スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸で「靖幸」 全曲解説

1.vegetable★★★★
「ハッハッハッ」という犬の息づかいを真似た声が効果音のように全編にわたり挿入されている陽気なナンバー。リズム楽器としてのサクスフォーン、アコギ、ピアノは軽快であり爽快。オープニングを飾るにふさわしい曲だが体調の悪い日に聴いたらやや騒がしく思われるかもしれない。王子様だった頃の小沢健二が作りそうな曲だ。オザケンの名盤である「LIFE」の5曲目あたりに「vegetable」が紛れ込んでいても違和感は無いだろう。ちなみにライブDVD「シンポジウム」では同曲の最中、客席に向かって野菜を投げ込むという珍パファーマンスが見られる。

2.ラブ タンバリン★★★★★
「愛しちゃったんだろ 告白しろよ 男は毎日がバレンタインデーだぜ」といった内容の歌。個人的にこの曲は岡村靖幸の全曲のなかでもベスト3に入るほど好きだ。これぞキラーチューン。基本的には、明るい曲なのだが背景に流れるストリングスには刹那的な哀愁が漂っている。その一方暖色のような温かみも感じられ、心地の良い気分に浸れる。他の曲と比べると歌い方のニュアンスが微妙に違う。穏やかで包み込むような優しさに満ちたヴォーカリゼーションだ。名曲の割にはライブではあまり歌われないのが残念。

3.どんなことして欲しいの僕に★★★
プリンスのエッセンスが散りばめられた曲はたくさんあるが、この曲ほど「プリンスっぽい」が当てはまる楽曲はないのではないか。曲中の「語り」以外はすべてファルセットで歌っている。「家庭教師」と並び変態度の高い曲。周りに人がいるときはイヤホンが必須だろう。「君のパンツの中でバタフライをしたいよ(以下自粛)」は岡村靖幸の性的倒錯の極致といえよう。友達が集まった部屋でこの曲を流したら、「語り」の部分や喘ぎの箇所で笑いが起こるだろう。でも(ここが肝心なポイントなのだが)岡村靖幸はこの歌で笑いを狙っているわけではい。本気に真面目に純真に歌っているのだ。ここがミソ。

4.友人のふり★★★★★
「イケナイコトカイ」「カルアミルク」と並び岡村靖幸三大バラードのひとつである「友人のふり」。ノスタルジックでまるで直接的に涙腺に訴えかけてくるような泣きイントロが秀逸。想像力を豊かにすればタイトルからも察しがつくかもしれないが、身につまされるほどせつない歌詞だ。「あんまりモテなかった方だし 臆病で正直じゃないから~」という歌詞にはかなりグッとくるものがある。こんな歌詞が書ける時点で相当正直者だと思う。

5.聖書-バイブル-★★★★★
中年親父に恋するクラスメートの女の子に向かい一方的に「そんなの汚れてる 僕のほうがいいじゃないか」とアプローチを送るといった内容の歌詞をダークで濃厚なソウルフィーリングで歌い上げた岡村靖幸を代表するファンクナンバー。「中年親父よりも僕のほうがいいじゃないか」という設定は「俺ほどの男はそうはないはずさ」と歌う「スーパーガール」と根本的に同じだ。ただスーパーガールの爽やかさと比べると聖書は卑屈で陰鬱な印象がある。
始まりからして不穏だ。まず、ゴーンゴーンという鐘の轟々しい音が鳴り、馬の走り去る蹄の音が響き、まるでナポレオン戦争やフランス革命などのいわゆる18世紀の西洋を想起させる演奏から始まる。そんな、怪しげな音楽をバックに岡村靖幸の「語り」がスタート。相変らず変体チックな語りだ。突っ込み所満載だ。特に「君は僕のこと好きだって言うけどさ どうして? 背が高いから?曲を作るから?歌を歌うから?踊りが上手だから? ……やめろ!!」は傑作。質問という形式を用いて自画自賛するという一般人には到底恥ずかしくてできないであろう超展開。
「岡村ちゃんラブ」を公言する、スガシカオは「語り」が終わった後のチョッパーの入りを大絶賛している。確かにベースのうなりに特徴がある。音の隙間を埋めるための機械的なベースではなく、メロディアスでインパクトのあるベースラインだ。曲の最初から最後まで、完成度の高い濃厚な世界観が構築されており、その重厚なトータリティは圧巻といえる。ちなみに、ミッチーも聖書を絶賛している。数年前にカバーし、その際は「好き過ぎて聴くのがもったいない曲」と、言葉の限りを尽くし賞賛している。また、近年はミイミ収録の「アチチチ」の後にメドレーで歌われることが多い。
 
6.だいすき★★★★★
正真正銘、岡村靖幸の代表曲。岡村靖幸といえば「だいすき」であり、「だいすき」といえば岡村靖幸である。代名詞だ。「だいすき」以外の殆どの曲は万人受けするタイプの曲調ではないが「だいすき」は限りなくキャッチーでありポップだ。口ずさみたくなるような歌メロ。「ねぇ 3週間ハネムーンのふりをして 旅に出よう」という甘美なアバンチュールを彷彿させる絶妙な歌詞。そのまま旅行会社のキャッチコピーに使えそうだ。幼稚園の教室から聞こえてきそうな子供のコーラスの可愛らしさ。最後には岡村靖幸と元気一杯の子供たちが謎の言葉「へぽたいや」でコールアンドレスポンスするという微笑ましい終わり方。子供から大人まで老若男女問わず親しめる王道ポップソング。

7.Co'mon★★★
スーパーマリオブラザーズの2面(地下のステージ)のBGMのようなベースラインが終始唸っている。プリンスのエッセンスにあふれるソウルファンクは聖書に匹敵するだろう。いくつもの楽器を自由自在に駆使し音楽で遊んでいる岡村ちゃんが目に浮かぶようだ。1分45秒と短い曲。

8.Boys★★
「Co'mon」からのメドレーではじまる「Boys」。「コンコンコン」「ズバッパ」「ドゥンドゥン」などそれぞれ独立したボイスパーカッションがひとつの規則性の下、まとまっているというギミックが施されている。面白い試みだとは思うがやや実験的であり個人的にはあまり好みではない。「夕べ見たのさ 電車の中で漫画を読む親父くらいの人 ダサイんじゃないのかな」と漫画を読む大人を否定するかのような歌詞がある。しかし、本作から10年以上経て発表された「アチチチ」という曲中には「漫画読んだっていいんだ」という歌詞がある。
あとこの曲にもやはり「語り」がある。岡村靖幸の「語り」がある曲のなかで唯一まともな「語り」だ。つまりはエロ系の変体語りではないのだ。自分と同世代の若者に向かい「何をするでも便利な世の中は素晴らし。周りはどんどん素晴らしくなっていくけど自分自身はどうなの?裸の自分は素晴らしい?僕らは子供が育てられるような大人になれるのかなぁ」というような社会派な「語り」が聴ける。20代前半の頃の岡村靖幸が抱いていた率直な疑問だったのだろうか。残念ながら現在40代前半の岡村靖幸は(少なくとも今のところ)「子供が育てられるような大人」にはなれていないようだが…。

9.愛してくれない★★★
「どんなことして欲しいの僕に」程ではないがファルセットが多用されているため今の岡村靖幸には歌えない曲のひとつだろう。「Boys」にも言えることだが、この曲は20代前半の感性だからこそ作れた曲だと思う。曲の最後には電車がガッタンガッタン走り抜けるSEが入っている。これはビーチボーイズのペットサウンズのラストと同じだ。もしや、BB5を敬愛する山下達郎つながりなのでは?と睨んでいるのだが、真相は不明。正直印象の薄い曲だが、実は隠れた名曲。

10.punch↑★★★★
Pファンク風のファンクミュージック。サクスフォーンの跳ねた鳴りやビートの利いたリズムは邦楽の範囲外だ。「Good God(グッゴ)」の叫びが何よりも黒人音楽への敬愛の意に感じられる。3分18秒に明らかにプリンスの声帯模写と思われる声を発している。どんだけプリンスが好きなんだろうか。「ステップUP↑」「いじわる」「聖書」と並び岡村靖幸の代表的なファンクナンバーのひとつ。

11.バスケットボール★★★
ラストを飾る「バスケットボール」はタイトルだけ見ると「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」と双子関係のように思えなくもないが全然違う。バスケットが連想されるような歌詞は一つも出てこない。「何をすればいいのか 何を見ればいいのか こんな気持ち君だけはちょっとわかって」という尾崎豊っぽい青臭い歌詞を、DATE収録の「不良少女」のような爽やかでありながらどこか寂しげな曲調に乗せて歌っている。
ちなみのこの曲は2006年に山下達郎のラジオ番組「Sunday Song Book」で紹介された。昔、山下達郎は知り合いを介して岡村靖幸に音の素材を借したことがあったらしい。後日お礼として岡村靖幸から手紙と菓子折りが山下達郎のもとに届いたという。達郎は非常に礼儀正しい人だと思ったとのこと。山下達郎が数ある名曲の中から割りと目立たない「バスケットボール」を選び紹介したことから箔のついた曲といえる。

総評★★★★★
孤高の天才・岡村靖幸のサードアルバム「靖幸」。「yellow」「DATE」とアルバムをリリースする度、着実に「岡村靖幸らしさ」の濃度が高くなってきているが「靖幸」に関しては自分の名前をアルバムのタイトルにしている時点でもう言うまでもないだろう。らしさ全快である。作詞・作曲・編曲・プロデュースに至るまで全てひとりでこなしている。
岡村靖幸のアルバムをはじめて聴くなら『靖幸』から入ると良いかと思う。入門編のアルバムとして、打ってつけの作品だ。もし、このアルバムを聴いて「岡村靖幸って別に大したことないじゃん、キモイしさ」と思った人は、多分そこでもう終了。この先岡村靖幸のファンになる確立は極めて低いだろう。もともと好き嫌いがはっきり別れるタイプのアーティストだから仕方ない。お酒の飲めない人に無理やりビールを勧めても迷惑なだけだ。岡村靖幸もそれと同じことである。つまりは、体質の問題だ。なので、「(アルバムの)靖幸」が受け入れられない人は「(岡村)靖幸」も受け入れられないだろう。
「靖幸」には岡村靖幸の一番の代表曲である「だいすき」が収録されている。まだ美少女だった頃の今井美樹が出ていたホンダのCMに「だいすき」が起用され、オリコン上位(確か4位)にランキングされたスマッシュヒットだ。ランキングとは無縁の岡村靖幸が、長いキャリアのなかで唯一お茶の間レベルまで浸透した奇跡的な曲だ。30代以上の世代の人で「だいすき」を知らない人は少ないだろう。

上記の「総評」はこの記事から一部抜粋した。リンク先も併せてどうぞ。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析