スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5と中川翔子

DQ57月17日にニンテンドウDS版「ドラゴンクエストⅤ(略:DQ5)」が発売された。DQ5といえばドラゴンクエストのナンバリング作品のなかでも名作として有名だ。あの中川翔子は生涯で最もハマったゲームとしてDQ5を挙げているくらいだ(ちなみにしょこたんは「DQは5、FFは7」がフェイバリットと言っているが、全く同感だ)。DQ5の名作たる所以はゲームシナリオにある。

DQシリーズの物語の土台はどれも「世界を滅ぼそうとたくらむ魔王を討伐するため勇者たちが世界中を冒険し最後に魔王(ラスボス)を倒す」というものだ。DQ5も基本的にはこれにのっとり、世界平和のために冒険している。しかしDQ5は世界平和云々の前に主人公の人生が描かれている。親子三代に渡る壮大且つ壮絶な人生が描かれている。DQ5以外のドラクエシリーズの主人公ははっきりいってただのアイコンである。0と1の羅列によって無機的に作られたアイコンだ。しかし5の主人公は違う。もちろん5の主人公も無口だし(DQの主人公は一言も喋らない)、主張もしないし、感情もないが、秀逸なゲームシナリオにより、その無表情さが物悲しく映る。RPG史上もっとも悲劇の主人公とも称されるほど、不幸な人生なのに、ひたむきに健気に生きているように映る。

5の主人公の壮絶な人生とは具体的にどのようなものかというと、

▼主人公が生まれてまもなく母が他界。

▼少年時代は、パパス(主人公の父親)と二人で旅をするが、とある事件が発生し、主人公の目の前でパパスがモンスターに虐殺される(一生のトラウマになったであろう)。

▼父親を殺したモンスターに捕らえられた主人公は、劣悪な環境で重労働をさせられる。サボれば鞭で叩かれ、トイレは不衛生、毎日重労働の日々。そんな奴隷生活を強いられる。

▼奴隷の期間がやたらと長い。なんと少年から青年になるまでの間ずっと奴隷。青春時代は全て奴隷生活(約10年間)。

▼奴隷からなんとか脱出した後、主人公は一国の王子だったことが判明する。急にリッチな生活になる。妻子ももうける。しかし一時の幸せもつかの間、モンスターに石にされてしまう。石造になった主人公はとある家の玄関前に8年間放置される。

…と、だいたいこんな感じ。主人公は人生の殆どの期間を奴隷と石造で過ごしているのだ。友達だって殆どいない。唯一の友達はモンスター。なんて悲惨なんだろう。

中川翔子が「DQ5が好き」と公言する理由には、この主人公の不幸な人生、そしてそんな人生でもひたむきに生きる主人公の姿に何か感じるところがあったからだろう。DQ5のオリジナルが発売されたのは1992年。しょこたんの父親・勝彦氏が亡くなったのは1994年。先述したようにDQ5の主人公の父親は亡くなる…。しょこたんはDQ5を何回もクリアしたそうだから、きっと1994年以降も何度かやったであろう(というか今DS版でやってるみたいだが)。パパスの死の所まで物語を進める度に一抹の寂寥感を感じているのかもしれない。



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
あら、そんなお話だったんですね。
ドラクエは4の2章までしかやったことがないので知りませんでしたよ(笑)。確か “天空の花嫁” ってサブタイでしたよね?何かしら華やかな感じがするし ドラクエは魔物退治が目的だと思ってたので、違和感をず~っと感じてました。っていうか今もですけど。
Posted at 2008.07.21 (00:00) by ぶる山 (URL) | [編集]
No title
4までってことは、呪文のようなパスワードをメモメモしてた時代ですね(笑)。

5はちょっと特殊で、主人公は子供から大人になって結婚もして(ビアンカかフローラ)子供も生まれて…、と大河ドラマみたいなとこがありす。ドラクエシリーズの中では一番面白いですよ。
Posted at 2008.07.21 (00:12) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析