スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカ天2007復活祭

30日に放送された「イカ天2007復活祭」。復活といってもまた再開されるわけではなくて、17年前に流行った「イカ天」とは、どういった番組だったのかを当時の時代とてらし合わせて振り返るといった感じのダイジェスト放送だった。ダイジェストだったけどかなり楽しめた。昭和から平成に変わる時代に一世を風靡した番組らしいが、納得。面白い番組だ。それにしても今改めて見ると、当時の若者の群像というかバブル時の若者のはしゃぎっぷりが痛くもあり寒くもありウザくもあり…。「うわぁ~、やっちゃってるなぁ」という素人がたくさんいた。そんな中、ビギン、FLYING KIDS、BLANKEY JET CITY辺りはやっぱり他とは一線を画しているように見えた。纏っているオーラが最初から違う。確固たるオリジナルが最初からある。明確で一貫性のある方向性が最初から定まっているような気がする。〝最初から〟ある程度土台が完成されているというのが重要なのかもしれないな。だってビギンなんてイカ天初登場で歌った曲が名曲「恋しくて」だし。凄いよ。

イカ天出身でメジャーデビューし最も有名になったバンドは、「たま」だ。上記のような調子に乗ったいわゆる頭の悪そうな若者に交じって登場したたまは別格だ。あの異様な風貌は浮いている。当時(平成元年)じゃなくても浮くだろう。いつの時代でも漏れなくシュールに浮くのだろう。でもあの異彩さは本物だ。ちょっと、たまを侮っていた。そういえば、以前「愛は勝つ」のKANについて書いたとき、こんなことを書いた。「KANは世間的には同時期に流行った、大事MANブラザーズバンドの「それが大事」、たまの「さよなら人類」と同じく一発屋に見られているが実は多くのミュージシャンからリスペクトされている実力派だ」と。つまりはKANは大事MANブラザーズバンドやたまと比べると同じ一発屋でも格が違うんですよ、みたいなことを書いた。これは訂正したいと思う。たまも凄いよ!!「イカ天2007復活祭」を見た後ニコ動で「さよなら人類」のPVを見たのだが(案の定イカ天から流れた人が多いみたい)神曲すぎる。ニコニコ動画の画面に流れる歌詞の解釈について書いたコメントを読んでゾクゾクしたよ。この歌詞にこめられたメッセージが解釈の仕様によっては秀逸すぎるんだ。「さよなら人類」が流行った頃に既に大人だった30代後半以上の人ならみんなこの歌詞の本当の意味をわかっているのかな。有名なサビの部分、

今日人類がはじめて木星に着いたよ 
ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ



たまに特に興味がなければ意味不明な歌詞としか受け取れないが、これは実は深い歌詞だ。木星というのはどうやら将来の地球のようだ。そして見慣れない言葉の「ピテカントロプス」とはジャワ原人の別称だ。つまり核兵器(他の部分で核兵器を連想させる歌詞がある)で地球が木星みたいになって、人類はピテカントロプスのようにサルに退化する。だから、さよなら人類なんだそうだ。サビ以外の歌詞もすべて解釈によっては意味深長なメッセージを含んだ歌詞なのだ。詳しくはこちら。山下清みたいな白のランニングシャツのせいで色眼鏡で見られがちだが、たまはイカ天が生んだ最高のバンドなのだ。

31日の午後11時過ぎからこの文章をツラツラと書き始めたのだが、気づけば2008年になっていた。カウントダウンのないダウンタウン(駄洒落じゃない)の番組を見ながら書いていたので年越しの瞬間に全く気づけなかった。ということで明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

あけオッパッピーです♪
“たま”はシュールでいて深いですよね。僕は小学生当時、ワケも分からず好きでした。ギターの知久って人は、さくらももこと仲良しなんですよ。なんか面白いでしょ。何か世界観通じません(笑)?
…なるほど、サビ部分は映画『猿の惑星』に通じるものがありますね。僕は好きな映画です。賛否両論ですけど。
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=1278
Posted at 2008.01.01 (01:07) by ぶる山 (URL) | [編集]
どうも
確かに、ちびまるこちゃんのモチーフになりそうなキャラですね、たまの人たちは。

そうなんですよ。僕も同じく猿の惑星と似ているなぁと思いました。
Posted at 2008.01.01 (01:34) by yuji (URL) | [編集]
No title
私もその番組観てました。
そして約20年抱いていたたまのイメージ払拭。
たまってば天才じゃないですか!
音楽の時間に「さよなら人類」をよく歌っていたので(授業の導入として流行音楽をうたうコーナーがあった)、
歌詞もよく覚えていますが、
「楽曲」としてあんなに優れたものだったとは!

どうぞ今年もよろしくお願いします。
Posted at 2008.01.01 (02:02) by ぢもと (URL) | [編集]
No title
今年もよろしくお願いします。

たま、凄いですね。イカ天復活祭をきっかけに再評価されればいいのにと思います。
Posted at 2008.01.01 (12:27) by yuji (URL) | [編集]
No title
新年明けましておめでとうございます。
やっと休みになったので書き込みが出来ます。
私も、イカ天復活祭を見ましたよ(偶然!)。
たまは勿論好きですが、マルコシアスバンプも凄い! 何が凄いか、一つ上げると“こまわり君”と呼ばれていたベース、白手袋を履いて演奏しているんです(あれはなかなか出来ない芸ですよ)。楽曲もいいし。

もう一つ嬉しいのはジ・家元がちらりと映っていた事ですね(動いている映像ははじめてみました)。とにかく年末で一番面白かった番組では無いでしょうか。
Posted at 2008.01.01 (22:35) by シバ蔵 (URL) | [編集]
No title
「さよなら人類」のモチーフって「2001年宇宙の旅」のモノリスだとずっと思ってましたが、違うんでしょうか。

「人類の進化」「木星」と来ればそれを繋ぐキーワードは「アーサー・C・クラーク」「モノリス」だと思うんですが。
Posted at 2008.01.02 (03:16) by 蝦夷王 (URL) | [編集]
No title
・シバ蔵さん
明けましておめでとうございます。お疲れ様です。
イカ天面白かったですね。年末どころか年始を含めても、一番面白かった番組かもしれないです。マルコシアスバンプは演奏がうまいですね。YOUTUBEで改めて見ましたが本当に白手袋着用で弾いてますね。凄い。パチンパチンのゴム手袋くらいフィットしていないと弾きづらそうだ。

・蝦夷王さん
「さよなら人類」の歌詞の解釈が書かれた(あくまでも解釈のようでしたが)動画をニコニコ動画で見て、なんとなく猿の惑星っぽいなぁ~と個人的に思っただけなので、多分「猿の惑星」がモチーフという訳ではないと思います。
「2001年宇宙の旅」は見たことがないので解りません。お役に立てずすいません。

Posted at 2008.01.02 (10:10) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析