スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村と卓球で「The Album」 全曲解説

1. the splder ★★★
異空間に紛れ込んだようなコスモス的なサウンドから唐突にはじまるオープニングナンバー。「今の俺の表情」や「夜の猛獣」など印象的な言葉を羅列するように並べる岡村靖幸のセクシィボイスが得体の知れないワクワク感を煽る。徐々にノイズが混じり最後は砂嵐のようにノイズだけになり2曲目へ移行する。

2. rock'n roll slave ★★★
1曲目とは打って変わり、親しみやすいディスコナンバー。石野卓球の影響と思われるテクノやノイズが混じっているもののキャッチーさは失われていない。テクノが苦手な人でも許容できる範囲で巧く暴れているといった感じ。

3. new wave boy ★★★★
「come baby」のリフをベースにしたファンクとテクノの融合曲。サビでは岡村ちゃんと石野卓球が一緒に声を合わせ同じメロディを歌っている。岡村・卓球がユニゾンで歌っているのはこの曲だけ。なぜだが妙に微笑ましい。

4. come baby2 (meet you@hardrock cafe) ★★★
どこかのスタジアムで行われているロックコンサートの歓声のようなSEからはじまる「come baby2」。ややロック調のインストである。XJAPANのライブの「HIDEの部屋」でHIDEがストリップの姉ちゃん方と一緒に戯れている時に流れていそうインスト。

5. funky pink rotor ★★
Lipps Inc.の「Funky Town」を彷彿とさせる陽気であっけらかんとしたピコピコサウンドとふわっと入ってくるヘヴィで不穏なギターがマッチしている。ヴォーカルは卓球。

6. adventure (e-pop mix) ★★
ヴォーカルを過度に加工しているため、岡村・卓球のどちらがボーカルなのかが分からない。全体的なアレンジもぼやけており聴いていてあまりすっきりしない。ビジネスバージョンや本作のボーナストラックに収められているj-pop mixバージョンの「adventure」は名曲だが、このアレンジの「adventure」では本来有しているはずの輝きが伝わらない。

7. abnormal frequency ★★★
サビの歌詞やメロディが、井上陽水の「カシス」というアルバムに収録されている、「恋のエクスプレス 」「イミテーション・コンプレックス」あたりの雰囲気と非常に似ている。2007年に行われたタワーレコードのインストアライブで井上陽水の「ワインレッドの心」を歌っていたし、案外この曲はい陽水にインスパアされて作ったのかもしれない。

8. alfa inn ★★★
2007年の告白ツアーのセットリストの2曲目に披露された「alfa inn」。これにより、「The Album」の作品の中では「come baby」「adventure」に続く知名度を獲得した曲といえる。エレクトロニックなサウンドにボソボソと何を言ってるんだかよく聴き取れない(「The Album」には歌詞カードがない)ボーカルで始終歌っている。

9. come baby ★★★★★
シングルとしてリリースされた「come baby」。「岡村と卓球」名義でリリースした曲の中で、もっともアグレッシブで完成度が高い出来に仕上がっており文句なく本作における代表曲。エロス全快でねっとりとセクシィなボーカリゼーションはソロの岡村ちゃんとは一味違うエロスであり、そこはやはり石野卓球の影響なのだろう。「冷たく見下してよ いじわるく笑ってよ」という超ドMな歌詞がこれほど違和感なく馴染む曲はそうはないだろう。

10. eclipse ★★
地球の壮大な自然をテーマにNHKが制作したドキュメント番組のBGMとして流れてそうな幻想的な曲。俯瞰し悟りを開いたような感じのスローなインスト。ヒーリングミュージックのような癒し系であり、故に眠くなる。

11. turtels have short legs ★★★★
ビートルズの「オブラディ・オブラダ」と似た曲調の陽気で愉快なナンバー。無邪気というか何も悩みがないような声で歌われる卓球の声が印象的。当たり障りのない爽やかな曲だが曲の中盤で岡村靖幸が変なシャウトをしながら登場しすぐにフェイドアウトするのが面白い。英歌詞だからかもしれないが、曲のニュアンス(あるいは肌触り)は100%洋楽である。

12. ウキウキWATCHING ★★★
ラストを飾るナンバーは「笑っていいとも」のOPで歌われる「ウキウキWATCHING」のカバー。この国民的スタンダードナンバーを岡村・卓球の悪ガキ二人が好き勝手にアレンジしまくっている。ふざけた感じが良い。サザエさんのエンディング曲を聴いた時の寂しさが襲ってくるようなセンチメンタルなアレンジとなっている。ボーカルは加工されているため岡村・卓球のどちらが歌っているかは分からない(どちらも歌っていないかもしれない)が最終曲の位置に妙にハマっている。

13. adventure (j-pop mix) ★★★★★
ボーナストラック1。6曲目のe-pop mixバージョンより遥かに聴きやすいアレンジとなっている。ボーカルに施されたエフェクトは外されサウンドはクリアになっている。万人の耳に馴染みやすく聴きやすいから〝j-pop mix〟なのだろうか。もしや皮肉?

14. come baby (yasuyuki okamura remix) ★★★
ボーナストラック2。ビジネスバージョンの「come baby」のテンポを遅くし、ねっとり感をよりフューチャーしたアレンジとなっている。途中のギィギィという軋むような音が、良いアクセントになっている。


総評★★★
あの岡村靖幸とあの石野卓球がタッグを組みコラボレーションした記念すべきアルバム、その名も「The Album」。サウンドはかなり卓球色に染まっている。テクノやらエレクトニックやら80年代的ディスコやらの音になっている。負けじと岡村側は持ち前のファンクやら天性のメロディメイクやらをぶつけ肉薄しているものの、サウンド面では石野卓球側に強いイニシアチブが置かれているように思う。しかし、ヴォーカルの殆どは岡村靖幸が取っているので、靖幸ファンが購入しても決して損はしないだろう。

「The Album」は購入してから一度聴き、あまり好みではなかったのでそれ以来全く聴いていなかったのだが、今回上記の全曲解説を書くにあたり何度か通して聴いてみると、意外とポップなアルバムであることに気付く。特に11曲目の「turtels have short legs」は良い。こんなポップな曲が収録されていたなんて知らなかった。また、M2、4、8辺りは、一見がっつりテクノでとっつき難そうな曲だが繰り返し聞くと愛着がわき、ポップに聴こえてくるから不思議だ。
コアで変態でエロスな中年オヤジだけど抜群な音楽的才能に恵まれた岡村靖幸と石野卓球。これほどまでに濃ゆいコラボレーションはこの先そうはないだろう。聴いて損はないはず。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2008.06.02 (10:16) by () | [編集]
turtels have short legsはキャッチーで良い曲ですよね。何回も繰り返し聴いてしまいます。元々は海外の曲なんですか?ちょっと分からないですけど。

ねっとりとした艶かしいエロスってのは、このアルバムの根底に流れるコンセプトだと思うので、「不純な男女の肉欲世界」的な意味合いなんじゃないですかねぇ。

尾崎豊の曲には「街のドラッグにいかれて俺の体はぶくぶく太りはじめた」って歌詞が捕まる以前の歌にありますけどね。岡村ちゃんはどうなんだろ。
Posted at 2008.06.03 (00:52) by yuji (URL) | [編集]
Turtels have short legs
気になって、家で「The Album」の紙ジャケ見たら、"Turtles have short legs"は岡村と卓球+外人2名=4名の共作らしいですね。
もともと「Can」というバンドの曲みたいですね。原曲そのままっぽいですけど。→ http://www.last.fm/music/Can/_/Turtles+Have+Short+Legs

ちなみに”abnormal frequency”はこの外人2名が作った曲の一部を使って作ったみたいです。

以上
Posted at 2008.06.05 (12:41) by Romi (URL) | [編集]
おお!わざわざ情報ありがとうございます。

"Turtles have short legs"はカバーなんですね。
「洋楽っぽい」じゃなくて本当に洋楽だったのか。
リンク先のを視聴しましたが、アレンジも原曲通りみたいですね。
Posted at 2008.06.05 (21:46) by yuji (URL) | [編集]
編纂作業お疲れ様です。
スッバラシイ!!の一言です。

そして…イラスト100点!!

また寂しい夜にでも、遊びにきます。
Posted at 2008.06.15 (14:13) by ねこムラ (URL) | [編集]
ありがとうございます。
イラストはもっと上手に描けたらいいんですけどねぇ。
本当は上手く描けるんだけど敢えて下手に描いているんだよ~、そういう画風なんだよ~、みたいな感じで誤魔化せればなあと思ってます。

どんな夜でも、遊びに来てくださいね。
Posted at 2008.06.16 (22:27) by yuji (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析