スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66歳で名盤

久しぶりの更新。10日ぶりか?ブログをはじめて3年弱経つが、こんなに更新を空けたのは初めてだ。今日更新しないとまた来週もズルズルとブログの更新をサボってしまうかもしれないので、今日は(正直もう眠いのだが)気合を入れて書こう。

9月17日にブライアン・ウィルソンのニューアルバム「That Lucky Old Sun」がリリースされた。僕はまだ聴いていないのだがこの新譜はすこぶる傑作らしい。ネットでいろいろとレビューを読んだが誰一人としてネガティブな感想を書いていない。誰もが口をそろえて傑作だと言っている。なかにはブライアン・ウィルソンの全ての作品の中で「That Lucky Old Sun」が最高傑作と称する人までいた。山下達郎がパーソナリティを務めるラジオ番組「サンデーソングブック」のプレイリストを見てみると14日の放送でさっそく「That Lucky Old Sun」のなかから「FOREVER SHE'LL BE MY SURFER GIRL」を紹介していたようだ。達郎もきっと絶賛していたのだろう。今年で66歳にもなるブライアン・ウィルソンがこれほどまで圧倒的に聴き手を納得させる力強いアルバムを見事制作した。この事実を形容するのに最も相応しい言葉は「奇跡」の二文字だろう。

ブライアン・ウィルソンはドラッグにより人生の大半(かれこれ30年くらい)を強烈なウツ状態に苛まれながら生きてきた。いつ死んでも不思議ではないほどの深刻な症状をずーっと抱えながらなんとか生きてきた人なのだ。ドラッグに手を出す前までのブライアンは絶好調だった。1960年代のアメリカでロックバンド「ビーチボーイズ」のリーダーとして比類なき才能により天才と呼ばれていた。チャックペリーやエルヴィスがやっていたような既存の骨太なロックンロールに、「ハモリのガンガン利いたコーラス」を融合させるという(EX、「 I Get Around」「サーフィンUSA」)斬新な手法により、これまでにない音楽を築きあげた。

また、アレンジや作詞作曲や楽器演奏などレコーディングに関わる殆どの工程をひとりでやってのけた。当時は珍しかったセルフプロデュースを当然のことのようにやってのけた。そんな彼を見て多くのアメリカ人はブライアン・ウィルソンを不世出の天才と称した。

そんなブライアン・ウィルソンの名盤は1966年に若干24歳の若さで発表した「Pet Sounds」である。現在でも、ロック史上最も重要なアルバムとして絶えず注目されている。しかし、このアルバム、当時は全く売れなかった。売れないだけならまだしも批判もされまくった。ブライアンは落ち込んだ。「こんなに完璧で最高なアルバムを作ったのになんでバッシングされてんだよ、ワケワカンネー」ときっと思ったであろう。自暴自棄になったブライアンはドラッグに深く深くのめりこんでいく…。やがて「アメリカのホームドラマに出てきそうな中流階級の好青年」的なブライアンのスマートな容姿は激変し、驚異的に太った。そして天使のように澄みきったファルセットは濁りまくり、ガミガミ声になってしまった。24歳で名盤をリリースするも評価されず、落ち込んだ結果ドラッグに溺れ、太り、声が出なくなり、その後の人生をウツ状態で引きこもったブライアン……。あれ?誰かに似てるなぁ。…岡村靖幸だ!

ブライアンと同じように日本の音楽界では天才と呼ばれる岡村靖幸。傑作アルバム「家庭教師」がリリースされたのは1990年であるから年齢は25歳。「家庭教師」は「Pet Sounds」のように批判されることはなかったがあまり売れなかった。それに落ち込んだ岡村靖幸は(それ以前からやってたのかな?)ドラッグに手を出す。やがて太り、声が出ず、引きこもる…。ブライアンと重なる部分が多い。

冒頭でブライアン・ウィルソンの新譜「That Lucky Old Sun」がこれほどまでに皆から絶賛されている事実を形容するのに相応しい言葉は奇跡だ、と書いたが、岡村靖幸と重ねればいかに『奇跡』なのかがリアルにわかると思う。岡村靖幸が66歳になってから「家庭教師」並みの名盤をリリースしたようなものなのだから!岡村靖幸よりも遥かにドラッグにのめり込み、深刻な精神病を抱えきれないほど併発させていたブライアンが、皆から手放しで賞賛される作品を作った事実に感動せずにはいられない。岡村靖幸も66歳でそうなれれば最高だね。


●今日の写真
hatohato
携帯を向けると寄ってきた。エサないよ。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

靖幸やBrianみたいに感受性がすごく強い人達は”鈍感力”とかないだろうし、苦悩する宿命なんですよねきっと。Brianの現在の姿を動画でみたら、すがすがしくて健康そのものでした。嬉しいですね!「That Lucky Old Sun」買ってみようかな。「Smile」っていうアルバムの"Heroes and Villains"っていう曲がかっこいいなと思いました。靖幸にはもう一度活躍して欲しい。靖幸自身「純愛カウンセリング」で語ってたように、靖幸から音楽を切り離す事はできないだろうし、もう一度Brianみたいに楽しく音楽やれる日がくるといいですね!
Posted at 2008.09.22 (12:08) by Romi (URL) | [編集]
最近のブライアンは本当に生き生きとしていて嬉しいです。昨日タワレコで「That Lucky Old Sun」買いました。今、聴きながら書いてます。すごくイイですよ!心配された声もそれほどひどくないし、メロディが綺麗だし。やっぱり名盤です。
靖幸には戻ってきて欲しいですね…。でも焦って戻ってきてまた捕まったら意味無いですし。ゆっくり療養して欲しいです。
Posted at 2008.09.23 (20:55) by yuji (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析