スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボール・三十六巻

グレートサイヤマン編ドラゴンボールは格闘漫画である。ドラゴンボール(無印)は戦闘を取り入れた冒険活劇であるが、ドラゴンボールZは完璧に格闘漫画だ。孫悟空をはじめとする登場人物は常にフリーザやセルなどといった悪者と派手に戦っている。この戦いこそがドラゴンボールの魅力であり全てであるといっても過言ではない。しかしフリーザやセルなどの悪者を倒した後は地球に平和が訪れる。平和だと戦う理由が無い。といってもすぐに悪者が新たに登場するので平和はすぐに脅かされまた戦闘漫画になる。しかし短いものの平和の日々というものは存在する。悟空等が特に何をするでもなく牧歌的に日常を過ごすという描写が必然的に描かれる。

しかし、ドラゴンボールという漫画は戦闘が主だ。故に平和は物語り上の「つなぎ」であり「おまけ」だ。漫画だと1話分だけ、アニメだと原作に追いつかないための引き伸ばしのためオリジナルストーリとしておよそ4~5話の間だけ平和になるのだ。僕はその何でもない日常を描いた平和(つなぎ)なドラゴンボールが割りと好きだ。フリーザ編の後の人造人間が襲って来るまでの間の修行の日々やカメハウスでの何気ない会話、アニメのオリジナルだが、悟空とピッコロが車の免許をとるストーリなんかは特に好きだ。このようなドラゴンボールの戦いと戦いの間の休息が一番長く描かれるのはセル編のあとだ。俗に言う、グレートサイヤマン編だ。

本来はセル編と魔人ブウ編の間の単なる”つなぎ”だが、それにしては、グレートサイヤマン編は長い。コミックでいうとドラゴンボール・三十六巻はまるごとグレートサイヤマン編だ。僕はリアルタイムで悟飯が主役のグレートサイヤマン編をジャンプで読んでいたがこの長さには大変驚いた。長さだけではない。つなぎにしてはプロットが出来すぎているのだ。グレートサイヤマン編の概要は、(説明するまでも無いと思うが)セル編で死んだ孫悟空の息子・悟飯が主人公であり、16歳になった悟飯は今までは通信教育で勉強していた。しかし教育熱心な母親であるチチ(父という意味ではない、そういう名前だ)の働きによりサタンシティにある高校に通うこととなった。正義感の強い悟飯はサタンシティで悪いやつらを見かけると見過ごせないため助けるのだが顔がばれると学園生活に差しさわりがあるので変装する。変装した姿がグレートサイヤマンだ。グレートサイヤマンであることを隠しながら学園生活を送る。しかし同じクラスメートであるミスターサタンの娘ビーデルに正体を怪しまれる。悟飯は四苦八苦しながらも学園生活を送るというギャグコメディのような内容だ。

「ドラゴンボールが普通の漫画になってしまった!」当時の僕の口癖だ。つなぎの範疇に収まらぬほど物語として成立している。ビーデルは可愛いし、新キャラの悟天やトランクスもいい。ドラゴンボールの今までのキャラを駆使すればDrスランプアラレのようにいくらでもネタが思いつくだろう。もう戦闘漫画ではないのだろうか。僕は先述した通りグレートサイヤマン編のような鳥山明が描く「普通の漫画」な感じが好きなのでこれはこれで大いにアリだったのだが。Z戦士の戦闘力インフレ中毒に犯された当時の友人たちは「こんなのドラゴンボールじゃない」と批判的な意見が多かったように記憶している。

結局、グレートサイヤマン編はやがて開催される天下一武道会の日に向けZ戦士が集合し、そこには案の定、新たな悪者が登場する。鳥山明は最後の力を振り絞り「魔人ブウ編」へと移行するわけだ。今振り返るとグレートサイヤマン編は「魔人ブウ編」(果てはドラゴンボールGTもか)へのために必要な物語であるのだけど、それでも勘ぐってしまう。あわよくば、鳥山明はギャグ漫画としてグレートサイヤマン編をもっと長く続けたかったのではないか、と。グレートサイヤマン編を「ちびっとだけ」続けて終わりたかったのでは、と。だってグレートサイヤマン編こそ鳥山明の真骨頂だから。

付記
こないだ、このブログの存在を明かしている数少ない友人と会った。なんとなく僕のブログの話題になり言われた一言「○○的、って言葉、好きだよね。必ず使ってるよ」…そんなこと無いだろと思いつつも読み返してみた。本当だ。殆ど全ての記事で「○○的」って使ってる。いっそ「○○的のすすめ」にタイトル変更しようか。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
「~的」ってのはナイナイ語じゃないですかね?僕も非常に良く使いますよ。あと「~の方向で」とか。

昔、ナイナイナでやべっちが「マイナス○○(←数字)」と書かれたゼッケンを「引くことの域や!」 と突っ込んだのとか、ファンそれぞれの(好きな)ナイナイ語録があるのでは?
Posted at 2007.08.31 (17:09) by ぶる山 (URL) | [編集]
No title
ナイナイ語ですか、なるほど。
特に岡村は、いつも~~的って使いますね。
知らない間にナイナイに影響されているみたいです。

僕は「空前の○○ブーム」が好きです。
Posted at 2007.09.02 (02:22) by yuji (URL) | [編集]
No title
ドラゴンボールZがハリウッドで映画化!?というニュースがネットで載ってました。
この話、私が学生のころからあったんですけどね・・。
私の実写版キャストは悟空は香取くんかツマブッキーです。
Posted at 2007.09.05 (11:29) by ぢもと (URL) | [編集]
No title
映画化の話題は時々出てますけど、どうなんでしょうか。そもそも、映画化する必要ないと思いますけどね~。
天下一武道会でマジュニアと戦う時の青年の悟空ならツマブッキーは最適だと思います。
Posted at 2007.09.05 (19:14) by yuji (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析