スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出身地別

先週のミュージックステーションSPでやっていた出身地別アーティストについて。Mステといえば、毎回スペシャルで「春うた」やら「あげうた」やら「泣きうた」やらを適当にでっち上げ、過去の膨大な映像のなかから適宜にチョイスし、垂れ流すというコストパフォーマンス抜群な企画をやっている。これ、明らかに手抜きなんだけど、毎回見てしまう。ワイプに映るゲストのミュージシャンの表情とかも含めて面白い。流れる映像とワイプに映るゲストの間には何かしらの関係性や共通性があったりするので飽きない作りになっているのも憎い。例えば、KANの「愛は勝つ」が流れている時にはKANファンのアイコが映っていたり、尾崎豊の映像の時には、影響を受けたであろうYUIが映っていたりする。逆に全く関係性のない人が映る場合もあるが、それはそれで面白い。例えば椎名林檎の初登場シーンが流れている時に、浜崎あゆみがワイプで抜かれたりとか、XJAPANの映像の時にビーズが映っていたり、全く接点が無くても興味深い。「どんな顔して見てるんだろ」みたいな。

そんな風になんだかんだで毎回見てしまうMステSPだが、今回は出身地別アーティストの初登場シーン特集だった。非常に安易且つゆるい企画だ。出身地に対する愛着は誰しもが少なからず抱いているものだから、そこを上手く突き、もっと練りこんでいけば面白くなる素地のある企画だとは思う。しかし結果的にはゆるゆるだった。まず、それぞれメンバー同士で出身地が異なるユニットやバンドはボーカルの出身地で強引にまとめるというのはどうなんだろうか。両方ともボーカルのタッキー&翼はタッキーの出身地でまとめていたが翼が可愛そうじゃないか。全国の都道府県別に順々に紹介していたのに、岩手、新潟、富山、石川、福井、香川、鳥取、島根はスルーというのもいかがなものか。そもそもミュージシャンが居ない県が存在するのなら、企画自体が不成立なのではないか。

逆にスルーされなかった県でも、青森:泉谷しげる、山形:テツトモ、秋田:柳葉敏郎とか逆に悲しい。東北出身のミュージシャンは実質的には殆ど居ないのも同然じゃないか。東北の全滅ぶりは哀しいものがあったな。ミュージシャンに限らず、東北って芸能人が異様に少ない土地柄だ。その代わり文学作家が多い。やっぱり、あーいう閉鎖的で土着的な土地に住んでいると、堅苦しくなってしまうのかね。生まれてすいません、みたいな。東北出身のミュージシャンは壊滅的だがさらに北に向かい海を越えた北海道にはたくさんミュージシャンがいる。Mステで紹介されていたのはグレイ、ジュディマリ、ドリカム、JAYWALK、大泉洋などなど。Mステには出演していないので登場しなかったが、中島みゆきや安全地帯などもいる。また演歌系では北島三郎、細川たかしを筆頭にたくさんいる。

これと同じ現象は福岡でも起きている。鳥取、島根、山口など中国地方および四国出身のミュージシャンは東北並みに少ないが、さらに西に向かい海を超えた福岡にはたくさんいる。井上陽水、浜崎あゆみ、YUI、草野マサムネ、KAN、その他多数。北海道と福岡は、大都会東京から遥かに離れたTHE地方なのに局地的にミュージシャンが多い。海を挟み、本州からの流れを断ち切ることで、北海道と福岡には、独自の文化が形成され、その結果として多くのミュージシャンが誕生しているのかもしれない。…なんだ、この雑なまとめは!
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ワイプありきの企画ですねv-55
九州は特殊で、福岡県とそれ以外の県って。
佐賀で最初に松雪泰子が出てきて、直後にハナワ。
編集者の自慰企画か(笑)。
お笑いが歌出しました系のVが多かったような気も…。
やっぱりミュージシャンは身の上明かされるの嫌がるんじゃないですかね?
Posted at 2008.04.07 (09:41) by ぶる山 (URL) | [編集]
福岡はタモリの出身地だからスタッフが気を使ったのでしょうかねぇ。ま、福岡にミュージシャンが多いのは事実ですけど。

微妙な地域だと隠したくなる気持ちも分かります(笑)
Posted at 2008.04.08 (19:05) by yuji (URL) | [編集]
この日、外出してたので今日観ました。
侮ってました!
なんかおもしろかったです。
大阪の鈴木サリナで微笑ましく観てたaikoの直後に自分でショック受けてたり!
初登場の日を、リアルタイムで観てたりするとちょっと嬉しい気分でした。
あーーーーー、懐かしい。
Posted at 2008.04.08 (23:43) by ぢもと (URL) | [編集]
おもしろかったですね。出身地別じゃなかったら一生流れないようなミュージシャンがたくさん見れたので、ある意味貴重だったかな、と。
Posted at 2008.04.09 (01:05) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析