スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル×野球×復習

●覚えているだろうか、エンジェル伝説。今年の初めの方に、本ブログで頻繁に記事にした八木教広の漫画「エンジェル伝説」。僕が今まで読んだ全ての漫画に順位をつけるとしたらエンジェル伝説はかなり上位にランクインする。それくらい面白い漫画だ。
あらすじを簡単に説明する。主人公は高校生の北野くん。彼は天使(エンジェル)のような優しい心の持ち主なのだが、顔がまるで悪魔のように怖い顔なのだ。顔面凶器なのだ。北野くんは優等生として普通に学園生活を送るのだが、周りの人たちは、北野くんを顔でしか判断しない。そこに、誤解が生じ、やがて北野くんは高校の番長に君臨することになる。物語が進むにつれ誤解は膨れ上がり最後には極悪人の大番長として地域レベルで有名になる。本当は心優しいのに、顔でしか判断されないという、考え方によってはシビア(あるいは社会派)な設定なのだが、エンジェル伝説はギャグ漫画である。僕がこの漫画に惹かれるのは上記の設定をギャグ漫画として昇華しているという点だ。しかもそこら辺のギャグ漫画より笑える優秀なギャグ漫画。なので、軽い読み物として、暇つぶしのための消費として、読み流すことも出来る。ただ、ふとした瞬間思うはずだ。「あれ、実は深くないか、エンジェル伝説」と。そう思い改めて読み返してみると、まー名作なんです。エンジェル伝説は!で、なんでこんなことを書いたかというと、ニコニコ動画にエンジェル伝説のアニメ(OVA)が2話分アップされていたからだ。興味心身で見たのだけど、漫画の良さを損なわない出来になっている。声優も豪華だし。原作とは違う展開になっているところも多少あるけど、許容できる範囲だ。

●近年の巨人戦の視聴率低下により、プロ野球の関心は低い。自分はもともと野球に興味が無いので、この先野球中継が皆無になっても個人的には全く不都合しない。むしろペナントシーズンでもゴールデン番組(主にバラエティ)が休みにならないので嬉しい。ただ、今年の、プロ野球は、セ・パ共にハチャメチャに面白いらしい。これほど終盤まで白熱した、まるでシナリオライターが存在するかのような、ドラマチックなペナントはなかなか無いみたい。TBSJUNKを聴いても爆笑問題の田中や雨上がりの蛍原は相当熱く今年のペナントがいかに凄いかを語っている。自分の周りの野球好きの知人も、田中・蛍原と同様に「今年のプロ野球は面白い!」と話ている。
これほどまでに面白いと周りが騒いでいるとつい見てみたくなるものだ。しかも今日(10月2日)は巨人が優勝するかもしれないらしいし。久々に野球でも見るか、と思いネットのテレビ欄を見た。…地上波では中継してないではないか。日テレの8時台の番組には巨人が優勝した場合は臨時番組あり、みたい文面があっただけだ。結局、劇的なサヨナラで優勝しちゃったし。これが10年前だったら視聴率40パーセントくらい取ってた気がする。ちょっと悲しいものがある。でも、僕みたいな野球に特に興味の無い人が、たまには見てみようかと思い立ち、放送されていない事実を知ったときの「微小ではあるが確実に存在するフラストレーション」が、いつの日か野球人気を取り戻すために今の時期には必要なのかもしれない。

●「HUNTER×HUNTER」のコミックが約2年弱ぶりに発売するというニュースに喜んだものの、冷静に考えればストーリーは完全に忘れている。見事なほどに忘却の彼方だ。当たり前だ。難解な内容だし覚えておかないと意味の解らない概念(念とか)がたくさんあるし。多分コミック買っても15巻辺りから読み返さないと駄目だ。あと、1年に1巻のペースの井上雄彦の「リアル」もそろそろ早いもので発売の時期だが、こちらも完璧に忘れている。登場人物の名前すら一人も思い出せない。思い出せることと言えば、去年発売されたリアルの「ラストは泣ける」ってことくらいか。復習しないと。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析