スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッキザキ

ネオヴィジュアル系になる
これまで一度も髪を染めたことが無いのだけど、今週末のゴールデンウィークに期間限定で髪を染めることにした。以前に一度「自分は黒髪にポリシーを持っているから絶対に髪は染めない。だいたい髪を染める奴なんて時代に流されている。かっこわるい」みたいな内容の記事をブログに書いた気もするが、考えは変わるものだ。村上春樹は「人生とは移動の過程に存在し、記憶とは忘却の過程にある」みたいなことをなんかの本で書いていたし、別にいいじゃないか…染めても。
もう既にヘアカラー(「UNOの定番ブラウン」ってやつ)は買ってあるし、パッチテストもちゃんと48時間かけて試験済。あとは染めるだけ。染色に関する知識は全く無いので知らなかったのだが、黒髪にヘアカラーを塗っても(ブリーチとやらを使わない限り)殆ど変化しないらしい。でも、たった3日程度のためにブリーチを使うのも面倒だから今回は(次があるのか?)我慢しよう。気分的には既にネオヴィジュアル系である。

お気に入りから外される
ブログをはじめたころは敬体(です・ます)で文章を書いていた。それが1年ほど前から少しづつ常体(だ・である)で書くようになった。今ではすっかりシフトチェンジし、常体に馴れてしまったため、逆に敬体で文章を書くのがちょっと恥ずかしく感じるほどだ。で、最近は常体で書くのも飽きてきて、なんか良い語尾はないだろうか、と考えていたら閃いた。「でやんす」だ。今使いたい語尾は「です・ます」でも「だ・である」でもなく「でやんす」なのだ!
もの凄く語尾を「でやんす」にしたい衝動に駆られる。でも、急に「今日は岡村靖幸の曲を聴いたでやんす。やっぱり、岡村ちゃんは最高でやんすね」みたいな文章を書いたら、きっと読んでいる人は引くと思う。お気に入りから外されると思う。だから、でやんすの衝動を必死に抑えて(今だってそうだ)ブログを更新しているのだが…もう限界だ。これからは時々でやんすを使っていこうと思う。なので、もし語尾に「でやんす」があったとしても引かずにそっと見守って欲しいと思う。

形骸化された民族的シャマニズム
秋葉原の歩行者天国でパンツを見せていた卑猥な女性が逮捕された件について。この件を報道している全国ニュースの動画をYOUTUBEで見た。「家族連れだって歩いてる通りでパンツを見せるなんて非常識だ」ってコメンテーターは言うけど、全国放送で卑猥な映像を流す方が非常識だし罪深くないか。ホコ天でたまたまあの場面に居合わせて不幸にもパンツを見た家族連れはかわいそうだと思うが、せいぜい数十組だろう。でも、テレビで放送すれば何百万組もの家族がお茶の間で気まずい思いをしなければいけないわけだし。
こうだくみの例の羊水発言の時、松本人志がラジオで言っていたけど、それが人を傷つける発言であれば、本来は「不適切な発言」と報道するべきだ。まるで流布するかのように「羊水腐る」発言を撒き散らしたら、傷つく人はどんどん拡大していくだけだ。
それにしても、「路上で破廉恥なことをやって逮捕される」といえば寺山修二のアングラ劇団「天井桟敷」も同じようなことをやって捕まってたな…。路上でリアルな男根の形のサンドバックを殴る女性たちとか勝手に見知らぬ人の家に不法侵入して芝居をはじめたりとか…。寺山修司も捕まってるし当時はバッシングもかなりされていたらしいけど、今となっては教科書に載ってもおかしくないほどの人物だもんな。動機が芸術であれば許されるのか。あのパンツ女も謝らずに寺山修司みたいに「パンツを見せるのは形骸化された民族的シャマニズムを奪回するための前衛芸術です」みたいな、わけのわからない発言をすれば、ある種の人々はくいついたかもしれない。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析