スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1Q84」、遂に発売

明日、5月29日、遂に村上春樹の長編小説「1Q84」が発売される。もう、楽しみでしょうがない。今日は28日だが、都会の書店では既に売っているみたいですね。なぜか東京の一部の本屋では27日から発売されていたようだし。ブログ検索すると、既にゲットされた方がたくさん居られるようだ。僕の住む札幌は都会だが、地理的には僻地だからなのだろうか、今日、本屋に行ってみたのだが、まだ売っていなかった。ちっ、フラゲが可能な都会人が羨ましいぜ。

本格的な長編小説は「海辺のカフカ」以来の7年ぶり。村上春樹の真骨頂といえば長編小説なわけで、世間の期待も大きいようだ。アマゾンの予約新記録、発売前からの増刷決定、報道ステーションでの報道、発売前の段階で既に1、2巻あわせて50万部ほど売れているとか。凄いな。

「1Q84」は「村上春樹史上最も長い小説」という触れ込みが話題になったが、ページ数は2冊で1000ページ程度だ。これって「ねじまき鳥」より短いぞ…。で、「はっ!!」と気付いたのだが、もしかして、これってさ、今回発売される2冊で完結しないのではないか。「ねじまき鳥」は3分冊であるが、正確には最初に2冊(第一部、第二部)発売され(最初の2冊で一応完結している)、その後、もう1冊(第三部)発売されている。「1Q84」もそのパターンなのでは?と睨んでいるのだが、どうだろう。普通、2分冊の本だったら上巻と下巻に分けられるが、「1Q84」は「BOOK1」と「BOOK2」という名前で分けられているのだ。ってことは「BOOK3」あわよくば「BOOK4」「BOOK5」が後に刊行されるのではないだろうか。…まあ長さよりも中身の方が大事(当たり前だ)ですけどね。

そういえば、映画「ノルウェイの森」のキャストが決定したようで。主人公のワタナベが松山ケンイチ。いいですね。松ケンがワタナベ役ってだけで、なんかもう名作な気がするもの。それにしても、何気に松ケンの主演作品に縁があるなぁ。普段は映画・ドラマは殆ど見ないのに松ケンが出てる作品はなぜか見ている。「銭ゲバ」に「デトロイト・メタル・シティ」に「デスノート」。で「ノルウェイの森」。別に松ケンが好きだからみているわけではなく、彼の出ている作品にたまたま興味があるから見ているのだけど、最近は松ケン自体にも興味が湧いてきたな。なかなか骨のあるカッコイイ俳優ですよね。

さて、明日は「1Q84」を買って読みまくろう。僕はただでさえ小説を読むのが遅い上に、大事な描写や面白い部分は繰り返し読むのでとにかく読むのに時間がかかる。きっと1週間くらいかかるだろう。というわけで1週間ほどブログを放置すると思われます(いつものことか)。

●今日の写真
wata

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

僕もそう思いました
"1Q84"で検索していたところ、ブログを拝見しました。

>で、「はっ!!」と気付いたのだが、もしかして、これって
>さ、今回発売される2冊で完結しないのではないか。

27日(水)夜に都内の書店でBook1とBook2を入手しましたが、僕も同じように思った1人です。さきほどBook1を読み終えたばかりなので、何ともいえませんが、個人的には、「まだ続きはあるのでは!?」なんて密かに期待しているところです。
Posted at 2009.05.29 (01:25) by komamon (URL) | [編集]
コメントありがとうございます。
僕は今Book1の360ページまで読んだところなのですが展開遅いですねぇ。これは長くなる予感がします。
Posted at 2009.05.31 (20:04) by yuji (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析