スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PVレビュー 岡村靖幸で「Super Girl」

PVレビュー第3回目は「Super Girl」。

セカンドアルバム「DATE」に収録されている「Super Girl」。思うに、岡村靖幸の全ての曲の中で1,2を争うほど、メジャーな曲だろう。人気アニメ「シティーハンター2」のEDテーマに採用されたことにより、今でも人気が高い。岡村靖幸は知らなくても「Super Girl」は聴いたことがある、なんて人もきっと多いだろう。「シティーハンター」のOP、ED曲には名曲が多い。TMの「Get Wild」や小比類巻かほるの「City Hunter 愛よ消えないで」辺りは特に有名だ。「シティーハンター」の放送枠のスポンサーがエピックソニーだったからなのだろうか(詳しくはわからないが)「シティーハンター」のテーマソングの多くはエピック所属のミュージシャンが担当している。超人気アニメであった「シティーハンター」のED曲に「Super Girl」が採用されたのも岡村靖幸がエピック所属だったからなのだろう。

ちなみにエピックから発売された「シティーハンター」の主題歌集を聴いて中川翔子は岡村靖幸のことを知ったらしい。一時期は「しょこたんブログ」のなかで岡村靖幸の名前を頻繁に出していた。テレビでも一度岡村靖幸の名前を口にしていたほどだ。しかし、最近はめっきり出てこない。まあ、しょうがないか…。

新曲をリリースする際、レコード会社はタイアップに力を入れるようだが、岡村靖幸を鑑みてもその効果は大きいのだろうな。岡村靖幸の曲の中で知名度が高い曲といえば「だいすき」が挙げられるが、これも車のCM曲だ。タイアップは重要なんだなぁ、改めて。特に人気アニメとのタイアップはかなりおいしい。今や日本のアニメは海外でも人気だから、世界中の人々に聴いてもらえるものね。YOUTUBEにアップされている岡村靖幸関連の動画には殆どコメントがついていないのだが、「Super Girl」の動画にはコメントが48ほどついている。しかも外国人が多い。「シティーハンター」を足掛けに岡村靖幸の知名度が海外で少しでも上がればいいなぁ。岡村靖幸の曲は中毒性が高いから、カルト的な人気が出そうな気がしないでもない。

さて、「Super Girl」のPVについて。

まず目が行くのは髪の長さだ。岡村靖幸にしてはかなり短い方だ。最も短かった時期は2007年に東京環境会議で復活してから2008年2月に逮捕されるまでの期間だろうが、若い頃の映像の中ではこの「Super Girl」のPVが断然短いだろう(ま、今が一番短いんだが)。衣装は、黒のタンクトップにケミカルウォッシュジーンズ風のジャケット。下はごくごく普通のジーパンだが、かなりハイウエストなのが、…ちょっと。しかも黒のタンクトップはジーパンにインされている。このファッション、今の時代だったらダサい部類に入ってしまうのだろうか。ケミカルウォッシュジーンズ風のジャケットは単体で見れば個人的にはカッコイイと思うけど(後ろのテキサスがいい味だしてる)。

「Super Girl 」の歌詞は80年代後半から90年代前半における岡村靖幸のパブリックイメージを象徴するかのような内容となっている。自分に見向きもしないスーパーガールという存在を立て「俺ほどの男はそうはいないはず~俺ならば本当に損は無いはずさ」という自信満々なナルシストぶり。「忘れないであのときのときめきを」という純真で汚れなのない、ある種モラトリアムのような心情を大事にしようというメッセージ。そして「本当のダンス・チャンス・ロマンスは自分しだいだぜ」というポジティブだがちょっと苦笑してしまいそうになるフレーズ。それらを突き抜けるように爽快なメロディに乗せて歌っている。まさに岡村ちゃん節炸裂だ。どんなミュージシャンでも歌を通して伝えたいメッセージのようなものが少なからずあると思うが、岡村靖幸の場合のそれは、「Super Girl」をに集約されているように思う(もちろん全てではないが)。

岡村靖幸の80年代の映像作品は背景が真っ白なパターンが多いが、このスーパーガールも例によって白い空間である。個性的なダンスをしながら、笑顔でニコニコ歌っている。バックダンサーの単純明快すぎる機械的な踊りも、なかなか味わい深い。一見、シンプルでいかにも低予算といった感じのPVだが、案外スタイリッシュにまとまっており、秀逸なPVに仕上がっている。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

No title
>ま、今が一番短いんだが。
それは言っちゃだめw
でも坊主な靖幸さんの絶壁具合が気になります!

Super GirlのPVのスッバラシイところをもう1つ。
白背景に白い靴って、普通ならとんでもない短足に見える危険性が極めて高いのに、
靖幸さんは足が長いので、そんな状況下においても短足に見えないところ!

服は…ケミカルウォッシュブーム再来と言われてる今見てやっぱりやヴぁいと思います…w
でも当時はこれがかっこよかったんでしょうね~。
Posted at 2009.03.24 (00:57) by アシュリー (URL) | [編集]
Re: No title
岡村ちゃんの坊主ってなんだか迫力がありそうですね。怖そうです。

今、ケミカルウォッシュブーム再来中なんですか。知りませんでした。もっと流行れば着て見たい気もします。
Posted at 2009.03.25 (23:15) by yuji (URL) | [編集]
漫画りりかるかれんちゃん

「冒頭で岡村靖幸が~」という描写

記憶の中でこの名前はたしかCIty HunterのEDの人

容姿やほかの曲はどんなだ?
でここにきました
「だいすき」いい曲ですね、歌詞はまぁまぁとして曲の演奏の雰囲気が好きになりました
あとYouTubeにもインタビュー動画があがってたので見ました
なかなか独特な雰囲気を感じました、好き嫌いがわかれそうな人だなと
自分はもっと活動してほしいです、応援させていただきます
Posted at 2012.04.21 (21:12) by もりわきけんじ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析