スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸関連の川本真琴の曲についての感想

最近、川本真琴を聴いている。1996年、岡村靖幸プロデュースのシングル「愛の才能」でデビュー。「授業中に頻繁に保健室に行ってしまうメンヘラ気味な女の子」的なヒリヒリした不安定な世界観を持つ歌詞をアニメ声で歌い上げるという強烈な個性で一躍メジャーに。その少女のような可愛らしいルックスと天然キャラ(今なら「電波キャラ」と言われていただろう)によりかなり広範な人気を誇る。そして当時、「こことタイアップすれば確実に売れまくる」という超おいしい枠であった、人気アニメ『るろうに剣心』の主題歌に三枚目のシングル「1/2」が採用され(他にはジュディマリの「そばかす」、シャムシェイドの「1/3の純情な感情」などもこの枠から大ヒットした)、もともとの楽曲のクオリティも高かったため大ヒット。不動の地位を獲得。…したものの、やはり師匠である岡村靖幸のパッションを継承しているためか、その後どんどん寡作になる。レコード会社もやめ、メジャーからフェイドアウト。今はインディーズで細々と活動しているらしい。
2005年にはカネボウのCMソングで「涙の太陽」をカバーしたり、復帰の話題がgooのネットニュースに上ったり、現在のトップアイドル中川翔子が「1/2」をカバーしたりと、メジャー復活するチャンスというか足がかりが旗から見る限りにはあったように思うのだが、なかなか首尾よくいかないようだ。

以下、岡村靖幸関連の川本真琴の曲についての感想。

【愛の才能】
記念すべき川本真琴のデビュー曲。作詞:川本真琴、作曲・編曲・プロデュース:岡村靖幸。長年に渡り、様々なミュージシャンに曲を提供してきた岡村靖幸だが、「愛の才能」は最も成功した曲だろう。渡辺美里に提供し、オリコン1位を獲得した「虹をみたかい」を岡村靖幸のベストワーク(提供曲における)に挙げる人も多いだろうけど。曲のクオリティだけならどちらも同じくらい秀逸だが、曲の知名度は断然「愛の才能」のほうが上だろう。

この曲、完璧に岡村靖幸の曲である。岡村ちゃん濃度がやたらと高い。たぶん、岡村靖幸が作曲している事実を知らないで聴いたとしても「あれ?岡村靖幸っぽい曲だな」と感じる自信がある。だってもろ岡村靖幸だもの。TOKIOの新曲「雨傘」がもろ椎名林檎なのと同じくらい、川本真琴の「愛の才能」には岡村ちゃんワールドが広がっている。
この曲の注目すべきは、なんといってもかき鳴らされているギターだろう。ほとばしるカッティング。2007年のフジテレビの音楽番組で弾き語った「年下の男の子」の時の、センスの塊のようなギターの音色と似ている。

プロデューサーというのは本来裏方のはずなのに、その主張しすぎるカッティングで異彩に目立ち、最後には川本真琴を置き去りにするほど、激しいシャウトをしながら岡村ちゃん本人が登場。ハイテンションでシャウトし、「レッツゴー!」とか言ってしまう岡村靖幸はやはり裏方ではなくスポットライトを浴びる側の人間なんだろうな、と思う。

【FRAGILE】
2000年4月に発売された「FRAGILE」は96年のデビュー曲「愛の才能」以来ぶりに岡村靖幸とタッグを組んで制作された曲。歌詞:川本真琴、作曲・編曲:磯野栄太郎(磯野栄太郎というのは岡村靖幸の持っている変名)。10分以上もある大作。たぶん岡村靖幸が作曲した曲の中で一番長い曲。サージェント・ペパー的、あるいはブライアン・ウィルソン的、またはヘッド博士の世界塔的な……、曲があっちこっちに向かっていって、最後の方はなんだかよくわからない感じになってしまっている。5分くらいまでは「真夜中のサイクリング」のような儚く切ない空気感が圧縮された名曲なのだけど。
全くの余談だが、岡村ちゃんの親友・尾崎豊の変名は藤堂ヒカル(とうどうひかる)だった。「藤」と「ヒカル」。尾崎豊をリスペクトする宇多田ヒカルは自分のルーツが中原中也と宮沢賢治とか言う前に、尾崎の変名「藤堂ヒカル」と自分との名前のミラクルに驚愕すべきだと思うのだが。

【タイムマシーン】
ファーストアルバムの6曲目に収録されている「タイムマシーン」に関しては岡村靖幸はノータッチなのだが、岡村ファンが聴けばすぐに「タイムマシーン」の曲の節々に岡村靖幸の世界観との類似点に気付くだろう。「愛の才能」にも「ハレンチなクラクション」やら「イケナイことでも経験したい」やら、岡村靖幸を連想させるワードがいくつか出てきたが、これは岡村靖幸がプロデュースした曲の歌詞だから、意図的にあーいう歌詞を散りばめた可能性がある。しかし「タイムマシーン」は違う。上述のように岡村靖幸がノータッチ(作詞・作曲:川本真琴、編曲:石川鉄男)なのにも関わらず岡村靖幸を確信犯的に連想させるワードがわんさかと出てくる。「川本真琴は本当に岡村靖幸に影響されているんだな」と感じられ、好感が持てる。

では、岡村靖幸を連想できる部分を下の動画を視聴しながら紹介していこう。

まずは1分10秒辺りの「帰り道がない 唇を待ったのはなぜ?」の部分。これは「友人のふり」の「僕の指をかんだのはなぜ?」と似ている。『なぜ』しか同じじゃないだろ、と思われるかもしれないが、語尾に『なぜ』を持ってきてセンチメンタルな余韻を残す辺りはかなり似ていると思う。

そして続くサビの「そばにいたいよ 君の彼女で」。これは「聖書(バイブル)」の冒頭の語り「君の彼氏になりたいだけんなんだ」ですね。「彼女になってくれ」ではなく相手の立場に立ち「君の彼氏になりたい」という言い回しは「聖書」からの引用なのではないだろうか。
さらに1分26秒の「ベランダではかない私は一体」。ベランダ…。岡村靖幸の大好きな言葉である。「どぉなっちゃんてんだよ」の「ベランダ立って胸を張れ」と「ア・チ・チ・チ」の「明け方、Myベランダ、赤面するボンフェロー自治体」。

最後は1分31秒の「OH・・眠れないのは ほっとくだけ」。これは、もちろん「イケナイコトカイ」の「眠れない夜は屋上にのぼって~」と「祈りの季節」の「眠れない夜はきっと神様が君にメッセージしてる」や「眠れないんだ僕はだってきみはもう僕のもんじゃない」だ。歌詞だけではなくメロディも「祈りの季節」の「眠れない夜は~」だ。これは間違いなく確信犯だろう。
ちなみに川本真琴のファーストアルバムのタイトルは「川本真琴」。自分の名前をタイトルにする所も岡村チックだ。

岡村靖幸の記事


●今日の写真
himawari.jpg
お辞儀のひまわり通り越して~♪
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

私も最近、愛の才能聞いてました。岡村ちゃんのギターのカッティングがたまんないですよね。歌に関して言えば、最初You Tubeで聞いた時それほどいいと思わなかったんですけど、彼女やっぱり歌上手いんだなと最近思うようになりました。かん高い声で抑揚効かせてちゃんと歌いあげてますよね。それにしても、磯野栄太郎って何どっからきたのと思ったら、11PMっていう深夜番組の出演者かなんからしいですね。

「Fragile」You Tubeで視聴したんですけど、若い時の岡村ちゃんの声で歌ったらなんかよさそうだなと思いました。それにしても、真琴さん岡村ちゃんのお部屋行ったなんてうらやましい。真琴さんに岡村ちゃんどんな人なのか聞いてみたい。
Posted at 2008.09.16 (11:00) by Romi (URL) | [編集]

yujiさんの記事を読んで久しぶりに聴きました、愛の才能。

ほんと岡村ちゃんて自己顕示欲が強いというのかなんというのか…オレだよオレ!みたいなとこ、もろB型って感じがしますよね(ナルシストなところも)。

裏方なんて無理だよなぁ、と思いました。しみじみ。

Posted at 2008.09.16 (19:23) by 志織 (URL) | [編集]
■Romiさん
歌上手いですね、まこっちゃん。You Tubeでいろいろ歌っている所を見たけど、どの映像も上手かったです。歌詞はちょっと意味不明だけど曲は良いし、最近はファーストアルバムをヘビロテしてます。
Fragileいいですね。提供曲のセルフカバーとか発売してくれたらいいのに(無理か)。

■志織さん
岡村ちゃんって、存在自体が個性的なので、何をやっても面白いし目立ちますよね。裏方は無理ですね。
Posted at 2008.09.17 (21:32) by yuji (URL) | [編集]
川本真琴さんは、いいですね。でもアルバムを聞いたことないんで、徐々に聞き始めようかと思います。
YOUTUBEで『ピカピカ』アップされてますね。岡村バージョンの。『LOVIN'YOU』よりも好きかもしれないです。けど…相当いいから引き分けかな。

カワマコさんには岡村とまた組んでもらいたい。
自分は、愛の才能はあの二人だからこその成功だと思うし、あの詞は岡村の世界観を相当理解して相当好きじゃないと書けないと思うし傑作ですよね。
『愛の才能』のアンサーソング作ってくれませんかね。近藤、いやいや岡村さん。
Posted at 2012.03.26 (03:38) by しおむすび (URL) | [編集]
●しおむすびさん
川本真琴さんのファーストアルバムは大抵ブックオフで250円で売ってますよ。

ご存知かもしれませんが「愛の才能」の他に「FRAGILE」という曲もありますよ。岡村靖幸作曲のまこっちゃんの曲です。
Posted at 2012.03.28 (19:33) by yuji (URL) | [編集]
岡村貧乏ですわ。
yujiさんブックオフを推しますよね。レンタルよりも買っちゃった方がめんどくさくないから?ですよ、ね。ブックオフを利用したことなかったけど昨年この我が(聖書)(^^)v にお邪魔して、3月に帰省した時札幌のブックオフ(4、5件あたりました)で岡村作品をゲットできましたよ。3作品ほど。その他は東京のブックオフにはなかなか無くて。で、アマゾンにつぎこみました。トータルで岡村関連で10万以上は使ってます。服、我慢しまくりですよ。お金って、ホントに羽が生えているんですよね。
カワマコちゃんは歌手を目指してた知り合いに似ているからか、親しみを感じます。ブックオフ行ってみます。
Posted at 2012.04.04 (17:08) by しおむすび (URL) | [編集]
川本真琴さんの「FRAGILE」
川本真琴さんの「FRAGILE]の作曲者の磯野栄太郎さんと岡村さんのHPのWORKSの川本真琴さんへの提供曲「FRAGILE」の疑問が解けました。ありがとうございます。
2014年の岡村さんのライブでもらっった川本さんの「願いがかわるまで」のチラシに惹かれて、最近そのCDをタワーレコードで買いました。CDを入れる箱の写真が大人で、きれいで素敵だとおもいます。「願いがかわるまで」はすごくいい曲で大好きです。

川本さんのFACEBOOKで1st、2ndのCD発売を知り、買いました。当時の心境が書かれた初回限定盤が手に入ってうれしかったです。音楽を作るのに身を削っていたことを知り、大変だったんだなって苦しくなりました。
川本真琴さんも曲を作る才能すごくあると思います。

Posted at 2016.02.15 (13:59) by ミヤタキョウコ (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析