スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の終わりから春

「何とかがんばります。なるべく早くに続きが出せるように…」

3月上旬から10週連続で掲載された「HUNTER×HUNTER」が今週で終了。上記の文は今週号のジャンプに冨樫が記した巻末コメント。ちなみに前回の休載前の巻末コメントは、「近くまた戻ってきます。なるべく早く帰ってきます。頑張ります。」であった。アレ?前より明らかに覇気がなくなってるぞ。大丈夫か?コメントの内容は、前回も今回も基本的には同じだ。「なるべく早く戻って、頑張ります」というポジティブなメッセージだ。しかし、なんろう?今回のコメントの頼りなさは!思うに最初の「何とか」と最後の「…」が我々ハンターファンを不安にさせるのだろう。特に「…」は意味深過ぎる。どうした!ファンの間では、前回が僅か3ヶ月でのカムバックだったから、次回の再開は8月くらいなのでは、みたいな予測が大半を占めているようだが、巻末コメントからは、8月の復帰は無理っぽい雰囲気が漂ってる。今年中の復活すら厳しいかもしれないな。

冬の終わりから春にわたって10週連続掲載されたハンターハンター。ハイライトは、言うまでもなく「ゴンVSネフェルピトー」だ。10週分のハイライトというより、まだ完結していないもののキメラアント編のハイライトと言っても過言ではないだろう。いや、まだ未完なもののハンターハンターという漫画のハイライトかもしれない。いやっ、ジャンプ漫画史上最高のハイライトかもしれない――というのはさすがに大袈裟だけど、まぁ、それくらい、ゴンとネフェルピトーの“くだり”は圧巻だった。

ゴンは殺されたカイトを助けるため、憎きネフェルピトーを倒すため、ビスケのもとで厳しい修行をし、ナックル・シュートと過酷な対決をし、大きく成長した。そして実に4年ぶりに再び対面。4年ってのはハンターハンターの世界のなかの時間の流れではなく、現実世界の時間で4年である。ゴンも読者もみんなが待っていた注目の対面。なのに、ピトーはゴン側の責任で死傷した人間を必死に助けている最中だった。未曾有の悪として、それまで描かれていたピトーが一個の生命を救うためゴンに平伏す。ゴンはコンフューズし壊れる。勧善懲悪、プライド、矛盾、エゴ、アイデンティティ…。こんな深い内容を内包した少年漫画ってそうはない。単行本26巻が待ち遠しい。

「ゴンVSネフェルピトー」以外のストーリーは、前回の10週連続掲載の時と同じく、とにかく展開が遅い。結局、20週分、または単行本2冊分で5分か。遅すぎる。スラムダンクの回想よりも遥かにじれったく遅い展開だ。しかも「ユピーVSナックル・シュート」に紙数を割き過ぎ。今週号も、ユピーとナックルだったし。ユピーなんかよりも、「王VSネテロ」の方が気になる。結局王は1週目に登場したきりだし。パームも行方不明のままだし。プフは殻に閉じこもったままだし。改めて振り返ってみると、恐ろしいほど進んでいないではないか。なんだこれ。死亡フラグがたくさん立っていた宮殿突入後、はじめに死んだのがヂートゥってのも、おかしな話だ。

これからは、月曜日にまるで小学生のようにワクワクした心持でジャンプを読む習慣がなくなると思うと残念だ。再びジャンプとは疎遠になりそうだな。それにしても、8日の判決で岡村靖幸は懲役2年。12日のジャンプで「HUNTER×HUNTER」は再び無期限休載。本ブログの二本柱である、岡村ハンターがどちらも活動停止。こりゃ、まずい。書くことがなくなる。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析