スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイベー、お前はごっつりな奴だぜ!!

ネットに出回っている岡村靖幸の動画はだいたい全て見たつもりでいたのだが、先日、初見の動画をyoutubeで見つけた。岡村靖幸が青森のローカル番組「RABなんだわけ天国」にエッピク御三家の一人・安藤秀樹と共に出演している超貴重な動画だ。この動画は凄い!最も脂が乗っていた頃のナルシスト全快で気持ち悪い岡村靖幸が40分弱というボリューム満点の長さで思う存分楽しめるのだから。

しかし、なぜ、よりにもよって青森のローカル番組に出演しているのだろうか。謎だ。名古屋やら神奈川やら大阪やら、ある程度栄えた地方都市のローカル番組であれば理解できるけど、なぜ青森なんだろうか?でも、岡村靖幸って、意外と頻繁に青森の番組に出演している。90年前後はもちろん、ぶくぶくと太り表舞台に殆ど姿を現さなくなった90年代中頃にも、青森のローカル番組には出演し、ふざけたことをやっている。青森と岡村靖幸の間に一体どのような経緯があり、親密な関係が築かれたのかはわからないが、青森での岡村靖幸はのびのびとしており、ファンとしては嬉しい限りだ。

「RABなんだわけ天国」という番組は、動画を見る限り、深夜放送のトーク番組のようだ。当時の新譜「早熟」や初主演映画「どんなことしてほしいのぼくに」について宣伝を兼ねて話していたり、岡村靖幸と安藤秀樹にお互いの第一印象を聞いたりしている(安藤曰く岡村は「気持ち悪い奴」だったそうだ)。なかでも一番印象的なのは、スタジオに用意されたピアノを使い岡村靖幸と安藤秀樹が即興で歌うコーナー。「方言は如何にファンキーに変わるか」という趣旨のもと、あらかじめ用意された東北弁

「んだすけはぁ(そうらしい)」
「そうだなす(そうですね)」
「でんで(誰だい、君?)」
「ごっつり(すかしてやがるぜこのやろう)」
「だーず(なんっちゃって)」
「だんだおえ(そうなんだよね)」

を組み込んだ即興を披露している。これがかなり笑える。ブラックなピアノのリズムに乗せて東北弁で思う存分ファンクしている。ピアノを使ったアドリブといえば岡村靖幸のお家芸であり得意分野だが、安藤秀樹も岡村靖幸の後塵に拝することなく熱く熱唱している。しかし、やはり岡村ちゃんには適わないようだ。即興の主導権は完全に岡村靖幸が握っている。岡村ちゃんワールドが炸裂している。

急にピアノを弾くのを止め「だんだおえおえ」のコール&レスポンスをピアノの周りに居る女性たちに求める岡村ちゃん。苦笑いする女性たち。そして、画面下に、〝「客がいないと燃えない!」という岡村君の要望で急きょ集まった通行人の皆さん〟というテロップが現れる(通行人かよ)。また通行人に対し半ば強制的に「でんで(誰だい、君?)」のレスポンスをさせ、その都度「オレ有名人だよ」「靖幸だよ」「おれだよ」と、答えるパターンも馬鹿馬鹿しくて良い。無理やり方言を組み込み、笑いを取りにいったかと思えば急に真剣になり、「お前を愛してる~」とか「俺の辛い気持ち~」など、まともな歌詞を挟んだりし、最後には「ベイベー、お前はごっつりな奴だぜ!!」と叫ぶ。これには、セッション相手の安藤秀樹も笑うしかないようだ。

この動画は、1990年3月21日にリリースされる「早熟」の宣伝をしている点や「番組がもう終わるからこそ実現した~」と改変期が近いことが伺える発言などから、時期は90年の3月上旬だと思われる。映像を見ていると、この頃の、岡村靖幸の凄まじさがひしひしと伝わってくる。青森のローカルアナウンサーと思しきMCの中年男性が番組を真面目に進行している最中も、岡村靖幸は常に眉を上下させ、ナルシスティックにポーズを決めている。モニターに映る自分を確認し、目をぐいっと見開いたかと思えば、急に荘重な表情になったり、とにかく一目見ただけで「なんなんだ、こいつ」と思わせる尋常ではないオーラを発散している。この頃の異様なナルシストぶりに影響され、後に岡村靖幸のフォロワーとしてデビューしたのがミッチーなんだと思うと少々感慨深いものがある。
動画はいつ消されるか分からないので、まだ見ていない人は早めに視聴した方が良いかと思います。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

動画見ました。ちょー、うけまくってしまいました。
やっぱり、おかしな人ですよね。
勘違いされるでしょうね、周りには。
早熟のタイトルの由来も聞いて、へぇと納得してしまいました。
尾崎や吉川のほうが知名度高いし、彼なりに葛藤があったでしょうね。大衆受けする音楽かどうかという差だけで、音楽的には靖幸が一番才能に溢れてたと思います。ちなみに、1990~94年当時は私はXやユニコーン聞いていて、靖幸の記憶はピンクのスーツ着た流行歌手というぐらいです。そのピンクのスーツの記憶ってPeachの映画からきてるんでしょうね。
Posted at 2008.04.24 (11:02) by Romi (URL) | [編集]
ほんと、おかしな人ですね。あれは演技なのか素なのか、どっちなんだろう。無理してナルシストやってるんだったら辛いだろうなと思ってしまいました。ま、多分、素なんだと思いますけど

早熟のタイトルの由来は僕もこの動画ではじめて知りました。こんなにレベルの高い楽曲を発表しているのに、どこかメジャーになりきれない岡村靖幸に相応しいタイトルですね。

ピンクのスーツ着た流行歌手、ですか。随分、派手なイメージだったんですね。
Posted at 2008.04.25 (22:57) by yuji (URL) | [編集]
RABの橋本さん!
はじめまして。
私も動画観ました!
安藤さんが観たくて~

私は青森出身です。

RABの当時アナウンサーの橋本康成さんは、いろんな意味で影響力やチカラがあったようです。
そこにこぎつけるまでは、いろいろ大変だったようですが。

特に、エピック系は人脈を生かして?RABでのスタジオライブ実現!
など、精力的にアーティストさんを青森に呼んでいらっしゃいました。

なぜアナウンサーが?
ですよね?
元々は、ラジオの深夜ローカルでアナウンサーがほとんどこなして番組を制作するという音楽番組がありました。
曜日(アナウンサー)によって色が違って面白かったんです。
その中でも、橋本さんの水曜は内容が濃かった!

あの方言で即興演奏するのは、動画に上がっているのは南部弁ですが、前回は津軽弁でした。
「なんだわけ~」が始まる前、ラジオで。
深夜、あまりにおかしくて涙流して笑ったのを思い出します。

わかりづらい説明で、すみません。。。

青森は、橋本さんのおかげでたくさんの音楽に触れる機会がありました。
それをきっかけにライブに来て下さったアーティストは数知れずといっても過言ではありません。
確かに、青森は異常だったらしいです。
今思うと、あんなに素に近いインタビューなどを観られたのは、かなり貴重だったんだな…
と、橋本さんに感謝しています。

あの動画少しでも長く観られるといいですね~!
こんな説明で失礼しました。。。
Posted at 2008.05.27 (02:56) by かちゃくちゃねー (URL) | [編集]
はじめまして。コメントありがとうございます。
橋本さんっていうんですか。なんか凄い人なんですね。「なんだわけ天国」にはXJAPANのYOSHIKIとTOSHIも昔出演したことがあるらしいし、橋本さん及び青森は凄いですね。

青森の方からのリアルで詳しい情報なんてなかなか聞けないのでとても参考になりました。ありがとうございます。
Posted at 2008.05.28 (01:56) by yuji (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析