スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏

村上春樹の最新長編小説が初夏に発売決定。現在、新潮社のサイト内で大仰に宣伝されている(大仰な割にはデザインがショボイなぁ)。まだ詳しい発売日も題名も全く公開されていないが『初夏』ってことはもうすぐだ。あー嬉しいな。しかも今回の新作は「村上春樹史上最も長い小説」だそうだ。…ってことはねじまき鳥よりも長いのか!5分冊くらいになるのか?だとしたらハードカバーで買うと1万円オーバーか?結構な出費になってしまう。ブックオフプライスに馴れている自分としてはちょっと辛い。まあ、買うけど。

村上春樹の長編小説は2004年の「アフターダーク」以来だから5年ぶり。ただ「アフターダーク」は長編小説にしては短い方だから読み応えがあまり無かった。本格的な長編小説は2002年の「海辺のカフカ」以来だ。実に7年ぶり。村上春樹はもう60歳だからこんなに長い長編小説は今回で最後になるかもしれないなぁ。

村上春樹の本は主に講談社と新潮社の二つの出版社から発売されている。ふと思ったのだが、力作は新潮社から発売される傾向にあるようだ。新潮/講談、別に作品を列挙すると一目瞭然である。

講談社

羊をめぐる冒険
ノルウェイの森
ダンス・ダンス・ダンス
国境の南、太陽の西
スプートニクの恋人
アフターダーク



新潮社

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
ねじまき鳥クロニクル
海辺のカフカ
初夏に発売される新作



講談社には大ヒットした「ノルウェイの森」と村上節が炸裂している初期作品が多いので80年代に限っていえば講談社の方が粒ぞろいだ。しかし、90年代以降は新潮社からの作品の方に力作が集中している。今回の新作は新潮社からなので、きっと名作なんだろうな。楽しみだ。

●今日の写真
yukimaturi1
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
そういえば、札幌は雪祭りなんですね。一度くらい行ってみたいけど寒そうです。
Posted at 2009.02.12 (10:09) by Romi (URL) | [編集]
Re: No title
温暖化のおかげか、近年は暖冬ですが、東京から来るとかなり寒いでしょうね。
Posted at 2009.02.16 (23:36) by yuji (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析