スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「めぞん一刻」はガチで傑作

今夏放送決定。「めぞん一刻」ついに完結!!……だそうだ。
「ついに完結」って殆どの人は去年の5月にテレ朝で放送されたドラマ「めぞん一刻」の存在を既に忘れていると思うのだが。視聴率も悪かったみたいだし、そんな話題にもならなかったし。原作は凄まじいほどに傑作なのにドラマがこうも見事にこけると痛々しいな。何が〝ついに完結〟だよ…。あ~、グダグダ過ぎる。こんなグダグダな終わり方になるんだったら始めからやらなければよかったのに。

「めぞん一刻」のドラマ化の話は2005年の暮れに発表された。発表されてからが長かった。普通2005年の暮れに発表したんだったら、2006年の4月には始まると考えるのが普通だ。しかし、4月になっても始まらず、7月になっても始まらず…。ドラマ化の話自体がポシャったのかと心配していたら、2006年8月に「めぞん一刻」の主人公である五代役をアマチュア限定のオーディションで決定するという話題性のある企画を急遽ぶちあげる。しかし、五代役のアマチュアが決定してからさらに1年弱ものあいだ音沙汰なし。結局放送されたのは2007年の5月。しかも連続ドラマではなく2時間の単発ドラマ。めぞんは大長編漫画なのに2時間なんてあり得ない。しかも五代役に決定した役者は過去に芸能事務所に所属していたそうでオーデション自体が出来レースなのでは?みたいな噂も浮上する始末。めぞんドラマ化に際しての一連のグダグダにはかなり嫌悪感を抱いてしまう。

で、2007年5月にテレ朝で放送されたドラマ「めぞん一刻」の出来はというと、「悪くは無いけど別に面白くもない」といった中途半端な感じ。終わりの方には、シリーズ化させるための伏線をふんだんに散りばめていたので、「裸の大将」や「家政婦は見た」みたいに定期的に放送していくものだと思ったのだが、放送から1年3ヶ月もの空白の末、今夏で完結というありさま。シリーズ化っていうか、前編・後編じゃね、ていう。

僕は高橋留美子の漫画が大好きで、そのなかでも「めぞん一刻」はダントツで好きだ。高橋留美子の漫画の中でというより、今まで読んだ全ての漫画のなかで一番好きな漫画といっても決して大袈裟ではないくらい、好き。いや、実際「めぞん一刻」は最強だ。ラブコメのクラシックであり教科書的な作品である。もっと評価されるべき作品だと常々思うのだけど、イマイチ「めぞん一刻」の素晴らしさが世間に浸透していないように感じる。歯がゆい。もっと条件の良いカタチでドラマ化して欲しかったな。

付記1
左の人はセーラー戦士というよりザーボンさんに見える。
付記2
山下達郎のライブの動画がニコ動にアップされてる。すっげー!!!。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析