スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裕哉くん

こんな凄いニュースに今まで気づかなかったなんて…不覚だ。

尾崎豊には息子がいる。名前は尾崎裕哉。1989年7月24日生まれ。裕哉くんが生まれた1989年、父・尾崎豊はどんな活動をしていたかというと何も活動していない。「沈黙の年」である。前年の1988年には「夜のヒットスタジオ」に出演し、東京ドームでの復活公演を成し遂げた。覚せい剤所持による逮捕から見事に復活した年だった。しかし尾崎豊の周りには、深刻な問題やしがらみが山積していたため、東京ドーム公演以降、尾崎豊は四面楚歌状態に陥り音楽活動がなかなか進められないでいた。そのため1989年の尾崎豊は、何も活動をしていない。そんな軽くニート状態であった1989年に生まれたのが裕哉くんである。

裕哉くんはニューヨーク育ちである。1992年に尾崎豊が亡くなり、「日本では暮らせない」と感じた尾崎豊の妻・繁美夫人はニューヨークで裕哉くんと共に暮らすことに決める。尾崎豊が亡くなったからと言ってなぜ「日本では暮らせない」という結論に至ったのかというと、尾崎豊の死は当時、大ニュースだったのだ。連日ワイドショーで尾崎の話題が取り上げられ、マスコミの報道は過熱。普通の生活が困難だと繁美夫人は感じたのだろう。

そういえば、昔、図書館で尾崎豊が亡くなった時期の新聞を調べて読んだことがあるのだが、1992年5月のテレビ欄には尾崎豊の文字が乱発している。なかには結構ふざけたのもあって「やっぱり!葬儀の映像に尾崎の心霊写真が!」とか「今夜生放送!イタコが呼び寄せる尾崎豊の魂!」みたいなのもあった。…と、まぁ、1992年、尾崎豊死亡による報道は過熱していた。そして尾崎婦人と裕哉くんはニューヨークで暮らすことになった。そのため、尾崎裕哉の存在はしばらくの間、謎のままであったのだが、2004年にリリースされた尾崎豊のトリビュートアルバム「"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」にCrouching Boysというユニットで尾崎裕哉が参加。担当曲は「15の夜」。しかし内容は坂本龍一っぽいインストに乗せ、尾崎裕哉が「15の夜」の英語バージョンの歌詞を朗読するというもの。これにはがっかりした。歌えよ!っていう。英語は上手だったけどさ(当たり前か)。

さて…、上述した内容が尾崎豊の息子・尾崎裕哉のこれまでのおおまかなバイオグラフィーである。ここからが本題なのだが、先日ネットサーフィンをしていたら、衝撃的なニュースを見つけてしまった。あの尾崎裕哉が、とあるパーティ会場で父・尾崎豊の代表曲である「I LOVE YOU」を歌ったのだそうだ。しかも、その模様の動画が去年の暮れにYOUTUBEにアップされていたのだ!動画であるから、もちろん長年非公開だった尾崎裕哉の顔もバッチリと映っているのだ。残念ながらその動画は現在削除されているのだが、尾崎裕哉が歌った「I LOVE YOU」の音源は今でもYOUTUBEにこっそりアップされている。

これは鳥肌モノだ。尾崎豊の息子が「I LOVE YOU」を歌っているだなんて実に感慨深い。しかも声が似ている。さすが尾崎豊と同じDNAを受け継ぐだけはあるな。父親と息子って声が似る傾向にあるからなぁ、激似だ。ただ、モノマネしている節もある。尾崎豊の母音を強調するあの独特な歌い方は、やっぱりモノマネだ。普通に歌っていたらあんな風な歌い方にはならないだろうし。この動画では尾崎裕哉の容姿はわからないがググって見たところ容姿も尾崎豊にそこそこ似ている。…が、これも真似ているように見える。髪型とかジャケットとかいかにも尾崎豊の模倣だ。やっぱり意識しているのだろうか。

疑い深い僕は「本当に尾崎豊かの息子か?」とずっと思っていた。もし本当ならこれは事件だ。もっとニュースになっても良いような気がする。「めざましテレビ」とかで取り上げられてもおかしくないくらいの大ニュースではないか。確かに声は似ているが本当だろうか?と怪しんでいたのだが、多分同一人物がアップしたと思われる下の動画を見て確信した。これは正真正銘、尾崎豊の息子だ。


「I LOVE YOU」と双璧をなす尾崎豊の代表曲「15の夜」を尾崎裕哉が歌っている。この動画も「I LOVE YOU」と同様に尾崎豊っぽい歌い方で歌っているのだが、注目すべきは3:28~3:37である。「15の夜」の間奏部分で尾崎裕哉が客に向かい「皆さんありがとうございました」と丁寧に挨拶するのだ。しかし間奏明けにサビが残っていたため「あっ!まだ歌う、まだ歌います」と慌てふためる、という一幕がある。何気ない微笑ましい一幕だが、これが凄まじいほどに尾崎豊っぽいのだ。ハードコア「尾崎豊ヲタ」である僕だからこそわかる本当に些細なことなのだが、この部分を聞いて尾崎豊の息子であることを確信した。

尾崎裕哉…これからどうするのだろう。今は慶応に通っているみたいなので、きっとキャンパスライフを謳歌しているのだろうけど、行く行くはミュージシャンになって欲しいものだ。


追記
尾崎裕哉が歌ったとあるパーティ会場はアムウェイの関連会社らしい。アムウェイって鳥肌実のネタに出てくるやつだよ。あらら…。

●今日の写真
yukimaturi2
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

はじめまして
靖幸ファンの者です。
いつも楽しく読ませていただいてますv-352

すごいですね、コレ。
やっぱり、歌唱力はパパの方が上かな?(そりゃプロですしね)って感じですけど、声がもう…鳥肌が立つぐらいそっくりですね。
靖幸も遺伝子残してほしいですマジでv-406

うちの弟たちは、yujiさんと同じで、靖幸と尾崎豊両方のファンなんですが、どちらかと言うと靖幸寄りなので、この動画のことは知らなかったようで、「やべえ!すっげえ似てる!やべえ!」と大騒ぎしてました。

また遊びにきます。
更新楽しみにしてますv-344
Posted at 2009.02.21 (02:04) by アシュリー (URL) | [編集]
はじめましてです。
な、泣いたわ、もう…ううっ…
教えていただいてありがとうございます。

似せたとしても、それにしても似てるわ。
これはいつかミュージシャンになって欲しいですね。
Posted at 2009.02.22 (03:46) by ルル (URL) | [編集]
Re: はじめましてです。
・アシュリーさん
はじめまして。尾崎豊と岡村靖幸は同い年ですから靖幸にも20歳になる息子がいてもおかしくない年齢なんですよね。なのに現在は…。

靖幸と尾崎豊両方のファンとは、素敵ですね~。

・ルルさん
はじめまして。激似ですよね。顔も似てるし。ミュージシャンになって欲しいですね。どんな曲を書くのか興味津々です。
Posted at 2009.02.22 (21:22) by yuji (URL) | [編集]
………
私が中学1年 北の国からを見て 尾崎の曲を知った。中3 尾崎が亡くなり それなりに衝撃を受けた。今33になり 人生に息づまりユーチューブでライブ映像を見てビックリ。CDでしか彼の声を聞いた声がなかったから。彼はパホーマなんだと思った。色んな映像を見て彼は ただ大人に成り切れない子供のままの感情しかないのかな?と思いもがいて居たんだろうと感じた。息子サンの映像も見たが 父親に雰囲気は似て居るが 観客にショクッを与えない為か 自分の将来を見据えてか 作られた姿が悲しく感じた。父親が偉大だと子供は大変なんだと感じた。尾崎みたく淋しく 1人に成るのは怖いって印象は感じなかった。豊は感受性が強い人だったんだと感じた。ライブ姿を見ると 一瞬 一秒を大事にして居る様に感じた。今のこの時代には 居て欲しいアーティストの様に感じ悔しく感じてます。モット回りが彼の我が儘に付き合う程の余裕が欲しかっね。今 豊が生きて居たら どんな歌を歌ってくれたのかな?「頑張れ」って歌ってくれたかな?
Posted at 2011.03.26 (04:01) by Princess (URL) | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted at 2011.06.21 (00:27) by () | [編集]
Re: ………
CDでしか聴いたことがなければ驚くでしょうね。ライブの尾崎はパッションが凄過ぎて圧倒されます。
Posted at 2011.07.08 (22:31) by yuji (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
終わってない…はずです。すいません。
Posted at 2011.07.08 (22:41) by yuji (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析