スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依存と心配

我が家では、6年前にインターネットが開通した。ただ、その頃は父の所有しているパソコンが1台、リビングにあるだけだった。しかもそのPCは父が仕事で頻繁に使うものだったから、当時僕がネットに触れる機会は殆どなかった。せいぜい2週間に一度(それも30分程度)くらいしかネットをしていなかった。それでも全く不満はなかった。しかし、その一年後、バイトで貯めたお金で自分専用のパソコンを買い、自分の部屋でインターネットが出来る環境になってから、ネットは日々の習慣となった。特にブログをはじめてからというもの、テレビを付ける感覚でPCを起動している。家にいる時間の大半はPCを起動している。別に調べることがなくても付けている。テレビと同じだ。見ないけど、BGM代わりに流しているのと同じ感覚だ。完璧にネットに依存している。

これだけ恒常的にPCを酷使しているのだから、当たり前だが、最近PCの調子が良くない。ドライブは完全に壊れていて何も読み込まないし。データーをPC内に溜めているわけでもないのに「ディスク領域不足」のアイコンがしょっちゅう表示されるし…。いつ壊れてもおかしくない状態だ。実際に、ネットに接続できない時もたまにある。しかもその頻度は日々上昇している。

PCが壊れてネットがある日突然出来なくなるシチュエーションを想像するとぞっとする。だってある意味ネット中毒者だもの。ネットが出来なくなったらどうなる?まず、好きなミュージシャンや作家の情報手段が絶たれる。岡村靖幸の復活だってネットがなければ、知る機会はずっと遅れてただろうし。お気に入りに登録し、ほぼ毎日読んでいるサイトやブログが読めなくなる。動画サイトが見れなくなる。想像するだけで身震いしてしまう。もちろん壊れたら、すぐに修理するなり新しいPCを買うなりするだろう。でもそうなると最低でも1週間はネットと断絶した生活を送ることが強いられる。たかが1週間されど1週間。修理の場合、下手したら1ヶ月以上かかるかもしれない。絶えられるのか、自分。すごく心配だ。

これと似た心配は8年前にもあった。2000年のちょうど今頃の話だ。当時、高校生だった僕は、相当なテレビっ子だった。テレビ(特にお笑い番組)が大好きだった。もう、完全にテレビに依存していた。2000年の10月頃、部屋のテレビが急に壊れた。突然砂嵐になったのだ。テレビっ子の僕はショックを受けた。その時は、5分ほど放置していたら勝手に直った。だが、それからというもの、テレビの映りが悪くなる頻度は上がっていった。幸いにも映りが悪くなっても、ある程度の時間放置したり、コンセントの接触をいじったりすれば直った。

ただ、僕は心配だった。このテレビは日を追うごとに着実に寿命へと近づいている。このペースで行けばちょうど2ヵ月後の年末年始に壊れるのでは、と。年末年始といえば特番だ。テレビっ子にとって、これ以上の楽しみはない。しかもミレニアムだ。20世紀から21世紀をまたぐ瞬間に壊れたりしたら…。想像しただけでぞっとした。結局、そのテレビは2001年の夏頃に壊れた。ミレニアムの年末年始の特番は無事見られたのだけどあの時は心配だった。

上記のような類の心配は、人に対してもある。つまり、自分が依存している人が突然居なくなることを想像して心配になることがある。例えば、子供の頃は(これは誰もが一度はあると思うが)「親の死」だ。自分よりも30年も年上の親。いづれは必ず、半ば宿命的に親の方が先に亡くなる。子供の頃はその模様をリアルに想像して枕をぬらしたこともあった。しかもそれは誕生日だとかクリスマスだとか、家族が幸せな時ほど想像して心配になってしまう。厄介なものだ。小学生の頃は友達に対してもそうだった。さすがに「死について」は考えないけど(同世代だし子供だし)。特に仲の良い友達に対しては「もしアイツが突然転校したら嫌だな」とか思い勝手に心配になった。

依存している人に対して上述のような想いを伝えると「いい奴じゃん」みたいな、好意的に思われる場合が多いのだが、これは違う。だって結局は自分のことしか考えていないのだから。自己中だ。しかも心の奥底では伝えることで、自分にとってはただの自己中な『心配』が、相手にとっては『友情』やら『愛』やら、好都合に変換されることを、承知しているのだからたちが悪い。

付記
春風亭小朝の離婚会見をチラッと見た。なんか小朝に同情してしまう。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
森山未来の熱愛発覚について、
いまだに、セカチューの長沢まさみの彼氏、と
表現されていることを心配しています。

Posted at 2007.11.14 (21:02) by ぢもと (URL) | [編集]
No title
森山未来が熱愛報道されていたなんてしりませんでした。というか長澤まさみと付き合っていたことも知りませんでした。
ひとそれぞれ心配事は違うんですね。
Posted at 2007.11.15 (03:02) by yuji (URL) | [編集]
No title
映画の中での恋人の話ですけどね。
Posted at 2007.11.15 (11:51) by ぢもと (URL) | [編集]
No title
あ~、そういえば、空港で「助けてください!」って叫んでましたね。
Posted at 2007.11.16 (00:44) by yuji (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析