スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断然ケイちゃん派

フジテレビ開局50周年を記念して先月放送された「秘蔵映像全て見せます 名曲で綴るフジテレビ ボクらの心に流れる歌」が面白かった。これはフジ開局50周年を記念し、3夜連続で放送された特番で、みのが音楽、さんまがバラエティ、たけしが報道をそれぞれに担当した例のヤツだ。きっと見た人も多いだろう。

70年代、80年代,90年代,2000年代に分けてそれぞれの時代の歌手の貴重な映像を延々と垂れ流しただけの番組なのだが、それぞれの時代の特色が色濃く濃密に現れていて興味深かった。特に70年代が凄かった。ピンクレディにキャンディーズにジュリーに山口百恵に御三家…。みんな歌唱力があるし、ルックスもカッコイイ。曲はバリバリ歌謡曲なんだけど古さはあまり感じなかった。むしろ80年代の方が古臭かった。なんであんなにダサいのだろう、80年代は!なにもかもがダサイ。見ていてこちら側が恥ずかしいくらいダサい。90年代以降はダサさはかなり無くなり、洗練されてくるが、ひとつひとつのインパクトが弱い気がした。70年代のヒット曲のように老若男女問わず誰もが口ずさめるような曲が減少している。CD自体の売り上げは多いが、歌い継がれる名曲が少ない。それでもCDが売れまくった時代として、90年代は、振り返ってみるとそれなりに華やかだ。

2000年代の印象は限りなく透明に近い。なんか薄い。その時代の印象ってのはそれなりの時間が経ってから、改めて振り返ってみた時にはじめて印象の輪郭が浮き彫られてゆくもの、みたいな一般論はあるわけだが、それにしても薄い。代表的な歌手がいなくないか?スマップ、ミスチル、コブクロ、辺りが代表的な歌手なのだろうか。この3組には共通する点は、真面目な点。歌詞がクソ真面目なのだ。「世界に一つだけの花」以降のスマップは基本的に真面目。ミスチルも近年のシングルはどれも真面目。コブクロもご存知のように真面目。「生きることは辛いけど、僕らは立ち止まってはいられないんだ。ほら見てごらん。空が綺麗だろ」的なマジメソングが洪水のように氾濫している。80年代のようなチャラチャラピコピコした音楽よりはマジメソングのほうがマシだが、みんながこぞってそっちの方向に行っちゃうとつまんない。みんな尾崎豊みたいにアーティスティックになられてもねぇ。

さて、年代別ミュージックシーンの個人的感想はこれくらいにして本題。最近ピンクレディが密かにマイブームなのだ。きっかけはもちろん上記の番組を見てからだ。ピンクレディーの映像は過去に何度も目にしているはずなのだが、今回は妙に惹かれた。70年代のインパクトの強い歌手たちのなかでもピンクレディーは一際輝いているように見えた。YouTubeでピンクレディーの動画をいろいろと視聴し(便利な時代だなぁ)さらにハマった。奇妙なダンス、露出度の高い衣装、抜群の歌唱力、息のあったハモリ。ピンクレディーが70年代後半に一世風靡した要因はたくさんあるだろうが、やはり一番は楽曲の秀逸さだろう。「UFO」「SOS」「渚のシンドバッド」「ペッパー警部」。すべてノリの良い名曲である(ピンクレディーのバラードってあるのだろうか?)。

ピンクレディーはミー(立ち位置・左)とケイ(立ち位置・右)の二人のコンビなのだが、僕はケイちゃん派である。断然ケイちゃん派だ。ピンクレディーの動画を見ていると、どうしてもミーはケイちゃんの引き立て役のように見えてしまう。ミーはちょっとイモっぽいのに対し、ケイちゃんはセクシーだ。だが、ケイちゃんよりミーの方が性格は良さそうだ。ケイちゃんは少しわがままな気がする。でもそんなわがままな所を逆に愛しくさせる小悪魔的魅力がケイちゃんにはある。故に当時のピンクレディーファンの大半はケイちゃんでミーのファンは少数派だったのだろうと想像したのだが、どうやらミーの方が人気があったようだ(ソース)。確かにミーは今でもバラエティ番組で見かけるがケイちゃんは見かけないもんな。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは。
当時、ピンク・レディーは圧倒的に子供に支持されていて(私もその1人)、ミーちゃん=陽、ケイちゃん=陰、といった対照的な2人だったので、子供にも分かりやすい明るさのミーちゃんの方に人気が集まったのだと思います。
大人になった今では、ケイちゃんの方が謎めいていて素敵・・・なんて思っちゃいますけど。
ピンク・レディーのバラードというと、ラストシングルの「OH!」でしょうか。なかなかよい曲ですよ。
Posted at 2009.03.13 (01:00) by なみねこ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
こんばんは。
ミーちゃんのほうが人気があったんですね。歌っている映像を見る限りミーもケイも「陽」に見えますが、ケイちゃんは普段はおとなしいタイプだったのでしょうかね。

バラードもあるんですね。今度聴いてみます。

Posted at 2009.03.15 (20:53) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析