スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミにだけ見せてあげるよ

久しぶりに岡村靖幸関連の動画を求めニコニコ動画で探してみたら初見の動画がひとつ見つかった。「岡村靖幸復活スペシャル~キミにだけ見せてあげるよ~」というタイトルの番組。一口に「復活」といってもこの人の場合、何回も復活しているわけですが、この動画は2003年~2004年頃にかけての、いわゆる「ひなちたか→フレッシュボーイツアー→尾崎トリビュート→ミイミ」辺りのそれまでまったく活動していなかった岡村ちゃんが急激に活動的になったことに対しての“復活”。『逮捕』からの『復活』じゃなくて、「いわばシャイでひきこもりの日常を返上する為の復活」ですね。

お馴染みの76のパーカーにインパクト大な前髪モロッコヘアー(なぜか脂っこい)の岡村靖幸が相変わらずの仏頂面でインタビューに答えている。終始笑顔の絶えないインタビューという感じではないが、この人の喋りは面白いなぁ。こんな渋い顔でビタミン剤の含有量について熱弁してインタビュアーに軽く呆れられているとことか好きだなぁ。10分程度のインタビュー映像なのだけど、なかなか興味深い内容だったので今日はその感想を。



意識しすぎると青春が台無し(1:01)
「ON/OFF どこまで岡村靖幸を意識するか」という質問に対して「あまり意識すると友達ができない」「フェアな関係のほうが仲良くなれる」と答える岡村ちゃん。この質問を突き詰めていくと岡村靖幸がいつも口癖のように言っている「自分のことを知らない人と付き合いたい」という結論に辿り着くんだろうな。確かにONの状態の岡村靖幸……例えば「LIVE家庭教師91」に収録されている「家庭教師」で一人芝居をやっている岡村靖幸は、まさにON状態の岡村靖幸だと思うのだが、あんな感じでは友達出来ないよなぁ。だからこそOFFな岡村靖幸の時に、ON状態の岡村靖幸を知らない人と出会い(英会話教室とかで)、フェアな関係を気づきたいってことなんだと思うのだけど、「意識しすぎると青春が台無しになる」なんてピーチフルなセリフを真顔でさらっと言ってしまう岡村ちゃんにはそもそもONもOFFもないような気がする。


専門のバイヤーが「今月これです」みたいな(3:24)
尋常ではないほどの量のCD(岡村ちゃんが言うにはLP)を貪る様に聴きまくっていることについて。確か鹿野さんが「『TVチャンピオン』に出れるくらいCDを所有している」みたいなことを書いていたっけ。とにかく何でも聴く岡村ちゃん。自分の詳しくないジャンルには専門のバイヤーがいて「今月これです」というなぞの人物がいるらしい。誰だよそいつ。ってか何それ?ノルマ?「今月これです」って言われて岡村ちゃんは「オゲッ、ありがとう」みたいな感じでお金払っているのかなぁ。なんかシュールだなぁ。


「中毒ですか?」「そうかもしれないですね」(3:28)
病的にCDを聴いている岡村靖幸に対してインタビューアーが発した「中毒ですか?」。…あの、やはり“中毒”っていうワードを聞くと僕の脳内では“薬物中毒”を連想してしまうわけだが、岡村靖幸もやはり多少はドキっとしたのだろうか「そうかもしれないですね」と答える岡村ちゃんが心持挙動不審のように見えなくもないところが悲しい。


ライナノーツ読むことをおすすめします(4:25)
岡村靖幸は小学生のころからCDを聞くときはライナノーツと歌詞カードをじっくり読みながら聴くのが習慣とのこと。ライナノーツってことは洋楽か。小学生で洋楽とかどんだけ早熟なんだろう。そういえば、歌詞カードやライナノーツを見ながら熱心に聴くほどのミュージシャンなんて最近全然いないな。


例えば自分が卓球の天才であったとしても(11:30)
「最近の調子は良いか?」という質問に対しての答え。「もし自分が卓球の天才でも卓球を知らない国にいけばどうにもならない。ポテンシャルが生きる状況が必要」。非常にまともで秀逸な答えだが、例えになぜ卓球が出てきたのだろう。こういうチョイスがやや天然だよなぁ。ってか、卓球の天才のポテンシャルが生きる国って中国くらいしかないよね。


大丈夫か俺って毎日思ってます(16:03)
ですよねー(´□`。)


こんな感じでしょうか。別にこの映像に限ったことではないけど、やっぱり昔の映像を見ると、「あ~この頃は既にやってたんだよなぁ」という目で見てしまう自分がいる。実際、4:53~5:03辺りの岡村ちゃんの顔は結構ヤバい気がするんだけど…。

最後にこのインタビュー動画の「岡村靖幸復活スペシャル~キミにだけ見せてあげるよ~」というタイトルについてちょっとだけ書く。このサブタイトルの「~キミにだけ見せてあげるよ~」ってのが良いですよね。おそらくスタッフが考えたものなのだろうけど、とても岡村ちゃんらしくてグッド。「どんなものでも君にかないやしない」とか「どんなことしてほしいの僕に」とか「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」とか「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」とか、列挙すればきりがないけど、こういう、甘酸っぱくて心持気恥ずかしいキャッチフレーズと岡村靖幸のシンクロ率(相性)は抜群ですねぇ。

追記
まさかの2日連続更新。やれば出来る子なんです!

岡村靖幸の記事
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

まさかの二日連続更新
ビックリしました(笑)

岡村ちゃんは群馬の刑務所にいるってウワサを聞いたのですが…実際はどこにいるんですかね~。

来年は何か進展があると良いですね。
Posted at 2009.12.20 (23:19) by 志織 (URL) | [編集]
お久しぶりです
群馬説もあるんですか?群馬に岡村ちゃんかぁ~(笑)。

ホント、進展があると良いですね。
Posted at 2009.12.22 (21:01) by yuji (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
サブカルの戯言
第332回:10月12日
ツイッターを先取りした「サブカルの戯言」も本日にて終了。332回の戯言のご愛読ありがとうございました!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

yuji

Author:yuji

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析