スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホップ ステップ Xジャンプ

東京ドームで行われたXJAPANの復活ライブが無事終了。最終日「創造の夜」の翌日の朝のニュース番組では各局、XJAPANの特集を放送したようだ。これほどまでにニュース性のあるバンドって後にも先にもXJAPANだけなのではないか。破壊、無謀、創造の3DAYSは、まさに、ホップ、ステップ、ジャンプだった。日を追うごとに完成度は上がり、また、セットリストは充実していった。破壊はあくまでも準備段階のホップに過ぎなかった。無謀は勢いをつけるためのステップ。そして創造は全ての力をふりしぼったジャンプ。

前の記事でも書いたが、初日の「破壊の夜」は2時間以上開演が遅れ、実質8曲しか演奏されなかった。YOSHIKIは気絶し、TOSHIの声の調子はそれほど好調ではなく(無謀と創造に比べると)、PATAは緊張のせいかギターソロでイージーミス連発…。暗雲が漂った初日だった。しかし、二日目の「無謀の夜」は定刻どおりのオンタイムでスタートした。さらに、終演のアナウンスが流れた後にサプライズで「X」が演奏された。この模様は動画サイトで見たが神がかっていた。不覚にも目頭が熱くなった。HIDEがスクリーン全体に映し出されて「飛べ飛べ飛べ屋根をぶち破っちまえ」の叫びには本当に感動した。2日目終了時点では、無謀の夜が最高傑作であり、無謀の夜に参加出来た人が最も勝ち組とされたようだ。それくらい凄いライブだった。しかし、あくまでも「無謀の夜」は〝ステップ〟だった。

「創造の夜」こそがあらゆる意味で頂点であり〝ジャンプ〟だった。全盛期の頃のライブを超えたのではないか!!?42歳のバリバリ厄年の中年が、髪を逆立て派手な化粧を施していた20代の所謂全盛期の頃よりも刺激的で扇情的なライブを完遂したのではないか!まだ「創造の夜」から2,3日しか経っていないので多少盲目的になっていることを差し引いても、奇跡に近い最高のライブだったといえるだろう。

「創造の夜」の成功の理由の最たる要因は、TOSHIのパフォーマンスによるところが大きいだろう。最終日に一番声が出るってどうゆうことだ!あんなに声が自由自在に出たら歌ってて楽しいだろうな、と思うくらい高音がバンバン出ていた。そして何よりも圧巻なのは「オルガスム」での煽りだ。20分にも渡る長い演奏中一時も休むことなく過激に煽り続けるTOSHI。「やる気あるのかオエ」「基本は腹から声だせ」「狂っちゃえ」「オマエラ最高だ」「くぁー」「いけこら」エトセトラ。XのTOSHIが帰ってきたんだな、と実感した。

ただ、28日に開設されたTOSHIのブログを読む限り今でもやっぱりTOSHIは「癒し系」のようだ。4月1日にリリースされた新曲のプロデュースはMASAYAだし。創造の夜では「世界中の子供たちを~云々」という癒し系のMCが序盤のほうであったようだし。まぁ、別に悪いことやっているわけじゃないのだから(むしろ良いことなんだろう、きっと)そっち方面の活動も含めてTOSHIを受け入れるべきだ。「XJAPAN」と「癒し」で、キャラ(人格?)の切り替えが可能であることが今回のライブで証明されたわけだし。TOSHIのステージ上でのパフォーマンスは唯一無二なものだから、受け入れるしかない。XJAPANのボーカルにはTOSHI以外に替えがきかないのだから。

創造の夜はセットリストも良かった。特に後半の曲順がたまらない。前半は静かな曲が多かったが、後半に紅、オルガスム、ENDLESS RAIN、Xと来て最後にまさかのART OF LIFE!最強でしょう。「ART OF LIFE」を演奏してしまったら、それこそ破壊組みの立場がない。「ART OF LIFE」と「Silent Jelousy」が聴けたという点が破壊組みの唯一の誇れる材料だったのに。「Silent Jelousy」だけになってしまった。破壊組みは、まさに静寂の嫉妬を抱いているのだろうな。破壊の夜のみに参加した人たちに対しては、既に各所でいろいろとネタにされているようだ。でも、10年ぶりの復活の目撃者になれたこと。YOSHIKIのドラムブレイクと気絶が見れたこと。10年後20年後に破壊の夜を振り返った時、開演2時間20分遅れはXファンの間で語り草となっているであろうこと。これらの理由から、破壊の夜も悪くはないと思うのだが。総括すると、東京ドームでの復活ライブ3DAYSは初日が多少残念だが全体的には大成功といえよう。

XJAPANは当面の間は継続して活動するようだ。5月にはHIDEの追悼ライブ。そして7月にはフランス公演。フランスとXJAPANってなんか似合わないなぁ。同じく今年フランス公演を行う日本のバンドにラルクがいる。ラルクの妖艶で幻想的な雰囲気はフランスに合っているけど基本的にXは無骨なヤンキー系だよ。…でも、フランスといえばドラゴンボールの視聴率が67.5%を記録した国。鳥山明が最も有名な日本人とされている国。前シラク大統領は親日家で日仏関係はすこぶる良好。世界中の人々から羨望の眼差しが送られる程お洒落な文化を持つ国なのに、日本のアニメを主としたジャパニーズカルチャーに興味津々なフランス人(カワユス)。フランスでのライブの成功を祈る。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

復活ライブすごかったですね!
復活ライブすごかったですね!

私はコンサートにはいけませんでしたが
ネットの動画で生ライブを見ました!

感動で涙が止まらなかった・・・

ここで動画配信やってますよ!
http://afstyle.himegimi.jp/x-japan.htm
Posted at 2008.04.02 (17:37) by kk (URL) | [編集]
素晴らしいライブでしたね。
情報ありがとうございます。
Posted at 2008.04.03 (01:41) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析