スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村靖幸のLyricsを舐めるなよ ペンション編

久しぶりの舐めるなよシリーズ。歌唱力、御尊顔、ダンスと来て、今回は岡村靖幸の『Lyrics(歌詞)』について。岡村靖幸の「歌詞」についてあれこれツラツラと書きつらねようと思う。

作曲家として音楽活動をスタートした岡村靖幸は、自身がエピックからデビューする際「歌詞なんて書けないだろうから、作曲だけを担当し作詞は他の誰かに頼めばいい」と思っていたそうだ。後に自らを「シンガーソングライター&ダンサー」と自慢げに称す岡村靖幸だが、デビュー当時は自らの才能に半信半疑だったようだ。しかし、誰かに依頼し出来上がった歌詞をいざ歌おうとすると全く歌えなかったという。その歌詞が一体どんな内容の歌詞だったのかはわからないが、きっとどんな歌詞でも岡村靖幸は歌えなかっただろう。なぜなら、岡村靖幸には「詞」で表現すべき個人的な「感情」や「景色」を体内に山ほど抱え込んでいたのだから。

岡村靖幸の書く歌詞は変だ。いい大人なのになぜか青春時代を舞台とした恋愛模様や煩悩や純愛を書く岡村靖幸の歌詞には、意味が通じなかったり、一見するとふざけているのではないかと考えてしまうような歌詞が多々見受けられる。巷で流行っているような、いわゆるそこら辺の普通の歌の歌詞と比べると一目瞭然だ。「そこら辺の普通の歌の歌詞」といっても非常に漠然としているが、今だったら例えばエグザイルだろうか。最近CMで頻繁に流れている彼らの新曲「Ti Amo」のサビの歌詞は「キスをするたびに 目を閉じてるのは 明日を見たくないから」。…。体裁が良いというか、当たり障りがないというか。カラオケで若者を中心に幅広く歌えそうな流行歌らしい歌詞だ。岡村靖幸はこのような歌詞を書かない。多分岡村靖幸は「体裁」なんてものは全く気にしていないのだろう。故に強烈なインパクトを有した歌詞が岡村靖幸の曲には点在している。「Ti Amo」のように“切な系”の曲で一例を挙げるとすれば『Lion Heart』だろうか。セカンドアルバムに収録されている名バラードであるが、この曲にはこのような歌詞がある。

実はさ この僕もあの日から 傘さえも開けない

この歌詞は個人的に凄く好きだ。いろいろ考えさせられる味わい深い歌詞だ。失恋の歌なので、きっと傘が開けないってことは、窓の外では雨が降っていて、外出する元気がないほど鬱々としているということなのだろうか。っていうか傘を開くくらいの気力すらないって相当危ないぞ。しかも「この僕も」ということは相手も傘が開けない状態なのか?お互い傘が開けないなんていう奇妙な症状に陥っているのか?など、いろいろと考えてしまう。抽象的でどこか独善的な歌詞であるが、『Lion Heart』の〆の歌詞は

今日はどんなお酒でも酔えないよ

意味不明な歌詞がありつつもラストはこれ以上にないくらいリアリスティックでしんみりしてしまうフレーズで終わる。憎いほど上手いではないか。他にもインパクトのある歌詞はたくさんある。中でも屈指の名盤「家庭教師」の最後を飾る「ペンション」には強烈な歌詞が集中している。冒頭の歌いだしの歌詞からして変だ。

足が疲れちゃったって君は拗ねてしゃがみこむ

なんて唐突!どんなシチュエーションであるのか説明がなされないまま、足が疲れたと拗ねる女がいきなり登場。「そんな女置いていけ」と思いつつ、次の歌詞は

でもこんな場所じゃおんぶできないよ

おんぶとか…優しすぎる。多分、ペンションの歌詞は実体験ではなく妄想で書いたんだろうな、岡村ちゃん。だって設定がありえないもの。さらに次の歌詞は

雑誌を見て「このペンションの食事に連れてって」だなんて
そんなに学校でも話したことないじゃん僕と…


まず「ペンション」の歌詞に登場する男女が学生だという事実に驚愕。しかも「そんな話したことない」間柄なのに「このペンションの食事に連れてって」という女。現実世界ではありえない展開だ。やはり岡村ちゃんが夜な夜な鬱々と創作した妄想なのだろう。裏を返せば岡村靖幸は、学校でそんな話したことのない女のコに「ペンションの食事に連れてって」と言われたいという都市伝説のような願望があるのだろうな。なんて受身なんだ。そりゃ結婚できないわ。他にも

あだ名から「さん」づけ呼びへの距離を測れないだなんて僕よりちょっぴり大人だね ねえリボン

いつも思うのだが、“あだ名から「さん」づけ呼びへの距離”ではなくて“「さん」づけ呼びからあだ名への距離”じゃないか、普通は。そして「ねえリボン」という歌詞。リボン?足が疲れたと拗ねる女の名前がリボンなのか。わからない。永遠の謎である。このように全編に渡ってなんだかよくわからない歌詞が占めているのだが、ワンフレーズだけ心を揺さぶる歌詞が出てくる。

oh My baby 素敵だぜ いつか青春を振り向いた時 最高の夏、そして一番美しく心に灯したい

それまでのどこか可笑しい歌詞も、このワンフレーズを聴いた瞬間に何とも言い難い哀愁が帯びていくようだ。またここのフレーズのメロディも秀逸であり、聴いた人の脳内にそれぞれの大切な風景を呼び起こすであろう絶大な威力を有している。「ペンション」以外にも岡村靖幸の書く歌詞にはオリジナリティ溢れた、面白くて、ポジティブで、時にはエロい語りなど、ステキな歌詞がたくさんある。

「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」の「寂しくて悲しくて辛いことばかりならあきらめて構わない大事なことはそんなんじゃない」のメッセージ性についてや「だいすき」の「ねぇ3週間ハネムーンのふりをして旅に出よう」という歌詞の暖かな世界観についてや「家庭教師」や「いじわる」のエロ歌詞の裏に潜む切実さについてなど書きたいことはまだまだたくさんあるのでいずれ書こう。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

今日カラオケで「ペンション」歌って、改めてこの難解な歌詞をじっくり味わってみて自分なりに解釈できたような気がしたので、整理できたら自分のブログで記事書いてみようと思います。
どうでもいい情報ですが、「Ti Amo」の歌詞は「目を閉じてるのは 未来を見たくないから」のようです。未来に「明日」とルビが振ってあるようで。
Posted at 2008.12.21 (00:50) by shallow (URL) | [編集]
同じこと・・
思ってました。さんづけ、からあだ名が普通ですよね?岡村ちゃんは、例えば”やす君”から”靖幸君”に変わってそれがドキドキするよな感覚なのかしらん。歌詞、本当いいですよね。

実はミラクルジャンプが起こりました。この遠い場所で”YELLOW”のCDをとうとう入手しましたよ!オークションじゃないのですが、早いピーチクリスマスになってます。
WHITE COURAGEが最高です。一部分がQWEENぽかったり、”チャームポイント”の最後の方も、”ポリス”のマジックって曲に似てる気がして大好きなのですが、実は年の離れた実兄が岡村ちゃんと同い年だから、聞いてたのも似てるはず・・なんてニヤケてます(笑)



Posted at 2008.12.21 (15:26) by daisy (URL) | [編集]
・shallowさん
ペンションの記事、楽しみにしてます!一体どんな解釈なんだろう。
未来と書いて明日…、凄くありきたりだけど、こういうのが流行るんでしょうね。

・daisyさん
岡村ちゃんの感覚は独特ですからね、ぶっちゃけよくわかりませんね。
「WHITE COURAGE」かなり良い曲ですよね。声が若くて初々しいです。
Posted at 2008.12.21 (23:28) by yuji (URL) | [編集]
岡村ちゃんの歌詞世界、
私は30こえて初めてよく理解できるようになりました。
若いころはなんか語呂がよかったり、音楽にピッタリあってたりして、
わけもわからず口ずさんでたけど・・・・

「ペンション」の、「ねえリボン」は、しゃがんだ女の子が
リボンしてたのかなと思ってました。
いまどき高校生リボンなんてしないけど、20年前は普通だったんじゃないかな。女の子の象徴ですよね。詩的です。

話は変わりますが、私、英語圏に住んでまして、
こちらは学校でもマザーグースとかの韻を踏んだ歌をよく
習うんですね(ハンプティ・ダンプティとかの歌です)。
英語で韻を勉強するのはけっこう重要らしいとわかりました。
私は知らないから本を買って子供のために読んだりしたんですが、
この英語の韻を踏む詩は岡村ちゃんの歌によく似ているんです。
韻を踏みまくりですよ、岡村靖幸の歌は。
日本語では、あまり一般的じゃないと思いますね。
さすが6歳までロンドンです。

Posted at 2008.12.22 (07:03) by satmat (URL) | [編集]
そういえばあだち充の「タッチ」に登場する新田の妹は確かリボンをしていたような気がします。80年代の女の子には必須のアイテムだったのでしょうか。

青年14歳なんかは韻踏みまくりですよね。
Posted at 2008.12.25 (23:42) by yuji (URL) | [編集]
リボンの解釈
私の理解では、
「ねえリボン」ではなく、
「ねっ エリボン」 と初めてあだなで呼んだテレが見事に表現された素晴らしい詩だと認識しております。
Posted at 2009.10.09 (02:17) by wasabi (URL) | [編集]
Re: リボンの解釈
おーすごい!天才的な解釈ですね。まるでバカボンのよう。家庭教師にはエリコちゃんが登場するし案外当たっているかもしれないですね。
Posted at 2009.10.09 (22:08) by yuji (URL) | [編集]
ペンションについて
初めまして。harukoと申します。
とても楽しく読ませていただきました。
自分の周りに岡村ちゃんを聴く人がいないので、今まで誰とも話したことがなかったのですが、
ペンションの
「仇名から『さん』づけ呼びへの距離を測れないだなんて」
の、くだり。私も一度目に聴いたときにアレ?と思ったので興味深く読みました。

で、差し出がましく私の解釈を書いてみようと思った次第です。


学校であまり話したことのない女の子に、いきなりペンションの食事に誘われた。
→ペンションって一般的にはちょっと郊外にある、宿泊施設のイメージがありますが、いきなりオトマリに誘われたんでしょうか。奔放な女の子に戸惑っているってこと?


駅からペンション行きのバスの停まる停留所に向かう道を間違えて、最終のバスを逃し、駅からペンションまで歩いていく羽目になった途中で、女の子が疲れてしゃがみこむけど、そんなに話したことのない女の子との間の空気を陽気に盛り上げたりする器用さが自分になくて悲しい思いをする。
その時の、しゃがみこんだ彼女の頭のリボンが印象的たっだのではないでしょうか。


ペンションに着いて、宿泊名簿に名前を書くときに「名前を書く」生々しさに、どう書けばいいのか戸惑ったりして。
→当時、若い男女が2人でペンションですから、若夫婦のふりをして記帳しなくてはいけないだろうし・・・。


で、
名前を書き終わって部屋に向かうときなんかに、女の子に「普段は仇名で呼んでるのに、『靖幸さん』なんて急に呼ぶのも不思議ね。」みたいなことを言われたのではないでしょうか。
→小学生の仇名は名前に「ちゃん」付けとか、よく由来があったりしますが高校生の頃って名前(苗字)を軽くいじったものが多くありませんでしたか?岡村なら「おかむー」とか「おかちゃん」とか。
あまり話したことのない男子に、女子が話しかけるときにも呼び捨てや、もっと仲のいい人たちが使っている仇名(例えば「やっすん」とか?)より、気軽に口にできたような。
そして夫婦の間で妻が夫を呼ぶときに、名前に「さん」をつけるのは今より一般的な時代だったのではないでしょうか。


それで、ペンションの宿泊名簿に名前を夫婦として書いた後に、人前で夫婦の振りをしなければいけないがために、何かの拍子で呼びかけるとき。
いつもならクラスではみんなに倣って「おかちゃん」って呼んでるのに、「靖幸さん」って呼ばなくてはならなくなって、彼女にとってはそういう呼び方の関係性の距離みたいなものが、むず痒かったとして。

そんなことを言われた男子(岡村ちゃん)が、そういう感性に対して「ちょっぴりぼくより大人だね」
と。


長々とすみません。
これからも。新しい記事を、楽しみにしています。
Posted at 2009.11.07 (08:17) by haruko (URL) | [編集]
ペンション
私のペンションのリボン部分の解釈としては
僕より大人だね。といいつつリボンという
歌詞をつけることによってその子が精一杯
大人ぶっているという事を表していると
ずっと思っていました。
このペンションの歌詞全体から大人に
なりたい為に背伸びしている女の子が
浮かびます。
Posted at 2009.11.11 (12:58) by エリコ (URL) | [編集]
Re: ペンション
・harukoさん
コメントありがとうございます。ペンションの解釈、「なるほど~」と頷きながら読ませていただきました。
短い歌詞なのにこれだけ考えさせられる歌詞を書く岡村靖幸はすごいですよね。


・エリコさん
リボンは、少女というかまだまだ幼い子供の象徴として使われているのでしょうかね。
Posted at 2009.11.13 (19:51) by yuji (URL) | [編集]
家庭教師をよせばいいのに、場末のスナックで歌った時(なんて詞なんだよっ)酔いが足りなくて後悔の渦でした。
たまたま一緒にいた友人の名前が(えりこ)で『やだ~』と喜んでいた。一年前です。

Posted at 2012.03.10 (05:06) by しおむすび (URL) | [編集]
他人の前で歌う曲じゃないですよね~。
そういえば、スナックで歌ったことないなぁ。恥ずかしいので、歌いたくもないですが…。
Posted at 2012.03.20 (20:40) by yuji (URL) | [編集]
はじめまして。

harukoさんの解釈が私と同じでうれしくなったのでコメント残します。
あだ名からさん付け呼びへの~ねぇリボン
のところは、当時まわりに力説したんですが「は~」てな反応でショックでした。

いやはや、20年近く経って同士を見つけたようでうれしい限りです。
Posted at 2012.09.05 (00:36) by domingo (URL) | [編集]
りぼん
こんにちは。ここ毎日岡村ちゃんの動画とyujiさんのブログをいったりきたりしてる生活です。ほんとステキ記事ありがとうございます!yujiさんの岡村ちゃんへの愛とリスペクトと容赦ないつっこみがあふれてて楽しいです。お礼を言いたくてブログコメント初チャレンジ。

わたしは小学校の時に姉の影響でインプリンティングされて以来、岡村ちゃんのサウンドが好きです。あのロンとかどうなっちゃんてんだよ、はリアルタイムで聞いてたなあ。。。川本真琴がデビューしたときに、「これおかむらやすゆきっぽいよね!」と騒いでも同世代の子はだれも共感してくれなかった寂しい記憶があります。
でも音源でしか聞いたことなくて映像や人となりにも興味をもったのはつい最近。
そんなこんなでyujiさんのブログにたどりついて一気読みしています。

でペンションのリボンについて。前~~~の話題ですが、蒸し返します。
「友人のふり」の歌詞で「君のリボンにみとれてたら、僕の指を噛んだのは~」ってありますよね。
岡村ちゃんにとっては「リボン」は女の子や好きな子の象徴なのかな、と。ベッタベタやけどそれこそが岡村ちゃんの純な感じがしてうれしく感じてしまいます。

yujiさんのブログの岡村ちゃん関連記事の文字おこしとか読んでてすごく感じるのですが、岡村ちゃんって昔からずっと発言の奥にある価値観とかコンプレックスとかが一貫してるな、と。だからこういう「女の子」を象徴するイメージっていうのも楽曲をまたいで共通してるのかも。
Posted at 2012.10.06 (02:07) by らいおん (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析