スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井由実で「ひこうき雲」

ファーストアルバムの1曲目というのは
そのアーティストの決意表明というか方向性のようなものが
顕著に現れているように思う。

作家にしても処女作は良いです。
技術的な面は荒削りでも妙に魅力的でオリジナリティが強い。



荒井由実のデビューアルバムの
1曲目に収録されている「ひこうき雲」。
この歌は人を引きつける。優しいメロディ。
何ともいえない悲しい歌詞。

この歌はまだ幼い子の死を歌っているのですが

他の人にはわからない
あまりにも若すぎたと
ただ思うだけ
けれど幸せ

という歌詞が心に残る。
とくに

他の人にはわからない

の歌い方が強調されていて
何かしらのメッセージが含まれている気がする。

わからない
どうせわかならい
お前たちなんかにわかってたまるものか

って叫んでいるように聞こえる。



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析