スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しんぼる」の感想

松本人志の映画「しんぼる」観てきた。結論から言うと、面白かった。でも最後のあの展開はつまらなかった、って感じかなぁ。以下、ネタバレあり。

「しんぼる」は二つの物語が交互に展開されている。一つは中南米(メキシコかブラジル辺り)を舞台にした物語で、さえない覆面プロレスラーが主人公。いかにも弱そうでメタボ体質なプロレスラー(確かエスカルゴマンとかいう名前だったっけ)の試合当日を描いたもの。もう一つは、「しんぼる」の予告CMで流れている、例の白い空間でパジャマ姿の松本人志が絶叫している物語。カフカ的な不条理さにより、目覚めると白い空間に閉じ込められていた松本人志がその部屋から脱出するべく奮闘するコメディ。

白い部屋の松ちゃんと中南米のプロレスラー。全く共通点のない物語が同時に展開していく(きっと村上春樹の読者なら「1Q84」や「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を想起しただろう)。白い空間で松本人志が脱出するために試行錯誤する様は非常に面白かった。これは笑った。劇場からも笑い声がたくさん聞こえた。結構ベタな笑いだったが、まあ、あれなら外国人でも十分理解できるだろうし、万国共通な笑いを目指したのだろうか。一方、プロレスラーの方の物語には一切の笑いなし。ただこのプロレスラーの物語は壮大な「フリ」であり、いづれ白い空間での物語とリンクすることが薄々分かってくる。この二つの物語がリンクした瞬間こそ、この映画の一番の爆笑ポイントとなるのだろう、と。

予想通り、この二つの物語は終盤にリンクする。村上春樹のように二つの物語が少しづつだが着実に巧妙に繋がりはじめ些細な共通点が段々太くなっていくようなリンクの仕方ではないけど、突拍子もないリンクの仕方をする。そしてその馬鹿馬鹿しいリンクの仕方により爆笑が生まれる。ここまでで映画開始から80分位だろうか(携帯の電源はオフにしていたので正確な時間はわからないが)。ここで「しんぼる」は終了しておけば良かったのだ。それなら「あ~面白い映画だったなぁ。『大日本人』より全然面白かったなぁ」と多くの人がそんな好意的な感想を抱いたに違いない。残りの20分ほどは突然、前衛的で宗教的で社会派的でシュールで感覚的な映像になる。そんな映像を一切の笑いを挿し込まず延々と垂れ流している。これが『フリ』で最後にオチがあるのならば良いのだが、意味不明な映像が流れたまま静かに終わりエンドロール。

これは、なんだ、解釈とかいうものをしないと駄目なんですかねぇ。少しだけ考察してみるに、…あの白い空間は世界の全てを司る部屋であり、松本人志演じるパジャマ姿の彼は神様的な存在であった。神は部屋から脱出することしか考えておらず利己的な存在であった。ってか神は人間なんて存在自体知らんよ。ただ自分のためにちんちんいじってるだけ、みたいな?神を崇める人達への皮肉とか、そういうこと?よくわからないがひとつ思ったのは解釈を提起するにしてもそれを前衛的なシュール映像で表現するのではなくあくまでも『笑い』で表現して欲しかったな。そっちのほうがカッコイイよ。

白い空間でのコメディだけで終わっていれば良かったのにと感じたものの、自称、笑いのカリスマ・松本人志からすれば「あんなもんいくらでもつくれるわ」と思っているのかもしれない。実際「ガキの使い」で何十年もの間、クオリティの高い企画を出し続けているわけだから。せっかく映画でやるんだからテレビでは出来ないトリッキーな変り種をやってみようというのもわからないでもないけどねぇ。


●今日の動画

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

自分的にしんぼるはそれなりに面白かったけど
良くわからない映画でしたw
松本さんはこの先どんな映画やっていくんでしょうか
Posted at 2009.09.16 (01:00) by ニュースウォッチャー (URL) | [編集]
MERRY X'MAS SHOW
岡村靖幸が大好きでした。
で、このページをちょいちょい覗くのですが、お若いのに、80年代の曲に興味があるのですね。
「MERRY X'MAS SHOW 86」という番組(87もあったか)、もしお暇なら、YouTubeで覗いてみて下さい。(岡村さんは出てないけど 汗 個人的には是非メンバーに入ってて欲しかった。。涙)
ご存知でしたら失礼!興味ナシ!でしたら忘れて下さい!

こんな番組が、また現れないかな~~このパワーが今、音楽番組でなく、お笑い番組に行っちゃってますね。(それも好きだけど)
Posted at 2009.09.24 (13:01) by 90年代楽しかった (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
・ニュースウォッチャーさん
この先どうなるんでしょうかね。次に期待です。

・90年代楽しかったさん
今はパワーがお笑い番組に注がれているってのはなんだか凄ーく納得できます。確かにそうですねぇ。今は音楽番組もお笑い番組化してますからね。僕もお笑いは嫌いじゃないけど(いや、むしろ好きですけど)「MERRY X'MAS SHOW 86」のような気合の入った音楽番組を今の時代にやってほしいですね。
Posted at 2009.10.09 (22:12) by yuji (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析