スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブカルのすすめin2007

8日ぶりの更新。かれこれ2年以上ブログをやっているけど8日間も更新を空けたのは今回が初めてだ。ネタが無かったわけではなく(まあネタも特別無いんだけど)単純に仕事が忙しかっただけです。まさに忙殺。ブレイクしたお笑い芸人あるいはアシスタントを雇っていない週刊連載の漫画家くらいの忙殺の日々だった。そして明日から大晦日までの6日間も、また忙殺の予定。なので今日の記事が2007年最後の記事になる可能性大だ。ブログの右側に新たにプラグイン設置したインフォメーション内の方は更新する予定ですが。ということで、今日の記事は「サブカルのすすめin2007」と題し2007年を振り返ってみようと思う。

祝・岡村靖幸復活
やはり2007年といえば岡村靖幸の復活だ。この先、5年10年先に、今年を振り返ったならば2007年は「岡村ちゃんが復活した年」として個人的には記憶されることになるのだろう。ファンの間では今年の春頃に出所するのではという説が有力だったのに、まさか3月に復活とは思わなかった。しかも東京環境会議という注目度の高いイベントでの復活。だいたいメジャーに復帰できるのかも怪しかったのに。実に鮮やかなメジャー復帰だ。岡村ちゃんの周りには親切な人が多いのか、または岡村靖幸という存在が親切な人を呼び込む何かをもっているのか、どちらかはわからないが、これほどまでにすんなりと順調にメジャー復帰出来たことはラッキーと言えよう。
レコード会社は以前と同じデフジャム、事務所は以前の吉本興業と比べると遥かに弱小事務所(ミスターちんが稼ぎ頭の事務所)な「ノータイトル」という名前の事務所だが拾ってもらえただけでも有難い話だ。今改めて考えると吉本興業に岡村ちゃんは合わない。すごい不自然だ。多分旧友の小室哲哉やデーモン小暮が所属しているから、その関係で吉本に入ったのだろうけど、岡村ちゃんが吉本って変だ。ノータイトルは規模からして家族的で親密な組織の可能性が高いし、岡村靖幸としてはそっちの方が良いだろう。ツアー最終日のコンサートが延期の際のオフィシャルサイトでの対応も、そつなくこなしていたと思うし。案外いい事務所なのかもしれない。ファンからの悪意とフラストレーションがヒシヒシと籠められた野次「診断書みせろ!」に答えたのか本当に診断書の画像をアップしていたり。吉本の大雑把な体質とは違いシステマティックな部分がノータイトルにはあるように思う。ノータイトルは2002年に設立された若い事務所らしいので岡村靖幸と共に右肩上がりで成長していってほしいものだ。
3月に東京環境会議での復帰が決まった頃はかなりの高確立で2007年中に岡村靖幸のニューアルバムが聴けると思ったのだが、いまだにリリースされていない。唯一の残念だ。来年の春頃までにはリリースしてほしい。まあ、シングルをリリースしてツアーをやっただけでも十分有難いのだが。

祝・XJAPAN再結成
XJAPANの再結成(XDAY)は10月22日。東京のお台場でのPV撮影をもって世間的に大々的に発表されたが、再結成の噂は岡村靖幸と同じく今年の3月頃からあった。再結成の布石となったファーストインパクトは、TOSHIの個人オフィシャルサイトでの再結成を示唆する内容の文章だ。今年の3月頃といえば僕の中のX熱がなぜか再燃していた時期だ。だから再結成を示唆するTOSHIの文章が掲載された数時間後に僕はTOSHIのサイトにアクセスしこの文章を読み興奮した覚えがある。
それ以後TOSHIは単独でいくつかの雑誌で再結成についてのインタビューを受けていた。しかしそのインタビューが掲載された雑誌がすべて、胡散臭い雑誌だったこと。再結成の旨が書かれたTOSHIの文章が突然削除されたこと。肝心のYOSHIKIが再結成を否定したこと。等々があり再結成の話は暗礁に乗り上げた。誰もがTOSHIによる壮大な釣りか?と疑い半ばあきらめかけた10月になってまさかの再結成。しかし恒常的な再結成ではなく、むしろ反対で、きっちりと終わるためのケジメとしての再結成らしい。まあ、XJAPANはアルバムがインディーズも合わせて4枚しかリリースしていないから、ニューアルバムと来春に行われる予定のライブを収録したライブDVDのリリースをしてくれれば個人的にはとりあえずOKだ。来年は岡村靖幸と併せてXJAPANのニューアルバムに期待だ。

ニコニコ動画のヘビィユーザー化
岡村靖幸の復活の舞台となった東京環境会議。この模様は後日スカパーで放送された。自分の家はスカパーに入っていないから見れなかった。スカパーで見た人が録画してようつべにアップされるのを待つしかないわけだ。しかし、スカパーで岡村ちゃんの復活ライブが放送されてから1週間以上経ても誰もアップしないという異例の事態。さらにもう1週間ほど経ったある日、この映像がニコニコ動画にアップされたことを知った。僕とニコ動の出会いである。でもその時のニコ動は今ほどの躍進状態ではなかった。故に岡村靖幸のスレッドでは「なんでようつべじゃなくてニコニコ動画なんだよ。ふざけんな。登録なんてしたくねぇよ」みたいな書き込みがたくさんあった。今では考えられない。実際その頃のニコ動は「ようつべからの転載」の動画が多くを占め、それほど魅力はなかった。しかし僅か数ヶ月でニコ動は急成長し、すっかりニコ動のヘビィユーザーになってしまった。やぱりアニメが全話アップされているってのは凄い。本ブログでも感想を書いた「エヴァンゲリオン」「ベルサイユのばら」の2作はニコ動で視聴したものだ。どちらも面白かったなぁ。

「HUNTER×HUNTER」再開そしてまた休載
今年の10月から10週連続で連載再開された「HUNTER×HUNTER」の緊張感は凄かった。10月から12月中旬までの間は毎週月曜日に立ち読みしながらニヤついてた。感想は既に何度も書いているのでここにはあえて書かないがワクワク感が味わえる良作な漫画だった。そういえばハンターハンターを立ち読みしていたら隣に10歳くらいと思しき少年も同じくハンターハンターを読んでいたことがあった。…理解できているのかな。心配してしまった。もしわからない所があったなら言ってくれれば説明してあげてもよかったのだけど。「ナックルの念能力はつまりね、いわゆるナニワ金融道に出てくるような悪質な消費者金融みたいなものでさ、まずオーラを強制的に貸し付けて‥‥」みたいな。自分の子供時代を振り返ると、わからないなりに楽しめるものなんだよな、本って。来年の春頃(なんか今日の記事は「春頃」を多用しているな)には連載再開してほしいものだ。

鳥居みゆきを知る
11月の初旬、カンニング竹山のラジオで鳥居みゆきを知り、久々にお気に入りの芸人が出来た。先週レッドカーペットというゴールデン番組に出演し、少々話題になったようだ。レッドカーペット放送後の3日間ほどヤフーで「鳥居みゆき」をワードに検索すると本ブログが随分と最初の方に表示されていたみたいで、相当の人数が訪れたみたいだ。そういえば、テレ朝の特別ドラマ「氷点」について記事を書いたときもウィキペデアの次くらいに表示された。こういうなぞの現象がたまにあるけどなんか変な汗をかいてしまう。いつもより一桁多いアクセス数があるとさすがに焦る。
さて、鳥居みゆき。これから先本格的にメジャーになるのか、マイナーながらも固定ファンがいる存在になるのかどちらかわからないが(後者の方が馴染むと思うが)、いずれにせよ来年も応援していこうと思う。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
私も2007年を振り返る記事をボチボチ書いてます。岡村ちゃんのライブと「HUNTER×HUNTER」の事は欠かせませんね、やっぱ。
検索といえば、「タモリ 再発」でググるとこのブログが一番最初に表示されましたよ。ご存知でした?
Posted at 2007.12.25 (20:16) by 寒月君 (URL) | [編集]
No title
あ、しまった。あの、「寒月君」っていうの、私です、shallowです。寒月君は別のところで使ってる名前だ(笑)。
Posted at 2007.12.25 (21:39) by shallow (URL) | [編集]
No title
2007年を振り返ってるshallowのブログを見て真似させていただきました。来年も岡村靖幸とHUNTER×HUNTERの記事が書けるよう、岡村ちゃんと富樫にはがんばってもらいたいです。というかXJAPANやら鳥居みゆきやら、来年の活動が明確でない人たちばかりなのが心配です。

「タモリ 再発」の検索結果、知りませんでした。今調べてみたらヤフーでもグーでも一番最初に表示されました。恐縮です。

コメントの内容でなんとなくわかりました、寒月君。一応夏目漱石関連なんですね。
Posted at 2007.12.25 (22:34) by yuji (URL) | [編集]
No title
来年も、楽しませていただきます!
端のインフォメーション、
すっごく立派に見えます。
うらやましいし、おもしろいです。
Posted at 2007.12.28 (00:48) by ぢもと (URL) | [編集]
No title
ありがとうございます。
インフォメーション、いい感じですよね。自分でも気に入ってます。
Posted at 2007.12.29 (21:06) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析