スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1グランプリ2008の感想

もはや年末の風物詩、『M-1グランプリ2008』の感想を。何気に「M-1」をリアルタイムで見るのは初めてだったりする。毎年見逃してたんだよな。やっぱり生放送は緊張感が違うな。

今年の優勝は「ノンスタイル」。去年の「サンドウィッチマン」と同様に無名コンビの優勝だ。ただ大阪ではレギュラーを多数抱えている人気者らしく、審査員の島田やら上沼やらとは親しい間柄のようだった。関西では既にお馴染みのコンビなのだろう。しかも吉本芸人。…今思えば、ファーストラウンド終わりに、上沼、島田らと親しげに会話をしていた時点でノンスタイルの優勝は実質的に内定してたような気がする。2年連続で吉本芸人が優勝を逃すなんてことはあってはならないもの。関西ではM-1の視聴率が異様に高く関心度も高いらしいし。「関西では有名だが東京に進出してまだパっとしないノンスタイルがM-1で優勝」となれば吉本と関西圏の人間は大盛り上がりだろう。もちろん漫才の時の客の笑いの量も多かったし、ノンスタイルの優勝は妥当な結果だろう。優勝が決定した時のボケ(白い方)の号泣具合には若干引いたが、きっといい人なんだろうね。来年は東京でもレギュラー番組が増えればいいですねぇ。

以下ノンスタイル以外の漫才の感想を簡単に、

●オードリー
去年のサンドウィッチマンの再来とばかりに敗者復活からのし上がりファーストラウンドトップの得点を叩き出したオードリー。見事だった。勢いが凄かった。漫才では致命的な「噛む」という失敗を笑いに変えた時は、もはや無敵状態だった。優勝は逃したが十分でしょ。来年は仕事が増えるはず。

●ナイツ
個人的に注目していたナイツ。一番笑わせてもらった。マイペースに量産されていくボケと的確に処理していく秀逸なツッコミは名人芸だ。「メガネネタ」を2回目の漫才でつなげるのは上手かったなぁ。司会の今田も言っていたがファイナルに行くことを前提としていたんだな。面白かったけど、まあ、でもM-1王者って感じではないかも。今回優勝を逃したとなると、笑い飯のようにこの先かなりキツいかもしれない。

●笑い飯
無冠の王者・笑い飯。今回もダメだった。M-1の魔物は笑い飯に目をつけているようだ。いわゆるいつもの“笑い飯スタイル”から少しマイナーチェンジされていて面白かったのだが…。このネタでダメだったらもう無理なのではないだろうか。そろそろ芸歴も10年になるのではないか。清原のように無冠のまま終わるのだろうか。

●U字工事
お風呂に入っていたため、見れなかった。動画サイトで見れたら後から書こう。

●ダイアン
ボケの人はいつもああいう顔なのだろうか。凄く緊張しているように見えたなぁ。あんまりネタは覚えていない。

●モンスターエンジン
これもどんなネタだったか殆ど覚えていない。トイレの鏡でエイリアンの練習ってのには笑ったがあれは今田か。

●キングコング
まさかの8位。ザ・パンチの次に悪い得点ということは実質的には最下位。どうしたんだろうね。全体的にぎこちなかった。それに西野の目が怖かった。会場の空気もズッシリと重かったように感じた。この結果について、西野はブログにどんな気障な文章を綴るのだろう。

●ザ・パンチ
なぜ決勝まで勝ちあがれたんだ?と思わせる出来だった。「普段はもっと面白いんですけどねぇ」みたいなフォローがあったが普段からあの程度だよね。もともと、あのボケとあのツッコミのフォーマットからはそれほど大きな爆笑は期待できないと思う。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析