スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸で「ビジネス」 全曲解説

1. Intro ★
〝Intro〟といってもインストではなく、NKホールで行われたミイミツアー最終日のMCを収録したもの。しかも岡村靖幸のMCではなく深澤さん(和服を着ていた人)のMCなのだからふざけている。唐突に威勢良く「元気ですかー!!」とアントニオ猪木風に叫ぶという変なテンションで終始喋っている。内容を要約すると「今日でミイミツアーが終わり、みんなと会えなくなるのは凄く寂しい。でも必ず戻ってくるから、その間は約9年ぶりのニューアルバム『ミイミ』を聴きながら待っててくれよ。よろしくお願いしますっ!」というもの……岡村靖幸本人の口から聞きたいものだ。

2. ア・チ・チ・チ ★★★★
オリジナルバージョンよりもテンポが速く、駆け足のような疾走感が気持ちよい。立てノリのリズムに身を任していると自然と汗ばむくらいリズミカルな演奏が楽しい。ミイミバージョンのア・チ・チ・チは歌詞などから察するにどちらかというと重々しいイメージがあったのだが、このアレンジで聴くと、コミカルに聴こえるから不思議だ。中盤の「エビバディ~いいかい~レッツゴー」の箇所も然りだが「ア・チ・チ・チ」は本来コミカルな曲なんだということが発見できるアレンジになっている。

3. 聖書 (バイブル) ★★★
サードアルバム「靖幸」に収録されている岡村靖幸の代表曲「聖書」のセルフカバー。「ア・チ・チ・チ」のような最近の曲だとあまり気にならないが、全盛期の頃の曲だとどうしても声の劣化(特に高音の箇所)が気になってしまう。しかし、声の問題なんかぶっ飛ぶ程アレンジが素晴らしい。背景で密かに暗躍しているストリングスはまるで何らかの暗示を含ませているような独特の不気味さを放っていて病み付きになる。ちなみに最後の4タイムでの終わり方は2004年の暮れに「ニュース23」に出演した際披露した聖書と同じバージョンだと思われる。

4. come baby ★★★★★
本作のベストトラックと信じて疑わない、超名曲!岡村と卓球の「The Album」に収録されている「come baby」よりも遥かにアグレッシヴで扇情的なサウンドに仕上がっている。聴いていると汗とアドレナリンが噴出し、体が勝手に動き出すのではないかというくらいノリノリな音楽。この細胞が沸き立つ感覚はXJAPANの「オルガスム」や「X」をライブDVDで視聴する時と似ている。これは聴くべき。

5. adventure ★★★
遊び心満載のアレンジはまるでべックのよう。曲の原型が定まってなく自由奔放に好き勝手に突き進んでいく〝さま〟が愉快。匿名的な声で意味不明な言葉を呟いている人が居たり、突然ラップがはじまったり、どんどんこじれたアンサンブルに展開したり、と相当カオスな曲。その一方、サビはこれ以上ないくらいキャッチーで売れ線のメロディーが歌われている。マクロ的な視点から全体像を眺めると幾何学的なまとまりがあるような気がしないでもない。

6. Check out love ★★★★
ファーストアルバム「yellow」に収録され、またセカンドシングルとしてもリリースされた「Check out love」のセルフカバー。80年代中盤に発表された曲とは思えないほど現代風の楽曲として蘇っている。普通、アレンジを変えただけではこれほどまで劇的には生まれ変わらないだろう。「Check out love」の根本・本質には色褪せることのない普遍性が宿っているからこそ、アレンジを少し変えただけで、たちまち2008年に聴いても古臭く感じない曲に仕上がるのだろう。
はじめから最後まで怒涛の如くぶっ太く力強いサウンドが圧巻。まるでアフリカに生息する巨大なサイが土誇りを撒き散らしながら突進してくるような…そんな凄まじさが感じられる。それくらい目(耳)を見張るほどの勢いがある。

総評★★★★
『Me-imi』から僅か7ヵ月後にリリースされた「ビジネス」。このアルバムは、きな臭いアルバムである。だいたい、9年もの間沈黙していた人がたったの7ヶ月でリリースしないだろう。タイトルの「ビジネス」というネーミングからも推測できるが、岡村靖幸は本当はこのアルバムを出したくなかったようだ。しかし、出さなければいけない大人の事情から出したようだ。その当てつけ(かどうかは分からないけど)に付けたタイトルが「ビジネス」。

当初、「ビジネス」は、2004年に行われたミイミツアーの音源を収録したライブアルバムとしてリリースする意向だったらしい。しかし、同時にミイミツアーのライブDVDのリリースも決まっていた。ということは、実質的に同じ内容のものを、同時期に、2作品提供することになる。それはファンに申し訳ないと思った岡村靖幸が考えたのが、ミイミツアーの音源を駆使し、既存の5曲にリミックス・リアレンジ、さらにボーカルも新しくしたものであり、それが本作「ビジネス」である。

一貫したコンセプトは疾走感だろうか。まるで8月の熱い日に冷たい炭酸飲料水を一気飲みしたかのようなスカッとした爽快感が味わえる。ノンストップで踊り狂いたくなるようなハイな気分を味わえるアレンジとなっている。Mステ風に言うなら「アゲうた」だ。ハードロックのように大音量で聴くとさらに盛り上がれるだろう。5曲しか収録されていないのが難点だが、1曲1曲は良質なので聴く価値は大いにあるだろう。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

(^-^)おはようございます、yujiさん。

「ビジネス」は、しょっぱなの『元気ですか~っ!』で拒否反応を起こして、長いこと聴かずにいた一枚です。元気じゃねえよボケ(笑)。今でも、聴く時はイントロをとばしてしまいます。

岡村ちゃん、昔は普通にMCやってたのに…と思うと切なくなります。「やらなくなった」んじゃなくて「出来なくなった」んだって思うと…泣きそうです。

ビジネスでアルバムを出すなんて最もやって欲しくない、というか岡村ちゃんに堪えられるわけがない。でも、ビジネスで不本意なアルバムを出さなきゃいけないのも全部俺のせいなんだ、自業自得なんだ、…そう思ってるんだろうなあ…なんて想像しながら聴くと、また泣きそうです。

…なんだか、三度目逮捕以降、純粋に曲だけを楽しむってことが出来なくなりましたよ~。いちいち、裏の事情(笑)をあれこれ想像しては泣きそうになるわけです。

Posted at 2008.06.07 (09:46) by 志織 (URL) | [編集]
>「ビジネス」は、しょっぱなの『元気ですか~っ!』で拒否反応を起こして、長いこと聴かずにいた一枚です。元気じゃねえよボケ(笑)。今でも、聴く時はイントロをとばしてしまいます。

まったく同感です!

最近ベストアルバムを買い
「いけないことかぃ」に涙している者です。
殆どのCDはオークションで買いましたが
この「ビジネス」は新品で買ったのに
「元気ですかっ!?」めちゃ嫌でした。
Posted at 2008.06.07 (14:59) by 行きずりの求道者 (URL) | [編集]
・志織さん
おはようございます。
僕も「元気ですかー」のイントロは全く聴かないですね。それ以外の曲は割りと聴きますけど。
MCは、後ろめたい気持ちから出来なくなったのでしょうかね。クスリをやっていることを隠してステージに立つってのは気苦労が多そうですし。切ないですよね。
岡村ちゃんの裏事情は複雑そうですね。不器用で処世術が全く無い岡村ちゃんのこれまでの人生を想うと泣けてきます。


・行きずりの求道者さん
大学生のコンパみたいなノリが嫌ですよね。
Posted at 2008.06.08 (00:03) by yuji (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析