スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えてるか?

今日は月曜日。ジャンプの発売日。案の定「HUNTER×HUNTER」の感想です。ふと思ったのだが、HUNTER×HUNTERについて書いた記事って、HUNTER×HUNTERを読んでいない人にとっては意味不明な内容の記事だろうな。まるで暗号!まるで古代文字!前回の、「シュート・ナックル・メレオロンVSユピー」なんてタイトルからして暗号化しているし。でもそんなこといったら、本ブログの殆どの記事は暗号なのかもしれない。まぁ、そのなかでもハンター記事の暗号化っぷりは群を抜いているだろうな…。

今週のHUNTER×HUNTER
今週は主に「モウラVSシャウプフ」「イカルゴとウェルフィン」「ゴンVSネフェルピトー(対面のみ)」の三つのシチュエーションが展開されていた。

まずは「モウラVSシャウプフ」。この二人の戦いは他と比べるとちょっと地味なカードだろうか。モウラはヂートゥの戦闘やら宮殿突入前の陽動作戦で既に疲労しているようだから瞬殺の可能性大だ。王直属護衛隊としてピトーとユピーの強さは十分に示されているが、今の所プフだけが掴み所のないダメキャラだ。ここら辺でダメキャラ返上を兼ねて「絶対的強者による搾取」的なプフの絶大な力が見られるかもしれない。

次に「イカルゴとウェルフィン」。ウェルフィンが「フラッタ(イカルゴ)とブロヴーダがグルなのではないか」と疑い、もしグルならエレベーターが開いた瞬間返り討ちされると想像し絶好のチャンスであるにも関わらずエレベーターに乗れないという描写があった。返り討ちされる可能性が事前にわかっていたなら対等な戦いができると思うのだが。ブロヴーダってそんなに強いのだろうか。だたのロブスターに見えるが。それにしてもパームはどこに居るのだろうか。

最後に「ゴンVSネフェルピトー(対面のみ)」。カイトの腕が吹っ飛びゴンがキレ咄嗟にキルアが気絶させて逃げたあのシーンから何年が経ったのだろう。遠い昔のことのように思える。遂に対面。ゴンは「覚えてるか?」と叫んでいたがこれは読者に対してのメッセージでもあるように感じられた。結構感慨深いものがあった。なんたって蟻編のメインはゴンとピトーの対決だからなぁ。ただピトーは蟻編のキーパーソンと推測されるコムギの治療中だから直ぐに対戦することはないだろう。ゴンにしたっって人間を治癒している最中のピトーを攻撃するわけないし、いくら好戦的なピトーにしたって王に直々に命令されたコムギの治療を放棄はしないだろう。治療にかかる時間は2,3時間とされているようだから…これはもしや、思いもよらぬ方向に向かいそうな予感。次週も楽しみだ。

ピトーが…
最近、「しょこたん☆ブログ」でHUNTER×HUNTERについて書かれていることが多い。先週のジャンプの作者コメントで冨樫は中川翔子の名前を出していたし、その辺が影響しているのかもしれない。先日、しょこたんが描いたピトーのイラストがアップされていたのだがこれが凄く上手だった。しょこたん風にアレンジされたピトーが異様に可愛い。もともと猫だから猫耳はあるし口元も猫なんだよな、ピトー。実は萌え要素を兼ね備えている。蟻編が終わったあとヒソカ的なポジションでゴンたちの仲間になれば最高なのだが。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析