スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹で「アンダーグラウンド」

先日、ブックオフで買った村上春樹の「アンダーグラウンド」が予想外に面白い。「アンダーグラウンド」とは小説ではなくインタビュー集だ。オウム真理教による無差別テロ「地下鉄サリン事件」の被害者60人のインタビューが淡々と掲載されている。僕の一番好きな作家は村上春樹なので、彼の著書は翻訳以外はだいたい読んでいる。小説はもちろん、エッセイも殆ど読んでる(「村上春樹堂の逆襲」が特に好きだ)。しかし、「アンダーグラウンド」と同じくオウム関連の本「約束された場所で」だけは未読だった。理由は簡単。オウムに興味がないから。あと僕は…僕はというか多くの日本人はそうだと思うのだが、宗教ってなんかさ…、アレでしょ(アレじゃわからないか)。まあ、とにかく、宗教に良いイメージが個人的には無いのでスルーしていた。オウムに深く関わっていく村上春樹に対し「そっち方面にはあんまり足を突っ込まない方がいいのにな」と漠然と思っていた。だから、「アンダーグラウンド」そして「約束された場所で」は未読のままでいたのだが、上述したように今回ブックオフで「アンダーグラウンド」を買った。だって105円なんだもの。700ページ以上あるハードカバーの分厚い本が105円。これは“買い”でしょ。しかも105円なのに全く汚れていないし、変な匂いもしない(中古本を買う際変な匂いがしないかは大事)。とても綺麗だったので買ったのだ。

「アンダーグラウンド」は今まで何度か書店で立ち読みしたことがある。適当なページをめくり1~2分斜め読みする程度だ。立ち読みした時の印象は、偶然不幸にも地下鉄サリン事件に巻き込まれてしまった被害者がその日の出来事を詳細に語っているだけ、というものだった。なので被害者60人にインタビューをし、それを700ページ以上もある1冊の重厚な本にすることに果たして意味があるのか疑問だった。別に被害者10人のインタビューを250ページ程度でまとめてもいいのでは、みたいな。被害者60人がいくらそれぞれ違う人間だとしても、体験した内容は同じだし。実際「アンダーグラウンド」を読めば分かるが、60人は皆同じようなことを話している。「いつものように地下鉄に乗ったら咳が出て次に鼻水と涙が止まらなくなり、やがて視界が暗くなり、ふと周りを見渡すとどうやら同じ車両にいるほかの人たちも皆同じ症状になっている。パニック!」というような内容を殆どの被害者が話している。そりゃサリンの近くにいれば皆同じような症状になるわけだから当然なのだけど。ちょっと内容が被りすぎなのだ。

僕が「アンダーグラウンド」を読んで面白いと思った点は、一つの空間(車両)で起こった事件を、そこにいた人間がそれぞれの視点で語ることで全体像が克明に見えてくるという点だ。様々な立場(主に駅員と客)の人間がいろんな方向から事件現場の状況を詳細に語ることで驚くほどスリリングな内容となっている。インタビューを受けた被害者60人は皆他人同志なわけだが、それぞれのインタビューを読んでいるとアナザーストーリ的にシンクロしまくっている。特に千代田線の章のシンクロ率は高い。読んでいてゾクゾクするほどだ。千代田線の章の特に31~83ページが凄い。700ページ以上もある本だが、31~83ページだけ読めばそれだけで充分なような気もする。それくらい31~83ページは圧巻だ。ドラマ「24」のようで非常に面白い。この本の感想で“面白い”という表現は正しくないような気もするが、…う~ん、面白いよ。もちろん不幸にもサリンの近くに居たことで植物状態になった親族や亡くなった駅員の同僚なんかのインタビューを読んでいると重苦しい心持ちになる。楽天的に「オモシローイ」と言えるような内容ではないのだけどさ…。

そういえば、岡村靖幸がロッキンオンのインタビューで「まるで村上春樹のオウムのあれのように(笑)」と話しているがこれは「アンダーグラウンド」のことですね。岡村ちゃんも「アンダーグラウンド」を読んだのかな。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
アンダーグラウンドはノンフィクションではあるけれど、
小説家が書いただけあって
ジャーナリストやノンフィクションライターの書いたものとは
またちょっと違いますよね。
私は、内容も面白いと思ったけど、書き手のしての実力にも感服しましたよ。いい仕事したんじゃないかなと思います。

村上春樹が、オウム真理教(というか麻原)の作り上げた物語に対抗するかのごとく提示された物語、という印象を受けました。
普通の人の普通の生活が、サリンの電車に乗り合わせただけで普通じゃなくなっちゃうところが、小説のようでもあり、作り事じゃないからさらにリアルな感じがします。村上春樹がまとめるからこそ、リアルに聞こえるのかもしれないですが。

「約束された場所で」もそんなに悪くないですよ。でも、アンダーグラウンドのほうが胸に迫るものがありました。
村上春樹と心理学者の河合はやおとの対談集も、オウムのことに触れていて面白かったです。


Posted at 2009.02.08 (02:32) by satmat (URL) | [編集]
Re: No title
「アンダーグラウンド」が予想以上に面白かったので「約束された場所で」も今度読んでみようと思います。
Posted at 2009.02.10 (22:38) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析