろしを醤油の黒で染めるのは子供だ。大根おろしの白が残る程度に醤油を垂らして食すのが大人。つまりは「素材の美味しさ」に気づいたとき人は大人となる。私はそう思います。

「売ってない」
岡村靖幸のインタビューが掲載される「MUSICA」は北海道では3日遅れの17日に発売されるようだ。どこの本屋に入っても先月号(くるりが変顔している表紙のやつ)しかなかったので店員に訊いてみたら17日に発売とのことでした。ネットでインタビュー内容について調べたところかなり嬉しい情報があったみたいだ。岡村ちゃんの最新の写真も掲載されているらしい。東京環境会議の頃より格段に痩せてかっこよくなっているようだ。CG処理で痩せているように施しているのではないか、なんて叫ばれるほどスリムみたいだから楽しみだ。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

MUSICA
初めまして
楽しみにしていたのに残念です。
昨日予約しました。
Posted at 2007.07.17 (12:58) by ピーチくん (URL) | [編集]
はじめまして。コメントありがとうございます。

ムジカ、17日に無事買いました。
凄かったですよ。感動しました。
Posted at 2007.07.18 (02:30) by yuji (URL) | [編集]
サイコーです。
“たれをチョットつけるのが大人”論。さすが?目の付け所がサイコーですv-391。いや、最初に“大人ってどう思います?”って聞かれたんでワリと真剣に考えてしまった所へ、そこか!みたいな。そして共感。みのもんたに賛同する“おじょうちゃん”たちの如く共感してしまいました。…この論でいくと僕は子供です(笑)。

ちなみに僕が考えた“大人”は、正社員(≠フリーター)。この論でも子供です!
Posted at 2007.07.19 (22:46) by ぶる山 (URL) | [編集]
どうも~。
「そばの大人な「たれ」のつけ方」の意味が読み手にちゃんと
伝わる文章になっているのかが不安だったので無事伝わって何よりです。
本当はもっと解りやすいようにYOUTUBEから「大人なそばの食べ方」を
している動画をリンクしようと1時間弱探していたのですが見つからないので諦めました。

“たれをチョットつけるのが大人”論でいくと僕は最近大人ですが
YOUTUBEで「そば どっちの料理ショー」や「蕎麦 粋な食べ方」と
必死に検索した自分は子供だと思いました。
Posted at 2007.07.20 (02:30) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析