スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰謀があった方が面白いもんね

GyaOでかれこれ1年半以上もの間、放送されている中川翔子の番組『溜池NOW』。この番組がはじまった頃はまだ中川翔子が本格的にブレイクする前だった。従って、溜池NOW初期時はしょこたんファンにとってかなり重宝されていた番組だ。動いている中川翔子が見たいのならこの番組を視聴するしかなかったのだから。確か「王様のブランチ」のレギュラーを卒業してから数週間後にはじまったんだっけ。溜池NOW初期のころは毎回ありがたく視聴していた。しかし、紅白歌合戦初出場も決定し、レギュラー番組も多数抱える超売れっ子になった昨今、溜池NOWの当初のありがたみは薄れてきている。それに加え、この番組、最近は面白い内容の企画が少ない。また(これは個人的な問題だが)中川翔子に対する慢性的な〝飽き〟が来ているため、最近は殆ど視聴していなかった。しかし今回の溜池NOWは非常に面白い。久々のヒットだ。

企画内容は「都市伝説サミット アニメ編」だ。文字通りアニメに関する都市伝説を語り合おうというものだ。ゲストには岡田斗司夫、お笑いコンビ号泣の島田秀平など(その他よくわからない人たちの計6人)が集まりアニメの都市伝説についてサブカル臭を漂わせながらワイワイと語っている。「サザエさんのブラックマネー」「名探偵コナンに登場する謎の黒幕組織の真相」などに関する都市伝説が披露されていく中で最も興味深かったのは時々話題に上る「ジャンプ編集部関連」についての岡田斗司夫による話だ。主にジャンプ編集部という組織のちょっと変わった体質について語られている。以下「ジャンプ編集部関連」について話された内容を二つピックアップして紹介しよう。

一つ目は、「DEATH NOTE」の原作者・大場つぐみがラッキーマンの作者「ガモウひろし」なのではないかという噂について。これは結構有名な話だ。今さら話題にする内容でもない。中川翔子や岡田斗司夫などのオタク集団の中では何の新鮮味も無い話だろう。案の定、みんなその噂は知っていたみたいだが、話の核は、大場つぐみ≒ガモウひろしなのでは?という噂についての「ジャンプ編集部の態度」だ。なんでも集英社サイドは一切隠すつもりは無いらしく「デスノートの原作者?えぇ、ガモウひろしですけど、何か?」みたいな態度を平然と取っているという…。大々的にインフォメーションはしていないが、だからと言って隠すつもりは毛頭ないらしい。一応世間的には否定も肯定もしていないだけ…。なんだよそれ。じゃあ、ガモウひろしに最初からすればいいのに。

ちょっと話はずれるが…、大場つぐみの名前の由来について、読者カード至上主義のジャンプにおいて人気の無いジャンプ連載人に対するスラングだという説が有力だと言う話になった時。しょこたんは「デスノートのようなシナリオは考えられてもガモウひろしが描くとラッキーマンみたいな絵になってしまうから(ガモウひろしの絵が)大バツという説もありますよね」と半笑いで言っていたのだが、そんな説あるの?初耳なのだが。しょこたんの個人的な感想を無理やり「説」という衣に包んで言っている様な気がしたのだが。

二つ目は、『ヒカルの碁にかけられた○○人からの圧力』について。「ヒカルの碁」のクライマックスの舞台は日中韓で行われる碁の国際大会だ。主人公のヒカルが韓国人に負けた所で物語は終わる。少年漫画なのに不自然な負けで終わりなのだ。これは韓国人からの圧力ではないかという都市伝説だ。そもそも、現在碁というものは日本よりも韓国や中国のほうが盛んなようで、従って碁の実際のチャンピョンは日本人ではないそうだ。『ヒカルの碁』は韓国でも人気のあった漫画のため、韓国人からの圧力があったことも十分考えられる。故に最終回でまさかの「主人公が韓国人に負ける」という不可解なラストになったのではという都市伝説。

この都市伝説に対しての岡田の発言が興味深い。「ジャンプ編集部は基本的には硬派だから国程度の圧力には動じない。アメリカ大統領から言われたって屈しない。他所からの言うことはまず聞かない。まあ自分のところで決めた連載を延ばすという決定は漫画家を説得してでも守らせるけどね」。なんだか妙な説得力がある。岡田は何を根拠に喋っているのかは知らないが、納得してしまう。なんとなくジャンプ編集部ってタカ派のようなイメージがあるし。自分の所の論陣を敷衍していく強硬な姿勢がジャンプ編集部からは容易に想像できるものね。

上記の話を聞いたしょこたんは、「納得いかないですね。そんな陰謀があってヒカルが負けたのなら悔しい。勝ってほしい」と結構本気で怒っていた。しかし、話の内容が内容なだけに少々グレーゾーン気味であることをその場にいた皆が察知したのか最後は、
「まあ、陰謀があった方が面白いもんね」
「そうそう、それが都市伝説の醍醐味ですから」
とフォローし、笑いあい、頷き合っていたのが一番面白かった。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
トラバさせてくださいな。
Posted at 2008.01.04 (03:10) by ジョニーA (URL) | [編集]
No title
トラバ、ありがとうございます。承認しました。
Posted at 2008.01.04 (21:37) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析