スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冨樫を巡るあれこれ

大方の予想を遥かに上回り3月3日に再開が決定したHUNTER×HUNTER。あと10日ほどで再開である。今からワクワクしてしまう。去年の12月に10週連続掲載分が終わり、事実上再開未定となった時は1~2年くらいの長期間にわたる休載を覚悟していた。口には出さなかったが、「休載が長引き自然消滅という可能性だって決してゼロではないな」と考えていた。随分悲観的な考えだが、過去の冨樫の「行い」を振り返れば現実的な考えとも言える。しかし冨樫は結果として僅か3ヶ月弱でカムバックすることとなった。冨樫ファンにとってはこれ以上に嬉しい出来事はない。ジャンプ編集部も大喜びだろう。早期のカムバックにより冨樫の株は急上昇したといえよう。

だが待て、冷静になろう。本来、週間連載を抱える漫画家というものは、原稿を落とさず毎週描き続けるのは当たり前のことではないか。睡眠不足になっても腱鞘炎になっても一心不乱に描き続けることは漫画家にとって大前提であり宿命だ。去年の10月、10週連続掲載というかたちで連載再開になった時にも思ったのだが、1年8ヶ月も休んでおきながら10週で終わりっておかしいだろ、普通。しかし周りの人々は連載再開という事実に何よりも感激し、「10週だけの掲載」という不穏な点に誰も気づかなかった。あるいは気づかないふりをした。誰も異を唱えなかった。

いや、もちろん冨樫は別格だということは十分わかっているのだけど、尾田やら岸本やらの、ジャンプ連載人にしてみたら実際問題たまったものではないだろう。「はっ、何その待遇?ビキビキ」と思うだろう。しかもジャンプ編集部は去年の10月の再開一発目に「君も みんなも そして僕だって この時を待っていた!!」という(いまや伝説となっている)キャッチコピーを載せた。冨樫ファンの僕が言うのも何だが、他の連載人に対して、編集部は配慮が足りなかったのではないか。

伊集院光は自身がパーソナリティを務めるラジオで度々以下のような発言をする。
「学生時代、素行の悪い不良生徒がたまに親切なことをすると、先生は褒める。また、当たり前のことでも(例えば「遅刻をしない」とか「宿題をやってくる」とか)でも不良なら褒められる。しかし、ごくごく普通の生徒は当たり前のことをやっても褒められない。親切なことをやっても特に褒められないし、仮に褒められたとしても不良ほどではない」と伊集院光は言う。そしてこの話を持ち出したときの終着地点はいつも「普通の人が一番偉い。普通に頑張っている人をもっと評価すべき」となる。

これは冨樫(不良生徒)とジャンプ連載人(普通の生徒)との関係にも当てはまるのかもしれない。少なくとも、ジャンプ編集部(先生)は「君も みんなも そして僕だって この時を待っていた!!」なんてのは自重すべきだったのではないか。もっと「普通に頑張っている連載人」を日ごろから評価した方が良い。尾田や岸本はまだ漫画が売れているからいいけど、ちょっと微妙だけどちゃんと頑張っている連載人…例えば「テニスの王子様」の許斐剛あたり(?)に対してはもっと評価すべきだと思う。いじけちゃうかもよ。

でも、ジャンプ編集部にしてみたら、冨樫は最後の砦みたいなものなのだろう。ジャンプ黄金期の漫画といえばドラゴンボール、スラムダンク、幽遊白書だが、このなかで、今もジャンプにとどまっているのは冨樫だけだ。鳥山明は度重なる連載の引き伸ばしに心底うんざりしたのか、週間連載はもうやらないと頑なに決めているようだし。井上雄彦はジャンプ専属漫画になることを拒否するため弁護士を立ててまで反発しジャンプとは決別。…ジャンプ編集部、えらい嫌われようである。そんな背景があれば、いくら休載しようが甘やかしてしまうのも理解できる。冨樫は、鳥山明と違い幽遊白書の後も連載を立て続けに描いたし(しかも超傑作漫画)、井上雄彦と違いジャンプの専属作家であることに不満を持たない。ジャンプ編集部としてはいくらかの犠牲を払ってでも懐柔しておきたい逸材なのだろう。

3月3日の再開一発目のHUNTER×HUNTER。ジャンプ編集部はどんなキャッチコピーを用意しているのだろうか。前回の「君も みんなも そして僕だって この時を待っていた!!」(それにしても何度読んでも笑えるな、これ)を超えるキャッチコピーに期待したい。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析